GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

回顧:皐月賞

福島競馬に集中しており、全く更新が進んでいませんでした。
今さらですが皐月賞の結果です。

締まったペースの中、ロゴタイプが強いところを見せましたね。

■着順
1着:ロゴタイプ(▲)
2着:エピファネイア(◎)
3着:コディーノ(○)

5着:タマモベストプレイ(☆)
16着:ミヤジタイガ(△)

【回収率】6レース消化
◎単勝:28%
◎⇔○▲△☆馬連:64%

1・2人気で決まっているときだけ当っている状況…。
今週は世間がNHKマイルに夢中になる中、
鞍馬ステークスをメインで予想していきます。
スポンサーサイト
[ 2013/04/29 21:27 ] 重賞回顧 | TB(0) | CM(0)

回顧:淀屋橋ステークス

■展開
逃げたのはいつも通りシゲルアセロラ。
33.5-35.2というハイペースを作ります。

直線に入っても粘るシゲルアセロラを直線半ばでテイエムタイホーが競りおとします。
大外からアグネスウィッシュが突っ込んできますが、わずかに及ばず。
テイエムタイホーが500万⇒1000万⇒1600万と3連勝を決めました。

■着順
1着:テイエムタイホー
2着:アグネスウイッシュ
3着:シゲルアセロラ(▲)
4着:ダノンフェアリー(◎)

11着:ビラゴーティアラ(△)
13着:ラディアーレ(☆)
14着:バクシンカーリー(○)
…箸にも棒にもかかりませんでした。

【回収率】15回消化
◎単勝:19%
◎⇔○▲△☆馬連:43%
[ 2013/04/16 22:43 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:皐月賞

皐月賞のミーハー予想です。

皐月賞は基本的に弥生賞、若葉ステークス、スプリングステークスの上位馬で決まるレース。
今年は(レースレベルでなく出走馬レベル的に)弥生賞>スプリングS>若葉Sだと捉えています。

弥生賞で評価するのは+8キロで出走した3着4着馬。
今回は弥生賞から馬体が激変して見えるエピファネイアを本命にします。
シンボリクリスエス産駒にクラシックの栄光をもたらすことができるでしょうか。

◎エピファネイア
○コディーノ
▲ロゴタイプ
△ミヤジタイガ
☆タマモベストプレイ
…馬券は単勝ですが。

2013皐月賞
[ 2013/04/14 10:00 ] 重賞予想 | TB(0) | CM(0)

予想:淀屋橋ステークス ② (最終予想)

前回見たように「前有利」の傾向が強いレース。

ただし、今回は前走で逃げたシゲルアセロラとビラゴーティアラとテイエムタイホーがいます。

最終的にハナを切るのはシゲルアセロラだと思います。
近走で安定して33秒前半でハナを切っており、一番内側の枠にいるので。

ビラゴーティアラが最後まで競ってくる可能性がありますが、
土曜日のレースを見ていると前の馬がバンバン残っているので
「ハナの奪い合いでハイペースになって追込み決着」という結論は早急かと。

シゲルアセロラもビラゴーティアラも力のある先行馬。
国分兄弟が仲良くマイペースで逃げるような気がしてます。
そうなると、傾向通り「前の馬」に印を付けることにします。

■予想(第15回)
◎ダノンフェアリー
○バクシンカーリー
▲シゲルアセロラ
△ビラゴーティアラ
☆ラディアーレ

◎ダノンフェアリーは休み明けの前走、中山の準オープンで0.2差4着。
力があるところを示しました。
○バクシンカーリーも近走安定して成績を残しています。
▲シゲルアセロラ、△ビラゴーティアラは逃げ残りの候補。
☆ラディアーレはDPで79.3-63.0-49.6-36.8-11.7と速い時計を残しています。

ハンデ戦なのでBOX買い推奨レースです。
(ブログの回収率計算はあくまで◎単勝と◎軸馬連流しでやりますが)
[ 2013/04/13 22:36 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:淀屋橋ステークス ① (展開想定)

2013淀屋橋S

淀屋橋ステークスが行われるのは阪神芝1200。
スタートからダラダラと緩やかな下り坂が続き、
ゴール手前に急坂が待ち構えるコース。
一見ハイペースになりそうなコース形態に見えますが、意外と前半は抑え目で
後半にちょっとした加速が入る展開(平坦戦)になる傾向が強いです。

