GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

年末のご挨拶

早いもので2013年ももうすぐ終わりです。
昨年末に始めた当ブログも、なんとか1年余り継続することができました。

ご覧いただいた方々、コメントを下さった方、
本当にありがとうございました。

今年の回収率ですが、
■回収率(34回消化)
◎単勝:33%
◎⇔○▲△☆馬連:42%

…と予想もせずに買っていた方がマシという非常に残念な成績でした。

来年は予想法も、買い方も工夫して、
なんとか100%を目指したいと思います。

それでも、今年はロードカナロアが国内スプリントGⅠ2冠を達成し、
さらに香港スプリントを圧勝するなど、日本の芝短距離戦にとって
非常に意義のある1年となりましたね。

こんな年に、芝短距離戦特化のブログを通して
日本競馬を観戦できたことは、とてもいい経験になりました。

絶対王者の引退により、群雄割拠の芝短距離戦。
2014年はどのような戦いが繰り広げられるのでしょうか。
楽しみですね。

それでは、よいお年を。
スポンサーサイト
[ 2013/12/31 17:36 ] 競馬随想 | TB(0) | CM(0)

芝1200サイヤーランキング(2013年)

今回は芝1200のリーディング種牡馬編です。

■全場
◆種牡馬別集計
集計期間:2013. 1.13 ~ 2013.12.23
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
------------------------------------------------------------------------------------
サクラバクシンオー 19- 23- 13-210/265 7.2% 15.8% 20.8% 90 68 67.1
キングカメハメハ 17- 18- 26-142/203 8.4% 17.2% 30.0% 55 75 65.2
フジキセキ 16- 14- 10- 90/130 12.3% 23.1% 30.8% 43 87 92.1
ダイワメジャー 12- 18- 15-129/174 6.9% 17.2% 25.9% 63 63 51.0
アドマイヤコジーン 11- 3- 5- 52/ 71 15.5% 19.7% 26.8% 262 116 161.9
アドマイヤムーン 10- 15- 10- 89/124 8.1% 20.2% 28.2% 41 63 61.9
ディープインパクト 10- 11- 6- 62/ 89 11.2% 23.6% 30.3% 73 88 89.3
タイキシャトル 10- 6- 12-100/128 7.8% 12.5% 21.9% 64 67 107.9
ヨハネスブルグ 10- 1- 5- 37/ 53 18.9% 20.8% 30.2% 80 47 141.0
デュランダル 9- 7- 3- 80/ 99 9.1% 16.2% 19.2% 421 165 118.7
------------------------------------------------------------------------------------
⇒トップはサクラバクシンオー。
 2位のキングカメハメハにも言えることなんですが、
 そもそも出走数が圧倒的に多いです。
 好走率および回収率はそれほどでもないのが特徴となっています。

 そういう意味で、出走数の割にがんばっているのが
 フジキセキ、アドマイヤコジーン、ディープインパクトあたり。
 後で詳しく見ていきますが、得意不得意があるようなので、
 そのあたりの特徴をしっかり押さえたいところです。

 注目は、2歳戦で驚異的な勝ち上り率をたたき出している
 ヨハネスブルグ産駒。引き続き要チェックです。

■小倉
◆種牡馬別集計
コース:小倉・芝1200
集計期間:2013. 2. 9 ~ 2013. 9. 1
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------------
フジキセキ 4- 8- 2-25/39 10.3% 30.8% 35.9% 44 90 62.3
アグネスタキオン 4- 3- 2-24/33 12.1% 21.2% 27.3% 130 76 111.2
サクラバクシンオー 3- 2- 1-43/49 6.1% 10.2% 12.2% 18 28 59.5
テイエムオペラオー 3- 2- 1-10/16 18.8% 31.3% 37.5% 361 111 109.4
ゼンノロブロイ 3- 2- 0-14/19 15.8% 26.3% 26.3% 542 122 186.0
ヨハネスブルグ 3- 1- 2-16/22 13.6% 18.2% 27.3% 60 39 100.9
アドマイヤムーン 3- 1- 0-14/18 16.7% 22.2% 22.2% 60 46 195.4
ディープインパクト 2- 5- 3-15/25 8.0% 28.0% 40.0% 42 116 67.2
ハーツクライ 2- 3- 1- 9/15 13.3% 33.3% 40.0% 91 110 89.9
キングカメハメハ 2- 2- 7-30/41 4.9% 9.8% 26.8% 12 83 41.5
-------------------------------------------------------------------------------
⇒小倉芝1200はフジキセキがトップ。
 好走率は高いですが、回収率が低いのがネックです。
 
