FC2ブログ

GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

回顧:サンライズステークス 2018

●ラップ
11.8 10.3 10.9 11.4 11.7 12.1(1:08.2|33.0−35.2)

ウエスタンユーノーがぶっ飛ばして逃げてかなりのハイペースに。
レースとしては完全な前崩れとなった印象です。
レジーナフォルテとクインズサリナが一瞬抜け出した時はときめいたんですが、
その後全然でした。
フクノグローリアは全くいいとこ無かったですね。

■結果(第1回)
1着:アイライン
2着:アルマエルナト
3着:ロードセレリティ(◯)

11着:レジーナフォルテ(△)
12着:クインズサリナ(▲)
13着:フクノグローリア(◎)

■回収率(第1回消化)
◎○▲△馬連BOX|0%
◎単勝(参考)   |0%
スポンサーサイト
[ 2018/01/08 13:31 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:サンライズステークス 2018

■予想(第1回)
◎フクノグローリア
○ロードセレリティ
▲クインズサリナ
△レジーナフォルテ

4歳馬中心の予想にしています。
筆頭は◎フクノグローリア。前走1000万条件の同コースを勝っているところから、その勢いに期待。

前走同クラス、重めのハンデにも関わらず好走したロードセレリティは逆らえず。
少し不調気味ですが、クインズサリナあたりが来てくれると嬉しいです。
[ 2018/01/07 11:25 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年は途中から更新が途絶えてしまい、すいませんでした。

生活における競馬の比重が急に減ってしまい、なかなか筆を取る(?)時間が持てないでいました。

今年もぼちぼちという感じになりそうですが、少しずつ更新していければと思います。

回顧記事が書けていないのですが、昨年の(途中までの)成績は…

◎○▲△馬連BOX|95%
◎単勝(参考)   |26%


といった感じ。雪うさぎ賞での一発が効いて、馬連ベースだとそこそこの数字になりました。
それ以降でブログに記事をアップしなかった予想はかなりひどい感じだったんですが、
昨年途中までの結果を信じて、今年も頑張っていきたいと思います。

回顧記事、、、書ければがんばります
[ 2018/01/03 19:28 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

予想:韋駄天ステークス 2017

55.0程度の平坦戦を想定。

新潟千直からの臨戦となる馬+オープンで好走しているコース未経験馬という顔ぶれ。

■予想(第8回)
◎フィドゥーシア
○イオラニ
▲プレイズエターナル
△オメガヴェンデッタ

オープン勝ったばかりのフィドゥーシアを本命に。千直は未経験だが、楽に先手を取れるスピードがあり、かつトップスピード持続戦で結果を出している。千直は合うと思われ。

続いて駿風ステークスの上位から2頭。プレイズエターナルの印象が非常に強いが、稍重でかなりL1落としたレースになっており、差しが効きやすい展開だった。ハンデもついたので若干イオラニ有利になったのではと、微妙に印の強弱を入れ替えてみた。(馬券的にあんまり関係ないんですけど)

もう一頭は穴馬ラズールリッキー…と思っていたら、信じられないくらい穴人気していたので代わりにオメガヴェンデッタを。
[ 2017/05/21 09:29 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

簡単回顧:鞍馬ステークス 2017

予想もしているんですが、これまでの回顧記事が追い付いていないのでひとまず簡単回顧で。

○ラップ
12.1 - 10.8 - 10.8 - 11.0 - 11.2 - 11.4 (1:07.3|33.7-33.6)

高速馬場の京都。先行争いによってペースが上がり、馬場以上に速い時計が出たように思います。
逃げ先行勢は壊滅で、差し追い込みの決着になりました。
どうしたんだセカンドテーブル!?といいう感じで、いまいち納得できていないんですが、今のところの結論は以下の通りです。

・高速馬場で何より「スピード」が問われた。
・「速い上がり」も問われた
・4歳馬やっぱり強い(年明け以降でも成長してきている)

セカンドテーブルは、昨年勝ち馬で、馬場の速さもだいたい同じ程度なので今回の凡走が解せないですが、あえて言うなれば「完全な減速ラップ」への適正が無かったということでしょうか。セカンドテーブルが勝った昨年の同レースは12.1 - 10.6 - 10.9 - 11.1 - 10.9 - 11.9というラップで、4F-5Fで0.2の加速がありました。このあたりの出し抜きが良かった可能性もあるなと。

勝ったキングハートも2着のオーヴィレールも、京都専用機というわけではなさそうなので、今後も他のレースでの活躍が期待できそうです。

過去にこのブログのどこかで書いたんですが、京都の完全減速ラップは、小倉芝1200とリンクするかも!?という分析をしたことがあります。これが適用できるのであれば、上位馬は夏の重賞・北九州記念でも期待できそうで、楽しみですね。

[ 2017/05/08 21:36 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。