GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

回顧:アイビスサマーダッシュ

■展開
スタートしてポンと飛び出したのがフォーエバーマークとハクサンムーン。
徐々に外ラチに寄りながら、例年からすればゆったりとしたペースで逃げます。
2013アイビスSDラップ
今年は2F目の遅さが目立ちますね。
こうなると前の馬の脚が止まるということはありません。
むしろ先手を取った2頭が後続を突き放してそのままゴール。
ハクサンムーンが重賞2勝目を手にしました。

■考察
ハクサンムーンの単勝を握っていた身としては、
「こうなるだろうな」と想定した展開通りとなりました。
(リトルゲルダの3着は予想できませんでしたが)

ラップは例年より前有利となりましたが、
その分、前の2頭は後続を突き放しているわけで、
特に勝ち馬には今後も期待していいと思っています。

■着順
1着:ハクサンムーン(◎)
2着:フォーエバーマーク(▲)
3着:リトルゲルダ

7着:スギノエンデバー(○)
8着:アウトクラトール(△)

【回収率】21回消化
◎単勝:24%
◎⇔○▲△☆馬連:54%

久しぶりに的中しましたが、安目。
少しは上昇しましたが、相変わらず酷い成績ですね…。
なんとかサマースプリントの間に挽回できるようにがんばりたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2013/07/30 00:15 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:アイビスサマーダッシュ

ここのところ忙しくて、すっかり更新をサボっていました。

スプリント路線の名物重賞であるアイビスサマーダッシュ、
できれば各種条件をまとめたいところでしたが、
予想のみの更新とさせていただきます。

■格
今回予想の軸にしたのは「格」。
エーシンヴァーゴウやパドトロワがスプリンターズステークスで好走し、
次第に、本レースが秋のスプリンターズステークスを睨んだローテの1部に
なってきている気がしています。

今年は重賞勝ち馬が3頭出走。
比較的高レベルなメンツであることもあり、
「適正」よりは「格」を重視してみます。

<G1好走>
パドトロワ
ハクサンムーン

<重賞勝ち>
スギノエンデバー

<重賞好走>
フォーエバーマーク
アンシェルブルー※不調

<OP勝ち>
インプレスウィナー※他路線
デュアルウウォード※他路線
アウトクラトール

<OP好走>
アフォード

<1600万勝ち>
ビラゴーティアラ
コンフォーコ※他路線
プリンセスメモリー
カラフルデイズ
スプラッシュエンド

<1000万勝ち>
ローブドヴルール※他路線
リトルゲルダ
ヤマニンパピオネ
レオパステル

ということで簡単に一覧にしてみました。
芝1000~1200での実績を中心に、
それ以上の距離やダート組は「※他路線」と注記しています。

買い目的にもオープン勝ちまでに絞ってみます。

■予想(第20回)
◎ハクサンムーン
○スギノエンデバー
▲フォーエバーマーク
△アウトクラトール
注パドトロワ

高松宮記念で3着に粘り込み、皆をアッと言わせたハクサンムーンが◎。
CBCでもしっかり好走し、前走がフロックでないことを証明しました。
特徴は、ほぼ確実に逃げられること。現役馬最速と言って差し支えないと思ってます。
別にエントリを書こうと思っていますが、
スプリンターズステークスで、打倒ロードカナロアの筆頭馬だと考えています。
ここは快勝して秋につなげてほしいですね。

○スギノエンデバーは後ろからの脚質ですが、
安定して鋭い末脚を使うことができます。
直線競馬ということで、そこまで序盤の位置取りを気にしなくていいはず。
▲フォーエバーマークも近走調子のよい重賞好走馬で、かつテンの速い馬。
△アウトクラトールは前々走でいきなりオープンを勝ちました。
昨年も何気に6着に健闘しているし、穴を開けてくれるかもしれません。