 全体的に、全場傾向とは異なる種牡馬が上位に来ているイメージ。
 変わったところではテイエムオペラオーの成績が異常に良く見えますが、
 これは九州産馬限定レースでの成績が影響しているもの。
 
 その他ではゼンノロブロイやディープ、ハーツなど、
 どちらかと言えば芝の中距離で活躍しそうなSS系種牡馬が上位です。

■福島
◆種牡馬別集計
コース:福島・芝1200
集計期間:2013. 4. 6 ~ 2013.11.17
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------------
キングカメハメハ 8- 5- 5-33/51 15.7% 25.5% 35.3% 147 83 126.0
サクラバクシンオー 4- 7- 2-37/50 8.0% 22.0% 26.0% 207 123 81.2
マンハッタンカフェ 4- 2- 1-12/19 21.1% 31.6% 36.8% 144 137 171.5
デュランダル 4- 2- 0-25/31 12.9% 19.4% 19.4% 1178 279 161.1
サムライハート 4- 2- 0-10/16 25.0% 37.5% 37.5% 267 168 234.9
ダイワメジャー 3- 6- 2-28/39 7.7% 23.1% 28.2% 64 98 66.8
ディープインパクト 3- 0- 1- 7/11 27.3% 27.3% 36.4% 133 84 157.0
アドマイヤマックス 2- 2- 2-20/26 7.7% 15.4% 23.1% 192 240 78.0
マイネルラヴ 2- 2- 2-17/23 8.7% 17.4% 26.1% 54 65 88.2
ネオユニヴァース 2- 0- 2-20/24 8.3% 8.3% 16.7% 29 39 91.7
-------------------------------------------------------------------------------
⇒福島ではキングカメハメハがトップ。ダントツの成績です。
 これは以前から知っていたので、良く狙っていたのですが、
 「さすがに来ないだろう…」と切ったキンカメ産駒が良く来るイメージ。
 来年はベタ買いに近い感じで買いたいですね。
 4月の福島開催が近づいたら特集記事を組もうかと思います。
 
 マンハッタンカフェも、出走数こそ少ないですがかなりの好成績。
 変わったところではサムライハート、アドマイヤマックスですかね。
 小倉と比べると、顔ぶれが本当に面白いくらい違っていますね。

■函館
◆種牡馬別集計
コース:函館・芝1200
集計期間:2013. 6.15 ~ 2013. 9. 1
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------------
フジキセキ 5- 2- 2-17/26 19.2% 26.9% 34.6% 53 61 135.8
ロージズインメイ 4- 0- 0- 6/10 40.0% 40.0% 40.0% 621 159 353.7
アドマイヤムーン 3- 5- 2-21/31 9.7% 25.8% 32.3% 28 41 55.5
ダイワメジャー 3- 2- 8-25/38 7.9% 13.2% 34.2% 150 91 58.1
ステイゴールド 3- 2- 1- 9/15 20.0% 33.3% 40.0% 133 137 217.4
タイキシャトル 3- 1- 3-12/19 15.8% 21.1% 36.8% 71 64 157.6
スウェプトオーヴァ 3- 1- 0-23/27 11.1% 14.8% 14.8% 113 47 109.5
アドマイヤコジーン 3- 1- 0- 8/12 25.0% 33.3% 33.3% 275 76 152.7
グラスワンダー 3- 1- 0-15/19 15.8% 21.1% 21.1% 113 55 289.5
ネオユニヴァース 2- 3- 2-13/20 10.0% 25.0% 35.0% 381 153 94.8
-------------------------------------------------------------------------------
⇒函館はフジキセキ。このほとんどがストレイトガールのものです。
 函館の場合、長期滞在して連戦しますので、
 適正が合って連続好走した馬の影響が大きいイメージです。

