fc2ブログ

GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

note版ができました

このたびnoteアカウントを作成しました。
Green Dragon Sprints(note版)

どうしてもnoteの方が更新しやすいので、今後はこちらをメインにしていこうと思います。
とはいえ、まだまだ予想垢というよりは単純に競馬を楽しむだけの記事という感じです。
細く長く続けていければと思っていますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト



[ 2021/11/15 19:29 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

回顧:道頓堀ステークス 2021

予想時の想定は…
1:08:8(33.3-35.5)中速消耗戦
いかにも制御つかずにぶっちぎりそうなサウンドカナロアがハイペースを作るだろう、というものでしたが

■結果
12.4 - 11.0 - 11.2 - 11.1 - 11.3 - 11.6 (1:08.6 | 34.6-34.0)
と、まさかのドスロー。なんなら後傾ラップ。
後から考えれば、サウンドカナロア以外の馬はそんなに「前に前に」という馬ではなかったですね。

結果、1400っぽい性質のレースになったと思います。
そういう意味では、前走高レベルの阪神芝1400戦で力を見せていたスマートクラージュが圧倒。まだTHE芝1200という感じの前傾ラップの消耗戦とか、京都などの平坦戦でどうなのか分かりませんが、今後も楽しみです。

2着のサトノファビュラスは、前走、今回の同じような34.3-34.1という後傾ラップのレースを番手から勝っていました。京都あたりで期待。
それ以外の馬は、展開次第でけっこう着順が変わってきそうな印象です。
[ 2021/11/08 11:10 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

回顧:函館スプリントステークス 2020

回顧記事ですけど、予想してたときの感想を書くと…
・実績馬は1400mでデータが少ない
・後ろからになりそうな実績馬が多い
・逃げ馬が読みづらい

という感じでした。

▪️結果
12.0-10.4-11.0-11.2-11.1-11.8 (1:07.5 | 33.4-34.1)

スタートが良かった2頭、ダイメイフジは外からハナを奪い、ダイアトニックは内から番手のポケットにスッと入ります。
一時ダイアトニックでさえ2馬身近く離されるような楽々逃げ。これで刻んだのは前3F33.4という重賞としては厳しくないペース。
直線に入ってもダイメイフジはほとんど脚色衰えず、後続に詰め寄らせさせません。ただ1頭、ダイアトニックを除いて。ダイアトニックは直線に入るとポケットから抜け出し、悠々とダイメイフジを捉え、そのまま突き放し完全勝利。
3着にはジョーマンデリンが差し込むもダイメイフジにも届かず。

ダイアトニックの武豊騎手は、スタートが良かったので逃げてもよかったけど的なコメント出していましたね。ただ、ここのところの函館芝1200のレースを見ていると番手ポケットが最も良績を上げており、1番人気馬を勝たせるという目的におけるポジション取りとして最高だったと思います。

ダイメイフジはうまく逃げられたことが大きかったですが、それにしても近走からすると健闘しましたね。アグネスデジタル産駒。そういえばアグネスデジタル産駒といえば以前同レースをグランプリエンゼルが勝っていました。

3着ジョーマンデリンは準オープン勝ちたてからの連闘で、ここでも好走。指数を考えるとちょうと前走と同レベルで、安定して頑張っています。よほど函館の芝が合うんでしょうか。

レース自体の指数もかなり高く、ダイアトニックには今後も期待できます。ロードカナロア産駒で安田隆厩舎ですからね、芝短距離戦ファンからすればなんで今まで千二路線歩ませてないんですか!という感じですが。
この後はスプリンターズステークスを目指すものと思いますが、その場になると1/4サンデーサイレンスの血がどうなるか。何にせよスプリント路線が楽しみになってきました。

後出しですが、◎ダイアトニック、◯ライトオンキュー、▲ジョーマンデリンというTHE人気通りの印で、ダイメイフジに割られた格好です。低オッズ、ハンデを加味しても勝ち馬に◎を打てた経緯までは良かったかなと。後は、そこまでハイペースにならないだろうとは読めたのでポジション取れそうな先行馬にも印を回せれば…いやーそれでもダイメイフジには打てないかな。
ライトオンキューは一応休み明けという言い訳が立つので、次走に期待。CBC賞あたりが良さそうですかね。
[ 2020/06/21 22:32 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

