GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

予想:韋駄天ステークス 2017

55.0程度の平坦戦を想定。

新潟千直からの臨戦となる馬+オープンで好走しているコース未経験馬という顔ぶれ。

■予想(第8回)
◎フィドゥーシア
○イオラニ
▲プレイズエターナル
△オメガヴェンデッタ

オープン勝ったばかりのフィドゥーシアを本命に。千直は未経験だが、楽に先手を取れるスピードがあり、かつトップスピード持続戦で結果を出している。千直は合うと思われ。

続いて駿風ステークスの上位から2頭。プレイズエターナルの印象が非常に強いが、稍重でかなりL1落としたレースになっており、差しが効きやすい展開だった。ハンデもついたので若干イオラニ有利になったのではと、微妙に印の強弱を入れ替えてみた。(馬券的にあんまり関係ないんですけど)

もう一頭は穴馬ラズールリッキー…と思っていたら、信じられないくらい穴人気していたので代わりにオメガヴェンデッタを。
スポンサーサイト
[ 2017/05/21 09:29 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:鞍馬ステークス 2017

1:07.5(33.8-33.7)程度の高速消耗戦を想定。

先週の状況だと、京都はかなり高速馬場の状態にあって、これは思考停止の内枠BOXかなーと静観していた。週末を迎えて蓋を開けて見れば、土曜に少し雨が降ったこともあってか、そこまでの超高速馬場というわけではなく、実力・適正も踏まえて予想し直したところ、結局有力馬が内に固まっていたので結局の内枠BOX馬券になってしまった。

けっこう逃げ・先行馬が揃ったので難しいが、逃げるのはトウショウピストと予想。

■予想(第7回)
◎セカンドテーブル
○ファインニードル
▲オールインワン
△ジャストドゥイング

本命は素直にセカンドテーブル。京都ではどんな展開でも来るし、競ってきた相手もレベルが高く。この面子で内枠を引いたら本命を打たざるを得ないという感じ。ただし、4歳の上がり馬との力比べは済んでいないので、連軸が妥当かなと。

続いて期待の4歳馬でファインニードル。京都を含めた芝1200戦で先行からしぶとい脚を使える。

オールインワンは今回逃げるのは厳しそうでどうかなとも思ったが、これまでの競馬は自ら締まった消耗戦を作っての押し切りであり、必ずしも逃げてペースをコントロールする必要はない馬だと見た。中段辺りからの競馬になってしまってキレ負けする可能性はあるし、人気もしているが切りきれず。

ジャストドゥイングは京都芝1200で狙い続けている馬で、状態面の不安に目をつぶって印を。

4歳5歳の、これからという馬と古豪が揃って面白い面子になった。混迷を続ける芝短距離戦に風穴を開ける馬が出てくるか!?(混迷が醍醐味みたいなところもあるが)注目ですね。
[ 2017/05/07 14:23 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:彦根ステークス 2017

1:08.0(34.2-33.8)程度の中速平坦戦を想定。

おそらく開幕週で馬場が速く、けっこう時計が出ると思う。OPクラス以上であれば内枠狙いをしたいが、準OPだしそこまで極端にはならないか。

馬鹿のひとつ覚えのように「逃げ馬+速い上がりの使える馬」というパターンで狙う。

■予想(第6回)
◎オヒア
○オーヴィレール
▲レーヴムーン
△ナインテイルズ

逃げ馬は◎オヒアを想定。前走スローペースの逃げで結果を出して、今回も面子的に逃げられそう。乗りに乗ってるG1ジョッキー松山様ならなんとかしてくれる、のでは。

○オーヴィレールは末脚安定。葵Sや'17長篠Sから、33秒台前半の末脚は安定して出してくれそう。

あとはレーヴムーン、ナインテイルズまで印を。

[ 2017/04/22 09:22 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:雪うさぎ賞 2017

例年、非常に逃げ馬が強いレースです。
◆脚質上り別集計
集計期間:2012. 4.14 ~ 2016. 4.17
--------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------
平地・逃げ 1- 2- 1- 1/ 5 20.0% 60.0% 80.0% 368 256
平地・先行 1- 2- 1-15/19 5.3% 15.8% 21.1% 15 84
平地・中団 2- 1- 2-24/29 6.9% 10.3% 17.2% 56 46
平地・後方 1- 0- 1-23/25 4.0% 4.0% 8.0% 166 48
--------------------------------------------------------------

この傾向は重視したくて、逃げ馬重視の予想を


■予想(第5回)
◎イヴノオモイデ
○レジーナフォルテ
▲タケショウベスト
△ブレイヴバローズ

イヴノオモイデが逃げて粘り込むという予想。近2走、かなりのスピードで先手を取れており、今回も期待。
[ 2017/04/15 09:16 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:高松宮記念 2017

またまた間が空いてしまいました。

■展開予想
馬場が微妙に読みづらいですが、今のところ1:07.5(33.8-33.7)程度の中速平坦戦を想定。
そこまでテンの争いが激しくならそうで、後半のトップスピード持続が特に問われる展開と見ます。

■方向性
非常に前哨戦と直結しやすいレースで、基本的には阪急杯・オーシャンS・シルクロードSの上位馬が中心となります。
ただし今年は前哨戦が荒れ気味で、期待の明け4歳馬がコケまくり。
昨年の勝ち馬ビッグアーサーもシルクロードSの勝ち馬ダンスディレクターは回避と、かなりぐだぐだの状況です。

■予想(第4回)
◎メラグラーナ
○レッドファルクス
▲セイウンコウセイ
△ソルヴェイグ

本命は◎メラグラーナにしました。
前哨戦の中でもオーシャンステークスは人気通りに決まったレースで、最も順調な馬の一頭と言えそうです。
後半の能力に非常に長けた馬で、特にスプリントの速い巡航の中で優れたトップスピード持続力を持っています。
適正的には中京芝1200が向いていると思っているのでなおさら。

対抗は当路線暫定王者(?)のレッドファルクス。こちらも中京得意で、12月香港からの直行がどうかだけというところ。

セイウンコウセイは飛び抜けた強さを感じるわけではないですが、着実に実績を積み重ねつつある勢いのある4歳馬。
無欲で前目で競馬して展開が向けば。

最後に、前走の成績が悪いので微妙だがソルヴェイグに印を。
まずテンが非常に速く、その気で乗ればかなりの確率で逃げの手が打てそうです。
さらにレースの展開を作るのが上手いイメージの田辺騎手との組み合わせに期待。
[ 2017/03/24 21:44 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。