■中山
◆種牡馬別集計
コース:中山・芝1200
集計期間:2013. 1.13 ~ 2013.12.23
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------------
サクラバクシンオー 5- 2- 1-31/39 12.8% 17.9% 20.5% 190 54 119.8
キングカメハメハ 3- 2- 2-23/30 10.0% 16.7% 23.3% 26 91 93.9
マンハッタンカフェ 3- 1- 0- 4/ 8 37.5% 50.0% 50.0% 135 97 183.0
ヨハネスブルグ 2- 0- 1- 4/ 7 28.6% 28.6% 42.9% 102 70 225.6
アポロキングダム 2- 0- 0- 3/ 5 40.0% 40.0% 40.0% 452 116 516.5
アドマイヤマックス 1- 2- 1-11/15 6.7% 20.0% 26.7% 852 226 110.6
グラスワンダー 1- 2- 0- 1/ 4 25.0% 75.0% 75.0% 42 95 74.4
マイネルラヴ 1- 1- 3- 8/13 7.7% 15.4% 38.5% 85 150 117.6
アドマイヤムーン 1- 1- 1-10/13 7.7% 15.4% 23.1% 16 35 61.2
アグネスデジタル 1- 1- 0- 8/10 10.0% 20.0% 20.0% 29 44 143.7
-------------------------------------------------------------------------------
⇒中山ではサクラバクシンオーがトップ。
 ツインクルスターの連続好走とアフォードの激走が影響していますが、
 それでも他の競馬場と比べると安心して買えそうです。
 全体的な顔ぶれは福島に似ていますかね。

■京都
◆種牡馬別集計
コース:京都・芝1200
集計期間:2013. 1.13 ~ 2013.11.24
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------------
クロフネ 3- 0- 1-13/17 17.6% 17.6% 23.5% 144 72 238.0
Singspiel 3- 0- 0- 0/ 3 100.0% 100.0% 100.0% 176 116 170.7
ダイワメジャー 2- 2- 1-16/21 9.5% 19.0% 23.8% 38 40 57.3
スウェプトオーヴァ 2- 1- 0- 3/ 6 33.3% 50.0% 50.0% 886 278 656.1
フジキセキ 2- 0- 1-12/15 13.3% 13.3% 20.0% 64 36 146.1
サクラバクシンオー 1- 2- 2-26/31 3.2% 9.7% 16.1% 48 67 29.3
ストラヴィンスキー 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0% 188 208 184.4
ファルブラヴ 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0% 280 164 266.3
キングヘイロー 1- 0- 3- 8/12 8.3% 8.3% 33.3% 45 99 120.0
アドマイヤコジーン 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0% 157 267 178.4
-------------------------------------------------------------------------------
⇒クロフネはアースソニック、Singspielはレディオブオペラ。
 偏りがあることもあって意外な顔ぶれですね。

■阪神
◆種牡馬別集計
コース:阪神・芝1200
集計期間:2013. 3. 9 ~ 2013.12.21
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------------
サクラバクシンオー 3- 3- 2-20/28 10.7% 21.4% 28.6% 38 49 72.3
オレハマッテルゼ 2- 1- 0- 2/ 5 40.0% 60.0% 60.0% 134 160 210.5
ニューイングランド 2- 0- 1- 1/ 4 50.0% 50.0% 75.0% 470 227 573.4
ヨハネスブルグ 2- 0- 0- 2/ 4 50.0% 50.0% 50.0% 370 105 274.9
ダイワメジャー 1- 3- 1- 8/13 7.7% 30.8% 38.5% 26 53 48.4
タニノギムレット 1- 2- 1- 7/11 9.1% 27.3% 36.4% 718 264 170.9
マイネルラヴ 1- 1- 1- 7/10 10.0% 20.0% 30.0% 47 113 73.7
タイキシャトル 1- 1- 1- 7/10 10.0% 20.0% 30.0% 23 143 67.2
グラスワンダー 1- 1- 1- 4/ 7 14.3% 28.6% 42.9% 1015 331 202.6
ロックオブジブラル 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 90 230 233.9
-------------------------------------------------------------------------------
⇒サクラバクシンオーが出走数の差でトップ。
 あとは混戦。

■中京
◆種牡馬別集計
コース:中京・芝1200
集計期間:2013. 1.19 ~ 2013.12.15
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------------
フジキセキ 3- 1- 1- 7/12 25.0% 33.3% 41.7% 100 80 160.2
キングカメハメハ 3- 0- 4- 9/16 18.8% 18.8% 43.8% 133 96 113.2
アドマイヤコジーン 3- 0- 0- 6/ 9 33.3% 33.3% 33.3% 1370 200 420.4
ディープインパクト 2- 2- 0- 3/ 7 28.6% 57.1% 57.1% 175 167 187.9
アグネスタキオン 2- 1- 1- 7/11 18.2% 27.3% 36.4% 85 65 120.4
ネオユニヴァース 2- 0- 0- 9/11 18.2% 18.2% 18.2% 741 190 226.3
サクラバクシンオー 1- 2- 1-13/17 5.9% 17.6% 23.5% 45 88 62.3
サクラプレジデント 1- 2- 0- 2/ 5 20.0% 60.0% 60.0% 94 208 178.4
アドマイヤムーン 1- 1- 2- 8/12 8.3% 16.7% 33.3% 180 181 99.1
Closing Argument 1- 1- 1- 1/ 4 25.0% 50.0% 75.0% 77 200 149.5
-------------------------------------------------------------------------------
⇒フジキセキが僅差でトップ。
 中京はどちらかというと特定の馬が連続好走する割合が
 少ないので、このランキングはけっこう馬券に使えそうです。
 特に注目はアドマイヤコジーン。

