GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

競馬手帳をモレスキン(MOLESKINE)で作ってみました

タイトル通り、
競馬手帳をモレスキン(MOLESKINE)で作ってみました。

競馬場に行った時(普段のPATでの競馬もですが)の
記録を付けたくなったのと、
競馬場で、TARGETで調べたコース別血統・騎手データを
見たくなったからです。

表紙には自作のステッカーを貼ってみました。


競馬場にPCを持っていくのは重いし興が無いし、
ならば、ちょっと手間はかかるけど印刷して
手帳に貼り付けてしまおう、という発想です。



こんな感じでデータを貼って、パドックで見返しています。

馬券は買ったけどレース発走までちょっと空き時間があるときや、
行きかえりの電車の中などで、レースの予想・結果を書き込んだりもしています。

予想の精度が上がったか?と聞かれると困ってしまうのですが、
自分の予想の振り返りができたり、日記のように見返したり、
競馬をさらに楽しめるようになったと思います。

競馬場で使ってこそ!というアイテムなので、
来春の福島開催が楽しみです。
スポンサーサイト
[ 2013/11/28 22:33 ] 競馬随想 | TB(0) | CM(0)

回顧:ジャパンカップ

逃げ馬全く不在の中、どの馬が逃げるのかと思っていましたが、
スタート良く飛び出したエイシンフラッシュが押し出される形に。
さすがのデムーロ騎手も大誤算だったのではないでしょうか。
結局前半5F62.4という超スローペースとなりました。

後半は8F目12.4から10F目11.1という急加速の超激流。
直線に入るとエイシンフラッシュは早々に馬群に飲み込まれてしまいました。
好位から抜け出したジェンティルドンナが先頭に立ち、
大外を鋭く伸びたデニムアンドルビーをかろうじて抑えて勝利。

見事ジャパンカップ連覇を達成しました。

なお、ゴールドシップは出脚がつかず最後方。
3角過ぎからまくるようにスパートをかけますが
なかなか伸びず。レースを諦めるかのように2ケタ着順に沈みました。

超スローからの激流だったので、
前の馬・斤量の軽い馬に有利に働いたのだと考えています。
今年は天皇賞秋が特に締まった流れだったので、
正反対とまではいかなくとも、全く違った資質を試された
レースだったのではないでしょうか。
来年以降も、秋天がハイペース、JCがスローになりそうな場合は
注意していきたいと思います。

■結果
1着|ジェンティルドンナ(◎)
2着|デニムアンドルビー
3着|トーセンジョーダン

8着|アンコイルド(▲)
10着|エイシンフラッシュ(△)
15着|ゴールドシップ(〇)

【回収率】9回消化
◎単勝:42%
◎⇔○▲△☆馬連:76%
[ 2013/11/27 23:10 ] 重賞回顧 | TB(0) | CM(3)

回顧:京阪杯

アイラブリリが予想通りハナを奪うと、
前半を34.1とゆったり目で逃げることに成功。
馬場は思った以上に速く、前が止まらない展開。

直線で番手につけていたアースソニックがハナ差交わして勝利。
中団以降の馬には全く出番のない前残りの結果となりました。

タイムは1:07.5(34.1-33.4)
後傾ラップ以上に、内が伸びたこともあって
外差しの馬は何もできなかったと思います。
ちょっと勝った馬も負けた馬も参考外にしたくなるレースでした。

■結果
1着:アースソニック
2着:アイラブリリ
3着:スギノエンデバー(▲)

7着:エピセアローム(◎)
10着:ハノハノ(〇)
14着:アドマイヤセプター(△)

最速の上りで届かなかったラトルスネーク、ブルーデジャブは
次走以降注目です。ラトススネークは阪神カップ出てくれませんかね。

【回収率】31回消化
◎単勝:36%
◎⇔○▲△☆馬連:42%

次回は市川ステークス(中山芝1200 1600万)の予定です。
[ 2013/11/25 23:05 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:ジャパンカップ

いよいよジャパンカップ。
今年は凱旋門賞組が間に合わなかったことと
故障・不調馬の回避が相次いだことで、
いまいちなメンツとなっています。

とはいってもG1馬は5頭、重賞勝ち馬もぞろぞろといますので、
「終わってみれば納得の結果」になるんじゃないかと期待しています。

■前走
◆前走レース名別集計
集計期間:2004.11.28 ~ 2012.11.25
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------
天皇賞秋G1 4- 6- 5-37/52 7.7% 19.2% 28.8% 39 76 73.3
菊花賞G1 1- 2- 1-12/16 6.3% 18.8% 25.0% 55 60 81.0
凱旋門G1 1- 1- 1-11/14 7.1% 14.3% 21.4% 9 54 47.7
秋華賞G1 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0% 330 215 391.1
アルゼンHG2 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 455 78 802.7
英チャG1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1060 260 1060.0
BCFG1 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 95 0.0
エリザベG1 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
-------------------------------------------------------------------------
※中途半端に9年間分しかデータがないのは勘弁してください。
今年該当するローテで言うと、天皇賞秋とアル共のみ…
さらにアル共は勝ち馬しか馬券になっていないので、
実質天皇賞秋のみとなります。