パドトロワは…、「格」で買うと言っておきながら印を下げてみました。
59キロは厳しいんじゃないか、というのが理由ですが、吉と出るか凶と出るか…

ともあれ、名物の直線競争を楽しみたいと思います。

[ 2013/07/28 12:12 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

ケン:バーデンバーデンカップ

土曜にブログの更新ができそうにないので、
バーデンバーデンカップの予想は「ケン」とさせていただきます。

とはいえ、現時点で注目馬を整理しておこうと思います。

出走各馬の実績を簡単にまとめてみました。

2013_バーデンバーデン実績比較

重賞勝ちがあるのがレオアクティブとマイネルエテルネル。
格はあるんですが、どちらも位置取りが後ろになりがちというのが不安材料。

【注目馬1】ケイアイアストン
まさかの推定前半3ハロン1位で驚いたんですが、
よくよく見るとコース(レース)実績あり、
近走は軽斤量を生かしてではありますが重賞でも僅差の競馬をしています。
上手く内枠を引いて、効率良く前で競馬ができれば面白いです。

【注目馬2】アンシェルブルー
以前はカレンチャンやロードカナロアと好勝負をしていた実力馬。
近走は後ろからの競馬になっており、調子を崩していたようですが、
前走でまさかの超速逃げを披露しました。
マンハッタンカフェ産駒は福島芝1200の成績がやたらいいですし、
上手く逃げて粘れればもしや…という感じです。

あとは当コース成績抜群の蛯名騎手が乗るカラフルデイズ、
安定して好走するキンカメ産駒のボストンエンペラーあたりですかね。

なかなか展開の難しいレースになりましたが、
土曜日の馬場状況を確認して、しっかり予想をしていきたいですね。
[ 2013/07/12 23:00 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:バーデンバーデンカップ①(推定前半3ハロン)

バーデンバーデンカップが開催される福島芝1200ですが、
本開催では、かなり偏った馬場状況になっているようです。

◆4角位置別集計
集計期間:2013. 6.29 ~ 2013. 7. 7
--------------------------------------------------------------------
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
4角1番手 7- 3- 0- 3/ 13 53.8% 76.9% 76.9% 450 203
2番手以内 11- 7- 4- 8/ 30 36.7% 60.0% 73.3% 281 215
3番手以内 12- 9- 5- 17/ 43 27.9% 48.8% 60.5% 208 181
4番手以内 12- 10- 7- 29/ 58 20.7% 37.9% 50.0% 154 223
5番手以内 12- 11- 8- 42/ 73 16.4% 31.5% 42.5% 122 184
7番手以内 12- 13- 11- 61/ 97 12.4% 25.8% 37.1% 92 209
10番手以内 12- 13- 12- 95/132 9.1% 18.9% 28.0% 67 155
--------------------------------------------------------------------


驚くべきは逃げ馬の成績。勝率5割超え!複勝率7割超えと
驚異的な数値
になっています。
また、勝ち馬は3番手以内から必ず出ていますし、
連対馬も5番手以内でだいたい出そろいます。

今の福島は「目をつぶって前に行ける馬を買う」という戦法で間違いないのでは、と言う感じです。
※ただし、「高速馬場×遅めの前半」という展開になると
 「速い上りの使える馬」に展開が向いて、意外と差し決着になる可能性もあるので、
 注意しておきたいと思います。

というわけで推定前半3ハロンを試算してみました。
2013_バーデンバーデン推定3F
試算して自分で驚いたんですが…意外な結果。
今年はかなり差し馬系が多く出走しているので、典型的な逃げ馬がいません。
締まったペースで先団につけていたような馬が上位に来ています。
ケイアイアストンやボストンエンペラーが上位に。
ここのところ実績が出ていない馬ですが、気を付けたいところです。
アンシェルブルーは前走で圧巻の前3F32.5を叩きだし、一気に推定3F値を引き上げました。
前走のように走れるのであれば、本馬が逃げ馬候補の筆頭となります。

私の技術だと、芝1200戦を使っていないと推定前半3ハロンが計算できないのですが、
試算していない馬の中ではエーシンジェイワンがダートでそこそこ逃げています。
気分次第で押さえても面白そうですね。
[ 2013/07/11 23:57 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:尾瀬特別

■展開
ハナを奪ったのはシルクオフィサー。34.4-35.0の緩めのペースを作ります。
シルクオフィサーが悠々逃げ切りを決めました。
基本的に前有利のレース。時計は土曜よりは遅め。

なんですが…番手で競馬した本命カイシュウタビビトだけが
ズルズルと後退してしまいました。

■考察
カイシュウタビビトは、もともと地力で1枚劣っていたのと
休み明けの影響でしょうか。

■着順
1着:シルクオフィサー(○)
2着:ストロングロビン
3着:フレデフォート(▲)
4着:ワキノブレイブ(☆)