■新潟
◆種牡馬別集計
コース:新潟・芝1200
集計期間:2013. 5. 4 ~ 2013.10.27
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------------
アドマイヤマックス 2- 0- 0- 6/ 8 25.0% 25.0% 25.0% 168 56 301.5
サクラバクシンオー 1- 2- 2-14/19 5.3% 15.8% 26.3% 68 115 53.6
アドマイヤムーン 1- 1- 1- 4/ 7 14.3% 28.6% 42.9% 50 132 119.8
ディープインパクト 1- 1- 1- 2/ 5 20.0% 40.0% 60.0% 306 230 353.0
ダイワメジャー 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5% 155 102 87.7
アドマイヤコジーン 1- 0- 1- 5/ 7 14.3% 14.3% 28.6% 30 82 121.1
ヤマニンセラフィム 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 255 207 409.5
リンカーン 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 58 27 306.4
ダンスインザダーク 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 155 75 221.0
ヨハネスブルグ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 35 27 118.8
-------------------------------------------------------------------------------
⇒アドマイヤマックスが2頭の勝ち馬を輩出しトップ。
 注目は、好走率の高いディープインパクト。

芝1200リーディング(2013年)

2013年の中央競馬が終了しました。
JRAからリーディング成績が発表されていますが、
芝短距離戦ではどうだったのでしょうか?

芝1200戦に限定したリーディングを見てみたいと思います。
◆騎手別集計
集計期間:2013. 1.13 ~ 2013.12.23
ソート:着別度数順
--------------------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
--------------------------------------------------------------------------
吉田隼人 13- 11- 5- 83/112 11.6% 21.4% 25.9% 64 62 98.2
松田大作 11- 10- 8- 65/ 94 11.7% 22.3% 30.9% 272 101 127.1
幸英明 11- 8- 6- 74/ 99 11.1% 19.2% 25.3% 112 61 100.2
福永祐一 11- 5- 9- 31/ 56 19.6% 28.6% 44.6% 63 90 96.0
岩田康誠 10- 10- 9- 38/ 67 14.9% 29.9% 43.3% 39 73 62.3
武豊 10- 7- 3- 44/ 64 15.6% 26.6% 31.3% 96 61 84.6
藤田伸二 10- 4- 6- 35/ 55 18.2% 25.5% 36.4% 70 65 131.2
勝浦正樹 9- 12- 9- 91/121 7.4% 17.4% 24.8% 83 62 61.5
松山弘平 9- 5- 7- 83/104 8.7% 13.5% 20.2% 56 52 84.7
浜中俊 9- 3- 6- 48/ 66 13.6% 18.2% 27.3% 68 52 89.4
蛯名正義 9- 3- 5- 28/ 45 20.0% 26.7% 37.8% 152 122 165.8
--------------------------------------------------------------------------
⇒なんと吉田隼人騎手がリーディング獲得!!
 芝1200戦の多い福島や函館で騎乗が多かったことが影響しています。
 全体のリーディングと比べると、面子が違っていて面白いですよね。


では、各競馬場別に見るとどうなっているのでしょうか。
芝1200戦のレース数ごとに見ていきましょう。


■小倉
◆騎手別集計
コース:小倉・芝1200
集計期間:2013. 2. 9 ~ 2013. 9. 1
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
幸英明 6- 3- 2-28/39 15.4% 23.1% 28.2% 35 48 103.9
浜中俊 5- 2- 2-16/25 20.0% 28.0% 36.0% 71 62 116.1
武豊 4- 5- 2-17/28 14.3% 32.1% 39.3% 64 69 58.7
中井裕二 4- 3- 4-48/59 6.8% 11.9% 18.6% 269 225 132.6
和田竜二 3- 6- 2-16/27 11.1% 33.3% 40.7% 58 68 82.9
藤岡康太 3- 4- 3-37/47 6.4% 14.9% 21.3% 64 50 80.0
松山弘平 3- 2- 3-49/57 5.3% 8.8% 14.0% 17 33 47.2
川田将雅 3- 2- 2-15/22 13.6% 22.7% 31.8% 82 59 91.8
高倉稜 3- 1- 3-36/43 7.0% 9.3% 16.3% 53 53 114.5
菱田裕二 3- 0- 4-17/24 12.5% 12.5% 29.2% 76 85 114.2
---------------------------------------------------------------------
⇒幸騎手がリーディング。ちょっと意外?(失礼)
 勝率等で言えば浜中騎手、武豊騎手、和田騎手あたりが好成績。

