GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

回顧:オーシャンステークス 2017

■展開
11.9 - 10.8 - 10.9 - 11.5 - 11.3 - 11.9  (33.6-34.7)
ウインムートとトウショウピストが競って前半33.6というペース。
直線に向いて、クリスマスやブレイブスマッシュが前に出ますが、外からメラグラーナがまとめて交わして一着。
内からスルスルとナックビーナスが2着。

■分析
平均的な時計とペース。紛れがなさそうな展開でした。
人気馬で決まったように、力通りの決着だったと見ていいのではないでしょうか。

■結果(第3回)
1着:メラグラーナ(△)
2着:ナックビーナス(▲)
3着:クリスマス
4着:ブレイブスマッシュ

8着:スノードラゴン(○)
14着:ウインムート(◎)

■回収率(第3回消化)
◎○▲△馬連BOX|46%
◎単勝(参考)   |70%

レベル的にはそこまで高くなく。
スポンサーサイト
[ 2017/04/23 22:48 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:彦根ステークス 2017

1:08.0(34.2-33.8)程度の中速平坦戦を想定。

おそらく開幕週で馬場が速く、けっこう時計が出ると思う。OPクラス以上であれば内枠狙いをしたいが、準OPだしそこまで極端にはならないか。

馬鹿のひとつ覚えのように「逃げ馬+速い上がりの使える馬」というパターンで狙う。

■予想(第6回)
◎オヒア
○オーヴィレール
▲レーヴムーン
△ナインテイルズ

逃げ馬は◎オヒアを想定。前走スローペースの逃げで結果を出して、今回も面子的に逃げられそう。乗りに乗ってるG1ジョッキー松山様ならなんとかしてくれる、のでは。

○オーヴィレールは末脚安定。葵Sや'17長篠Sから、33秒台前半の末脚は安定して出してくれそう。

あとはレーヴムーン、ナインテイルズまで印を。

[ 2017/04/22 09:22 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:雪うさぎ賞 2017

例年、非常に逃げ馬が強いレースです。
◆脚質上り別集計
集計期間:2012. 4.14 ~ 2016. 4.17
--------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------
平地・逃げ 1- 2- 1- 1/ 5 20.0% 60.0% 80.0% 368 256
平地・先行 1- 2- 1-15/19 5.3% 15.8% 21.1% 15 84
平地・中団 2- 1- 2-24/29 6.9% 10.3% 17.2% 56 46
平地・後方 1- 0- 1-23/25 4.0% 4.0% 8.0% 166 48
--------------------------------------------------------------

この傾向は重視したくて、逃げ馬重視の予想を


■予想(第5回)
◎イヴノオモイデ
○レジーナフォルテ
▲タケショウベスト
△ブレイヴバローズ

イヴノオモイデが逃げて粘り込むという予想。近2走、かなりのスピードで先手を取れており、今回も期待。
[ 2017/04/15 09:16 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:高松宮記念 2017

またまた間が空いてしまいました。

■展開予想
馬場が微妙に読みづらいですが、今のところ1:07.5(33.8-33.7)程度の中速平坦戦を想定。
そこまでテンの争いが激しくならそうで、後半のトップスピード持続が特に問われる展開と見ます。

■方向性
非常に前哨戦と直結しやすいレースで、基本的には阪急杯・オーシャンS・シルクロードSの上位馬が中心となります。
ただし今年は前哨戦が荒れ気味で、期待の明け4歳馬がコケまくり。
昨年の勝ち馬ビッグアーサーもシルクロードSの勝ち馬ダンスディレクターは回避と、かなりぐだぐだの状況です。

■予想(第4回)
◎メラグラーナ
○レッドファルクス
▲セイウンコウセイ
△ソルヴェイグ

本命は◎メラグラーナにしました。
前哨戦の中でもオーシャンステークスは人気通りに決まったレースで、最も順調な馬の一頭と言えそうです。
後半の能力に非常に長けた馬で、特にスプリントの速い巡航の中で優れたトップスピード持続力を持っています。
適正的には中京芝1200が向いていると思っているのでなおさら。

対抗は当路線暫定王者(?)のレッドファルクス。こちらも中京得意で、12月香港からの直行がどうかだけというところ。

セイウンコウセイは飛び抜けた強さを感じるわけではないですが、着実に実績を積み重ねつつある勢いのある4歳馬。
無欲で前目で競馬して展開が向けば。

最後に、前走の成績が悪いので微妙だがソルヴェイグに印を。
まずテンが非常に速く、その気で乗ればかなりの確率で逃げの手が打てそうです。
さらにレースの展開を作るのが上手いイメージの田辺騎手との組み合わせに期待。
[ 2017/03/24 21:44 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:カーバンクルステークス 2017

■展開
11.8 - 10.4 - 11.0 - 11.7 - 11.5 - 12.1 (33.2-35.3)
クリスマスがハナを奪うも、キャンディバローズらと雁行気味となったこともあってペースが上がります。
直線に入ってもクリスマスが粘りますが、内からスルスルとナックビーナスが迫り直前でキッチリ交わして勝利。
人気に応えました。

■分析
冬の中山らしいタフな馬場で、さらに前半3F33.2という速いペース。
前崩れになってもおかしくない展開でした。
クリスマスやオウノミチが前で苦しくなったところに中段からナックビーナス、そしてコスモドームが突っ込んできた感じです。

■結果(第2回)
1着:ナックビーナス(◎)
2着:コスモドーム
3着:オウノミチ(○)
4着:クリスマス(△)

6着:バクシンテイオー(▲)

■回収率(第2回消化)
◎○▲△馬連BOX|0%
◎単勝(参考)   |0%

人気薄のオウノミチを評価できて、しっかり好走してくれたんですが、惜しい結果に。
[ 2017/03/20 23:00 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。