回顧:葵ステークス 2020

世間はすっかりダービー一色でしたが、こっそりスプリント路線のダービーこと葵ステークスも開催されていたのでした。
重賞になりましたが、いまだに知名度低いですよね。まあマイナー路線なのでしょうがないと思いますし、マイル以下という枠組みでNHKマイルがありますからね。
理由のひとつには、芝1200の路線がマイナーなこともありますが、もうひとつには、ここでの着順が以降の路線における力関係とあまり相関しないということが挙げられると思います(じゃあスプリント路線のダービーと言えないというツッコミはご容赦ください)。

京都芝1200というコース(特にこの時期)がトリッキーなので、どうしても展開に絡めとられやすい印象なんですよね。それも逆に言えばスプリント路線の醍醐味なんですが。
なので、レースの結果そのものと、出走馬を眺めることを通した路線の顔ぶれ概観を2つの観点から楽しめればと思います。

■結果
12.1 - 10.6 - 10.8 - 11.2 - 11.2 - 12.2(1:08.1|33.5-34.6)

スタート後、デンタルバルーンとビアンフェでハナの奪い合い、二の脚でビアンフェが先手を取ります。
個人的にデンタルバルーンが逃げるかなーと思っていたんですけどね。ビアンフェの出脚に感心しました。
続いて外からトロワマルス、エレナアヴァンティ。
4角回っても粘るビアンフェ。他の先行勢はついていけなくなります。
その先団後ろから伸びるレジェーロとワンスカイ、その後ろからケープコッド。
特にレジェーロがビアンフェに後一歩まで詰め寄りますがそこまで。
見事ビアンフェが逃げ切りました。

■所感
例年のイメージとして、34.0-34.0の前後半フラットで、逃げ馬+33秒台前半の早い上がりを使えた差し馬の組み合わせ、という感じなんですが、今年はちょっと違った趣。3角の坂もなんのその、1秒以上前半が速いラップとなりました。
これを1キロ重い斤量で逃げ切ったビアンフェはかなり評価したいです。人気に違わぬ走りでしたね。
例年、今後の路線との相関がーとか書いておいてなんですが、これは今後も当路線当世代の中心として注目していきたいです。

続いて好位のインからズバッと抜けてきたレジェーロ。なんとこちらもビアンフェと同じくキズナ産駒なんですね。

本レースの前から、新種牡馬であるキズナから、いきなりビアンフェというスプリンター期待馬が出てきて注目していました。ディープ産駒で、しかもダービー馬であるキズナからスプリンター??と半分眉唾で見ていましたが、今回のレースでスプリント路線におけるキズナ産駒の重要度がぐっと上がった印象です。

一方で、同じく新し目の種牡馬ロードカナロアの成績はぱっとせず。世代全体を見渡しても今年はカナロア産駒の調子が悪そうですけどね。

今後が面白くなってきました。

ちなみに自分は◎ワンスカイ消レジェーロだったので、渾身の馬連を割られて泣き寝入りしました。また来年がんばります。
[ 2020/06/01 18:04 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

回顧:韋駄天ステークス 2020

11.9 10.0 10.3 10.6 11.4 (54.2)

外枠を活かして先手を打ったジョーカナチャンが粘りこむも、昨年のアイビスサマーダッシュ覇者ライオンボスが格の違いを見せつけてねじ伏せ連覇達成。
57.5の斤量でしっかり勝ち切ったことは非常に評価できると思います。アイビスサマーダッシュ連覇に向けて順調そうですね。
アイビスサマーダッシュについては、あとは3歳馬勢がどうなるか、って感じですかね。

個人的にはジョーカナチャンに期待していました(単勝は残念でしたが)。早い時計の千直に対応できたことで、今後高速馬場の京都芝1200とかでも狙えそうだなと感じました。

コーナーが不得意なので千直を目標にしていた、という注目のナランフレグでしたが、いかんせん二の脚が遅すぎましたね。より外枠有利の傾向が強くなっている印象のある千直で、後ろからだと厳しいですね。それにしても上がり31.6って。

連対馬はどちらも父ミスプロ系×母父SS系の組み合わせ。短距離でミスプロ系といえばジョーカナチャンの父でもあるロードカナロアですが、この新潟千直の部隊でも今後活躍が広がっていくのか注目です(浅~い血統ネタ…)

そういえば土曜の新潟芝1200の2勝クラス、大日岳特別では〇外のフォッサマグナが勝利しました。War Front産駒で共同通信杯②人気だった馬。消耗戦の流れを外枠からスッと番手につけて押し切る内容。レースレベル自体はいかにも2勝クラスって感じでしたが、今後の成長に期待したくなる印象でした。

[ 2020/05/25 11:36 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。