■福島
◆騎手別集計
コース:福島・芝1200
集計期間:2013. 4. 6 ~ 2013.11.17
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
蛯名正義 6- 2- 3- 9/20 30.0% 40.0% 55.0% 176 164 182.5
吉田隼人 5- 6- 1-23/35 14.3% 31.4% 34.3% 80 72 77.9
柴田大知 4- 1- 1-19/25 16.0% 20.0% 24.0% 89 54 182.0
川須栄彦 4- 0- 0-12/16 25.0% 25.0% 25.0% 218 75 411.1
勝浦正樹 3- 2- 2-19/26 11.5% 19.2% 26.9% 186 96 119.4
木幡初広 3- 1- 3-16/23 13.0% 17.4% 30.4% 77 107 232.6
高倉稜 3- 1- 1-16/21 14.3% 19.0% 23.8% 286 92 190.3
黛弘人 3- 0- 3-19/25 12.0% 12.0% 24.0% 203 98 170.1
丸田恭介 3- 0- 2-17/22 13.6% 13.6% 22.7% 90 43 125.8
菱田裕二 2- 3- 2-10/17 11.8% 29.4% 41.2% 107 201 98.3
---------------------------------------------------------------------
おまけ
---------------------------------------------------------------------
横山典弘 1- 3- 3- 6/13 7.7% 30.8% 53.8% 23 110 39.1
---------------------------------------------------------------------
⇒蛯名騎手が数・率ともにダントツ。単勝で買いたいですね。
 吉田騎手はそれに次ぐ成績ですが回収率が低め。人気先行型。
 菱田騎手は若手のホープとして来年期待したいです。
 また、福島は全般的に見て上位の騎手の勝率が高いです。
 乗れる騎手・乗れない騎手がハッキリしているのかもしれません。
 下位ではありますが、横山騎手も複勝率が優秀。

■函館
◆騎手別集計
コース:函館・芝1200
集計期間:2013. 6.15 ~ 2013. 9. 1
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
岩田康誠 7- 7- 6-13/33 21.2% 42.4% 60.6% 55 102 76.0
三浦皇成 5- 7- 5-27/44 11.4% 27.3% 38.6% 78 82 70.5
吉田隼人 5- 3- 2-29/39 12.8% 20.5% 25.6% 52 54 144.8
松田大作 5- 2- 5-22/34 14.7% 20.6% 35.3% 311 110 149.7
丹内祐次 4- 5- 3-24/36 11.1% 25.0% 33.3% 63 101 116.2
藤田伸二 4- 2- 4-20/30 13.3% 20.0% 33.3% 64 67 116.6
古川吉洋 3- 5- 0-25/33 9.1% 24.2% 24.2% 68 53 84.1
四位洋文 3- 4- 0-19/26 11.5% 26.9% 26.9% 38 37 58.2
丸山元気 3- 2- 6-25/36 8.3% 13.9% 30.6% 75 98 83.6
津村明秀 3- 0- 3-25/31 9.7% 9.7% 19.4% 96 54 158.0
---------------------------------------------------------------------
⇒函館は岩田騎手の庭の模様。ただ回収率は低め。
 松田騎手は度々穴を開けているらしく異常な回収率。

■中山
◆騎手別集計
コース:中山・芝1200
集計期間:2013. 1.13 ~ 2013.12.23
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
三浦皇成 3- 2- 1-10/16 18.8% 31.3% 37.5% 113 168 129.8
江田照男 3- 1- 1-13/18 16.7% 22.2% 27.8% 56 91 179.9
内田博幸 3- 1- 0-12/16 18.8% 25.0% 25.0% 50 38 111.7
蛯名正義 3- 0- 1-12/16 18.8% 18.8% 25.0% 208 83 195.3
横山典弘 2- 2- 3- 8/15 13.3% 26.7% 46.7% 43 109 88.9
田中勝春 2- 1- 1-14/18 11.1% 16.7% 22.2% 172 88 198.5
田辺裕信 2- 1- 0-20/23 8.7% 13.0% 13.0% 107 37 127.7
勝浦正樹 2- 1- 0-16/19 10.5% 15.8% 15.8% 77 32 177.3
戸崎圭太 2- 0- 3-10/15 13.3% 13.3% 33.3% 36 63 74.0
北村宏司 1- 4- 0-15/20 5.0% 25.0% 25.0% 21 64 46.1
---------------------------------------------------------------------
⇒個人的に意外なんですが、三浦騎手がリーディング。
 回収率も優秀です。あんまりイメージないんですけどね。
 率で言えば横山騎手が優秀。