6着:カイシュウタビビト(◎)
7着:オークヴィル(△)

【回収率】20回消化
◎単勝:15%
◎⇔○▲△☆馬連:44%

重賞勝ち直後の柴田大知ジョッキー×キンカメ産駒を狙ったんですが…
ダメダメでしたね。

今週はバーデンバーデンカップを死んでも当てたいと思います。
[ 2013/07/10 22:55 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:尾瀬特別

福島芝1200は基本的に前狙いが鉄則。
◆4角位置別集計
集計期間:2012. 4. 7 ~ 2013. 6.30
--------------------------------------------------------------------
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
4角1番手 18- 18- 12- 53/ 101 17.8% 35.6% 47.5% 141 158
2番手以内 48- 35- 30- 132/ 245 19.6% 33.9% 46.1% 218 167
3番手以内 58- 49- 45- 220/ 372 15.6% 28.8% 40.9% 159 136
4番手以内 67- 62- 56- 288/ 473 14.2% 27.3% 39.1% 137 148
--------------------------------------------------------------------

■予想(第20回)
◎カイシュウダビビト
○シルクオフィサー
▲フレデフォート
△オークヴィル
☆ワキノブレイブ

福島芝1200で安定感のあるキングカメハメハ産駒。
先行できればさらに成績がアップします。
というわけで◎カイシュウタビビト。
前走華麗に逃げきっているシルクオフィサーを抑え、
あとは人気馬、という感じです。
[ 2013/07/06 23:59 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:CBC賞

■展開
先団の一角を形成すると思われたアイラブリリは外枠発走。
エーシンダックマンがハナに立とうとするも、
ハクサンムーンが断違いの二の脚を発揮して、あっという間に先頭に立ちました。
さらに後ろから突っつく馬は現れず、ある程度落ち着いたペースとなりました。(前半3F34.2)
直線に入ってハクサンムーンはペースを上げて後続を突き放します。
それを先団で追走していたマジンプロスパーが猛然と追い上げ、
きっちり交わしたところがゴールでした。

■考察
ラップは12.0-11.1-11.1-10.8-11.0-12.0と4ハロン目で加速が入るラップ。
この加速により、隊列が長くなったため、後ろの馬が詰め寄り辛い展開になりました。
自分である程度レースを厳しくしておいて、後ろの馬を篩にかける、という
力のある逃げ馬のみが使える戦法だと言えます。
酒井ジョッキーは、負けはしたものの、いいレース運びだったと思います。
しかも高松宮記念を超えるコースレコードが出たように、かなりの高速馬場。
この馬場も手伝って、力のある逃げ・先行馬有利の展開となりました。
続いて、速い上りの使える馬が上位に来る展開でもあります。
サドンストームはまさにこれに該当します。
「高速馬場」×「緩めの前半」は「逃げ先行馬か上りの速い馬」、ということで。
今回は(珍しく)ペースや展開予想が上手く行きました。
今後も継続したいですね。

■注目馬
きっちり逃げて絶妙のレース展開を作ったハクサンムーン。
実力を証明したとともに、今後のレースメイクにも自信を持てる内容だったと思います。
サマースプリントシリーズはかなり上位に食い込めるでしょう。
強い逃げ馬が出てきてくれて嬉しい限りです。
また、最近の短距離戦における逃げ馬のレベルが落ちていることも、
ハクサンムーンの相対的地位の押し上げに一役買っています。
ハナを争おうとしても、争える脚のある馬がいない状態。
全盛期のエーシンダックマンでもいればまた違ったのでしょうが、
しばらくは独壇場が続きそうです。

■着順
1着:マジンプロスパー(○)
2着:ハクサンムーン(◎)
3着:サドンストーム

7着:ザラストロ(☆)
9着:アイラブリリ(△)
14着:エーシンダックマン(▲)

【回収率】19回消化
◎単勝:15%
◎⇔○▲△☆馬連:47%

久しぶりの的中。ガチガチなので微増ですが。
ともあれ、これで調子を上げて、次回も当てたいと思います。
今週はあまりスプリント戦が充実していませんが、
日曜福島12R尾瀬特別で行きたいと思います。
[ 2013/07/01 22:37 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。