この傾向は、もっとレベルの高いセントウルステークスでも同様。
コーナー形態と、最後の急坂を用心する心理によりペースが落ちやすいという感じでしょうか。

   前3F 後3F 4角位置 人気
2012 34.7 35.3 6-2-1 1-10-4
2011 33.8 34.4 5-6-6 3-4-2
2010 34  34.6 3-9-3 4-5-6
2009 34.3 34.4 6-6-2 3-9-1
2008 33.7 35.3 16-4-7 2-1-7
           (1着-2着-3着) 

基本的に前有利の展開と言えます。
6番手くらいまでの先行組での決着がほとんど。
逆に、逃げ馬が1度3着に入ったきりというのが気になりますが、
過去5年のレースの逃げ馬は2012年以外2桁人気。
ちゃんと実力のある逃げ馬なら十分に好成績を残せると思います。

ただし、今年気をつけなければいけないのは「逃げ馬」の多さ。
シゲルアセロラを筆頭に、リュンヌ、テイエムタイホー、ビラゴーティアラと
近走で逃げてきた馬が揃って登録しています。

詳しくは出走表が出てから見て行きますが、
場合によっては例年とは異なるハイペースの消耗戦になる可能性も大きいです。
[ 2013/04/10 21:15 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

福島競馬場に行ってきました!(2013年第1回開催2日目)

20130407福島 (2)

先週は予想をサボってしまいました。
桜花賞の予想が大変で、スプリント戦まで手が回らなかった…というわけではなく、
なんやかやとバタバタしてしまい、気づいたら週末が終わってしまっていました。

実は、7日に福島競馬場に参戦してきました。

昨年の秋開催には忙しくて行けなかったので、七夕賞から数えるとおよそ半年ぶりということになります。
3月くらいから楽しみ過ぎて変なテンションになっていました。
この日は暴風警報が発表されており、当日の朝まで行けるかどうか分からない状態。
雨こそ降っていましたが、なんとか風はおさまり、現地で競馬を楽しむことができました。

馬券の方はというと…惨憺たるものでした。

不良馬場も手伝って上位人気馬が飛ぶわ飛ぶわ。
最後の方は何を信じて予想していいのか、全く分からない状態になっていました。

今週の13日にも参戦予定です。
今度こそリベンジしたいですね。

さて、今週のですが、G1「皐月賞」のミーハー予想と、
阪神芝1200で行われる1600万条件戦「淀屋橋ステークス」の予想を行う予定です。

よろしくお願いします。
[ 2013/04/10 01:25 ] 競馬随想 | TB(0) | CM(0)

回顧:船橋ステークス

■展開
逃げたのはリュンヌで、淡々とラップを刻んで行きました。
前後半32.9-34.5というラップ。

ペースが緩みがちな例年より前半が速くなりましたが、
後半もまた速くなり、1分7秒台という異例のタイムになりました。
どうやらかなり高速馬場だったようですね。
2013船橋S

直線に入っても粘るリュンヌを外からシルクウェッジがじりじりと追い詰め、
さらにその外からハノハノが一気に交わしてゴール。
力強くオープン入りを決めました。

■注目馬
何より勝ったハノハノ。
調教も良かったのですが、一皮剝けた印象です。
後半もそこそこ速く、前が止まらない展開ではありましたが、
前でちゃんと粘れたリュンヌとシルクウェッジは評価したいです。
あとは休み明けでも走ったダノンフェアリーですかね。


■着順(
1着:ハノハノ(○)
2着:シルクウェッジ(▲)
3着:リュンヌ(◎)
4着:ダノンフェアリー
5着:エトピリカ

7着:ヤマニングルノイユ(△)
10着:ジョーオリオン(☆)

これぞ縦目!!という結果。こんなのばっかりですね。
ともあれ、前に付けて力を出せる馬を選べてはいるので、
めげずに予想していきたいと思います。

【回収率】14R消化
◎単勝:21%
◎⇔○▲△☆馬連:46%
[ 2013/04/02 22:02 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。