■京都
◆騎手別集計
コース:京都・芝1200
集計期間:2013. 1.13 ~ 2013.11.24
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
浜中俊 3- 1- 1-14/19 15.8% 21.1% 26.3% 61 45 116.7
藤田伸二 3- 0- 0-10/13 23.1% 23.1% 23.1% 40 26 135.8
幸英明 2- 2- 1-23/28 7.1% 14.3% 17.9% 77 59 94.7
福永祐一 2- 1- 3-11/17 11.8% 17.6% 35.3% 56 105 71.8
武豊 2- 1- 1-11/15 13.3% 20.0% 26.7% 44 50 98.6
和田竜二 2- 1- 0-15/18 11.1% 16.7% 16.7% 142 41 172.3
秋山真一 2- 0- 1-12/15 13.3% 13.3% 20.0% 218 78 174.5
国分優作 1- 2- 3-16/22 4.5% 13.6% 27.3% 68 149 84.1
川田将雅 1- 2- 1-10/14 7.1% 21.4% 28.6% 100 87 47.1
ルメール 1- 2- 1- 3/ 7 14.3% 42.9% 57.1% 44 101 65.6
---------------------------------------------------------------------
⇒浜中騎手・藤田騎手がリーディング。

■阪神
◆騎手別集計
コース:阪神・芝1200
集計期間:2013. 3. 9 ~ 2013.12.21
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
川田将雅 3- 4- 0- 6/13 23.1% 53.8% 53.8% 51 115 104.1
福永祐一 3- 1- 1- 6/11 27.3% 36.4% 45.5% 56 83 118.0
藤田伸二 2- 2- 1- 5/10 20.0% 40.0% 50.0% 97 91 136.1
幸英明 2- 1- 2-15/20 10.0% 15.0% 25.0% 367 70 107.2
酒井学 2- 1- 1- 7/11 18.2% 27.3% 36.4% 131 202 261.7
武豊 2- 0- 0- 7/ 9 22.2% 22.2% 22.2% 164 63 132.1
菱田裕二 1- 3- 0- 7/11 9.1% 36.4% 36.4% 19 114 82.0
松山弘平 1- 1- 2- 4/ 8 12.5% 25.0% 50.0% 83 120 159.9
国分優作 1- 1- 1-11/14 7.1% 14.3% 21.4% 19 77 81.2
中井裕二 1- 0- 3-10/14 7.1% 7.1% 28.6% 57 64 97.7
---------------------------------------------------------------------
⇒川田騎手が異常な好成績。

■中京
◆騎手別集計
コース:中京・芝1200
集計期間:2013. 1.19 ~ 2013.12.15
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
藤岡康太 4- 0- 2- 6/12 33.3% 33.3% 50.0% 422 165 268.9
福永祐一 3- 1- 0- 5/ 9 33.3% 44.4% 44.4% 90 72 146.7
松山弘平 2- 2- 1-14/19 10.5% 21.1% 26.3% 50 56 121.0
古川吉洋 2- 0- 0- 6/ 8 25.0% 25.0% 25.0% 1086 276 655.7
戸崎圭太 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7% 816 226 935.4
川田将雅 1- 1- 2- 4/ 8 12.5% 25.0% 50.0% 38 272 97.1
幸英明 1- 1- 1- 6/ 9 11.1% 22.2% 33.3% 28 73 123.6
丸山元気 1- 1- 1- 8/11 9.1% 18.2% 27.3% 292 224 116.5
松田大作 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3% 1453 180 328.2
岩田康誠 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 43 90 98.1
藤田伸二 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0% 220 165 194.9
---------------------------------------------------------------------
⇒藤岡康太騎手が圧倒的な勝率でリーディング。