さらに、
◆前走着順別集計
前走レース名:天皇賞秋G1
集計期間:2004.11.28 ~ 2012.11.25
-----------------------------------------------------------------------
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-----------------------------------------------------------------------
前走1着 1- 2- 2- 2/ 7 14.3% 42.9% 71.4% 38 131 52.2
前走2着 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 22 0.0
前走3着 1- 1- 1- 1/ 4 25.0% 50.0% 75.0% 90 102 112.3
前走4着 1- 2- 0- 2/ 5 20.0% 60.0% 60.0% 68 96 147.0
前走5着 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
前走6着 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0% 218 84 232.2
前走7着 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
前走8着 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
前走9着 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 415 0.0
前走10着~ 0- 0- 0-13/13 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
-----------------------------------------------------------------------
天皇賞秋組だと、1~6着まで、着差は1秒差負けまでとなります。

・・・これでジェンティルドンナ、エイシンフラッシュ、アンコイルド辺りに
絞られることになります。アンコイルドはちょっとおまけですが。

■重賞予想(第9回)
◎ジェンティルドンナ
〇エイシンフラッシュ
▲アンコイルド
△ゴールドシップ

・・・急にデータでは消しだったゴールドシップが入ってるじゃねぇか!
という声も聞こえてきそうですが、3頭だと寂しいので・・・。
4頭の3連複BOXで行こうかと思っています。
※今年一杯はブログの集計は◎の単勝と馬連流しで行います
[ 2013/11/24 12:43 ] 重賞予想 | TB(0) | CM(0)

予想:京阪杯

■展開予想
異常なまでの高速馬場だった今年の京都秋開催。
ただし先週のマイルCS時の馬場はいたって標準の時計でした。
例年で言うと、1:08.0ぐらいの決着になるでしょうか。

また、今回の先行馬はリュンヌとアイラブリリ
オパールSではリュンヌがハナを奪いましたが、
今回は最内のアイラブリリが逃げるのではないかと。
ただし、そんなに先行争いは激しくならず、標準的な前半になりそう。
ラップ予想は34.0-34.0としておきます。

予想と似たようなラップの過去レースを調べてみました。
2010年:1:08.0(33.9-34.0)2⇒5⇒8番手
2008年:1:08.1(34.2-33.9)4⇒14⇒7番手
母数が少ないので参考程度ですが、基本的に先行馬で逃げ馬は絡まず、
たまに追込みが決まるという感じでしょうか。
34.0の展開を差し切るため、33秒台の末脚が必要になりそうです。

■格
<勝ち馬>
ハクサンムーン:アイビスSD4着
ロードカナロア:オープン勝ち
スプリングソング:京阪杯3着
プレミアムボックス:CBC賞・オーシャンS勝ち
ウエスタンダンサー:オープン2着
<2着馬>
アドマイヤセプター:スワンS3着
グランプリエンゼル:函館SS勝ち
ケイアイアストン:オープン3着
レディルージュ:北九州記念2着
ファリダット:オープン勝ち

重賞実績があればよし。なくれもオープン好走は欲しい感じ。

2013京阪杯実績比較
ざっくり実績をまとめると上図の通りです。
「!」マークは京都芝1200戦で連対実績。

■予想(31回)
◎エピセアローム
〇ハノハノ
▲スギノエンデバ-
△アドマイヤセプター

本命は「ロードカナロアに勝った馬」エピセアローム。
実績は最上位であり、前走は同舞台でオープン勝ち。
中間熱発があったとかいう報道もありますが、
まともなら勝ち負けだと思います。

対抗はハノハノ。それまで中山のようなパワーの要るコースの
前傾ラップ向きの馬だと思っていましたが、
前走京洛ステークスでズバッときれて勝利。
本格化している可能性があります。

単穴はスギノエンデバー。近走は不調気味ですが、大きな負けはなく。
重賞勝ち馬であり、京都オープンの実績もあります。

ヒモ選びに迷うところですがアドマイヤセプターに印を。
G1でも僅差の力を持っている馬。
前走こそ大負けしましたが、調教もいいので。

あとは馬場の様子をみてアイラブリリを追加するかどうかというところ。

絶対王者ロードカナロアがもうすぐ引退するスプリント路線。
新たな主役の誕生となるのでしょうか。
[ 2013/11/23 12:18 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:みちのくステークス

ちょっと間が空いてしまいました。
簡単にみちのくステークスの結果報告をしたいと思います。

ペースは33.2-34.3と福島らしい前傾ラップ。
この日は先週までに比べるとちょっと時計が掛かっていたでしょうか。
それでも例年に比べるとかなり速い時計となりました。