■新潟
◆騎手別集計
コース:新潟・芝1200
集計期間:2013. 5. 4 ~ 2013.10.27
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
松田大作 2- 1- 0- 6/ 9 22.2% 33.3% 33.3% 204 96 287.4
横山和生 2- 0- 1- 4/ 7 28.6% 28.6% 42.9% 210 82 259.5
吉田隼人 2- 0- 0- 5/ 7 28.6% 28.6% 28.6% 297 80 246.0
丸田恭介 1- 2- 0- 3/ 6 16.7% 50.0% 50.0% 35 80 80.0
柴山雄一 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0% 127 102 258.1
横山典弘 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 116 106 190.4
戸崎圭太 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0% 70 245 126.5
菱田裕二 1- 0- 2- 4/ 7 14.3% 14.3% 42.9% 44 91 128.7
松岡正海 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 92 127 179.7
長岡禎仁 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0% 306 330 639.4
---------------------------------------------------------------------
⇒新潟はレース数が少ないので微妙ですが…
 松田騎手・横山和生騎手・吉田隼人騎手が2勝でトップ。

回顧:ラピスラズリステークス

■展開
アースソニックがハナを奪うと、そのまま淡々と引っ張ります。
稍重で時計が掛かったこともあり、
33.6-35.8というかなりのハイペースになりました。

先行馬がバタバタと力尽きていくなか、
アフォードが鋭く伸びて勝利をおさめました。
9番手⇒11番手⇒7番手という前崩れの結果となりました。

■結果(34回)
1着:アフォード
2着:インプレスウィナー
3着:プレイズエターナル(〇)

8着:アースソニック(▲)
11着:ハノハノ(◎)
15着:メモリアルイヤー(△)

なんとも無念な結果。
中山の前傾ラップに慣れた猛者たちを選んだつもりでしたが、
まさかの総崩れとなりました。


…これで2013年の予想は終了です。
 後ほどトータルの回顧をアップしていく予定です。
[ 2013/12/24 23:10 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:有馬記念②

前回のエントリでスローペースを想定してみました。

・3・4歳が有利(できるだけ若い方がいい?)
・前走ジャパンカップ上位組

それに従って印を付けていきたいと思います。

■予想(第10回)
◎オルフェーヴル
〇アドマイヤラクティ
▲ルルーシュ

海外遠征帰りかつ引退レースなので、
どこまでの仕上げでこれるのか不明ですが、
実績断然のオルフェーヴルを本命に。

アドマイヤラクティは近走好調馬。
鞍上も頼もしいです。

ルルーシュは中山で実績がないのが不安点ですが、
過去の中山でのレースは出遅れ・大外・重馬場等
もしかしたら度外視できるかもしれない条件となっています。
ここで大駆けを期待したいところ。

今年最後の大一番。

良いレースを期待したいですね。
[ 2013/12/22 09:57 ] 重賞予想 | TB(0) | CM(0)

予想:ラピスラズリステークス②

あっと言う間に週末になってしまいました。

■予想(34回)
◎ハノハノ
〇プレイズエターナル
▲アースソニック
△メモリアルイヤー

オープンクラス勝ち馬の中でも、中山の前傾ラップに実績のある
ハノハノを本命に。レースを選べば重賞でもいい勝負できる馬だと
思っています。
そして勢いのある3歳馬プレイズエターナルを対抗に。
ちょっと後ろからの脚質なのが気になりますが、力は上位かと。
近走充実のアースソニックは、中山実績と先行脚質が魅力。
…この3頭が抜けていると思いますので、
 馬連BOXでも買おうかと考えています。
それだけだとつまらないので、メモリアルイヤーをヒモに。

■おまけ(六甲アイランドステークス予想)
阪神芝1200の1600万条件戦は、ここ数年1番人気が100%連対
の舞台です。(そんなにレース数はありませんが)
◎マコトナワラタナ
〇ミッドナイトクロス
▲マッキーコバルト
△ダノンフェアリー
…こんな感じでいきたいと思っています。
[ 2013/12/21 12:37 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:有馬記念①

さて、今週はいよいよ有馬記念です。

今年のクライマックス。さすがに少し予想をしておきたいと思います。

今回は「ペース」をテーマにして予想をしてみます。
今年は逃げ馬不在、と言えるかと思います。
逃げるのはダノンバラード、ルルーシュ、カレンミロティックあたり
でしょうか。
どちらにせよ、積極的に逃げたいタイプではなく、
押し出されるようにしてハナに立つことになりそうです。
当然、スローペースが想定されます。

過去10年のデータから、スローペースの好走条件を探ってみます。


■前5F61.0以上
①年齢別集計
集計期間:2005.12.25 ~ 2011.12.25
---------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
2歳 0- 0- 0- 0/ 0
3歳 2- 1- 1- 5/ 9 22.2% 33.3% 44.4% 117 191 118.7
4歳 1- 2- 1-12/16 6.3% 18.8% 25.0% 106 100 91.2
5歳 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1% 0 36 0.0
6歳 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
7歳以上 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
---------------------------------------------------------------------
3歳4歳のみが馬券になっている状況。
 年齢は若い方がいいと思われます。