■結果
1着|ミヤジエムジェイ(〇)
2着|ツインクルスター(△)
3着|セイコーライコウ(◎)
4着|メイショウツガル(▲)

4頭に印を付けて上位独占…かなり素晴らしい結果な気がするんですが、
馬券はハズレ!哀しい限りです。
3連複を買っていれば的中でしたね。
ブログを始めてからこんなんばっか…
どうやら◎の打ち方が悪いようです。

【回収率】30回消化
◎単勝:38%
◎⇔○▲△☆馬連:43%
ちなみに、本ブログが始まってから、
馬連を流しでなく◎〇▲△の4頭BOXで買っていたとすると
80%の回収率になっていたことに気づきました。
来年からはルールを変えて、◎〇▲△の4頭BOXにしようかと
本気で考えています。
[ 2013/11/20 01:17 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:みちのくステークス

先週から福島開催が始まっており、週末は福島参戦をしているため、
ついついブログをさぼっていました。

福島秋開催で特徴的なのが芝コースが高速馬場だということ。
例えば今日(11/9)行われた芝1200牝馬限定500万条件のレースは
1:07.9(33.2-34.7)というタイム。
2012年以降の500万条件の平均タイムが1:09.1(33.9-35.2)なので、
かなり速い状態になっていると言えます。

基本的に福島芝1200は前が圧倒的に有利なのですが、
さすがに33秒台前半になってしまうと差し追込みが届いたりもしています。
普段なら「逃げ馬を買っておけば儲かる」はずが、
なかなか逃げ馬が馬券に絡んでいません。
このあたりの展開を頭に入れて予想していきたいと思います。

■予想(30回)※良~稍重馬場限定
セイコーライコウ
〇ミヤジエムジェイ
▲メイショウツガル
△ツインクルスター
☆なし

◎セイコーライコウはもともと重賞で好走していた馬。
途中で一頓挫ありましたが、復帰後は徐々に勘をとりもどしたのか、
過去の実績に恥じない成績を残しています。
特に秀逸なのは前走のセプテンバーステークス。
1分7秒台の高速馬場で、1頭だけ58㌔を背負って堂々の2着。
ここを勝ったプレイズエターナルは次走の重賞で2着と好走。
福島にも実績があるので、嫌う理由がありません。
対抗には〇ミヤジエムジェイ。ちょっとムラがありますが、
準オープンでもしっかり好走している馬で、福島得意のキンカメ産駒。
福島では珍しい国分優作騎手は、明日7鞍中3鞍が岩元厩舎。
明らかにミヤジエムジェイで勝負をかけに来ている印象です。
単穴もキンカメ産駒メイショウツガル。あまり後ろからになってしまうと
不安ですが、好走を期待します。
△ツインクルスターは昇級戦ですが、福島巧者の先行馬なので。

今日までは本当にいい天気で、馬場も良かったのですが、
どうやら明日は雨模様。
印を付けた中には馬場が渋ると微妙な馬がいるので
できれば天気が持って欲しいんですが。
[ 2013/11/09 21:11 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:天皇賞(秋)

だいぶ今さら感がありますが、簡単に回顧しておきます。

■結果
1着:ジャスタウェイ(△)
2着:ジェンティルドンナ(◎)
3着:エイシンフラッシュ(▲)
4着:アンコイルド(〇)

…予想はだいぶ上手くいった感じで、印を付けた馬で上位独占。
 惜しくも4着でしたが、アンコイルドの健闘が光りました。

それにしてもジャスタウェイがジェンティルドンナに4馬身差も付けて勝つとは。
昨年の毎日王冠~天皇賞秋で好走して注目されましたが、
その後はいまいちな成績が続いていました。
今年の6月にエプソムカップに体重を増やして出走後は2着が3回。
どうやらこのあたりで本格化の兆しが見えていたようですね。

12.6 - 11.3 - 11.1 - 11.5 - 11.9 - 11.9 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 12.2

今回のラップですが、3F目にちょっと厳しめの加速が入っています。
昨年や一昨年のように逃げ馬が暴走気味に刻んだわけではなく、
トウケイヘイローにジェンティルドンナをはじめとした先行馬がついていった形。
これで、前の馬には厳しい流れになったと思われます。

あと1点、気になるのはジェンティルドンナの調教後馬体重が490㌔だった点。
当時の陣営は「力は出せる状態だが、少し太目が残っている、当日は480㌔台で出走することになるだろう」
とかなんとか言っていたんですが、当日フタを開けてみると増減なしの470㌔。
輸送で思った以上に減ってしまったのでしょうか。

なので、ペースとジェンティルの体調次第ではもう少し差が縮まっていた可能性は
あるとみています。たらればなんですけどね。

【回収率】8回消化
◎単勝:21%
◎⇔○▲△☆馬連:85%
[ 2013/11/04 08:59 ] 重賞回顧 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。