②4角位置別集計
集計期間:2005.12.25 ~ 2011.12.25
------------------------------------------------------------------------
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
------------------------------------------------------------------------
2番手以下 3- 3- 3-32/41 7.3% 14.6% 22.0% 67 89 82.9
3番手以下 2- 3- 2-30/37 5.4% 13.5% 18.9% 52 59 59.9
4番手以下 1- 3- 1-27/32 3.1% 12.5% 15.6% 6 50 35.5
5番手以下 1- 3- 1-23/28 3.6% 14.3% 17.9% 7 57 38.6
7番手以下 0- 1- 1-21/23 0.0% 4.3% 8.7% 0 36 0.0
10番手以下 0- 0- 0-15/15 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
------------------------------------------------------------------------
4角10番手以内

③前走レース名別集計
集計期間:2005.12.25 ~ 2011.12.25
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------
JCG1 2- 2- 2-18/24 8.3% 16.7% 25.0% 106 88 103.1
菊花賞G1 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0% 110 130 81.7
中日新聞HG3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1260 0.0
-------------------------------------------------------------------------
◆前走着順別集計
前走レース名:JCG1
集計期間:2005.12.25 ~ 2011.12.25
-----------------------------------------------------------------------
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-----------------------------------------------------------------------
前走1着 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 55 0.0
前走2着 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 855 130 598.2
前走3着 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 280 66 358.3
前走4着 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 330 0.0
前走5着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
前走6~9着 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5% 0 61 0.0
前走10着~ 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3% 0 105 0.0
-----------------------------------------------------------------------
⇒今年は菊花賞組が残念ながらいないので、前走JC上位組
 中心になりそうです。


①を重視するなら、3歳・4歳組が中心。
今年はかなり限られます。
 <4歳>
 ゴールドシップ
 ラブイズブーシェ
 <3歳>
 タマモベストプレイ
 テイエムイナズマ
 ラブリーデイ
…かなり実績不足な印象。これらがきたら大荒れになりそうです。

③を重視するなら、以下の馬達でしょうか。
 トーセンジョーダン(JC3着)
 アドマイヤラクティ(JC4着)
 ルルーシュ(JC6着)
…こっちの方がしっくり来ますね。
 この中でも、できるだけ若いアドマイヤラクティやルルーシュあたりに
 注目してみたいところです。
[ 2013/12/18 23:47 ] 重賞予想 | TB(0) | CM(0)

予想:ラピスラズリステークス①

あっと言う間に年の瀬になってしまいました。
当ブログも1年が経過しました。
相変わらず成績は低空飛行を続けていますが、
最終週にラストスパートをかけたいところです。

さて、今週はスプリントのレースがけっこう揃っています。
ラピスラズリステークス(OP)と阪神カップ(G2)を
対象としていきたいと思います。

■昨年の予想ファクター
昨年からの申し送りは以下の通りです。
・休み明けは×
・先行馬
・OP勝ちか重賞好走か1600万勝ちたて

これをデータでも裏付けてみましょう。
◆間隔別集計
集計期間:2010.12.11 ~ 2012.12.22
---------------------------------------------------------------------
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
連闘 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
2週 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0 17 0.0
3週 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 170 120 170.0
4週 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 133 0.0
5~9週 2- 2- 2- 9/15 13.3% 26.7% 40.0% 64 124 160.3
10~半年 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
半年以上 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
---------------------------------------------------------------------
⇒10週以上の間隔が空くと好走がありません。

◆脚質上り別集計
集計期間:2010.12.11 ~ 2012.12.22
---------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
逃げ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 56 40 147.1
先行 2- 1- 1- 7/11 18.2% 27.3% 36.4% 88 122 253.2
中団 0- 2- 1-13/16 0.0% 12.5% 18.8% 0 41 0.0
後方 0- 0- 1-11/12 0.0% 0.0% 8.3% 0 66 0.0
---------------------------------------------------------------------
⇒逃げ先行有利。

■コース適正
ラピスラズリS好走馬の、同年・前年のレース成績を調べてみました。

◆コース別集計
本レースより前の同年・前年全レース
集計期間:2009. 1. 5 ~ 2012.11.25
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------------
コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------------
東京・芝1400 5- 1- 0- 6/12 41.7% 50.0% 50.0% 256 152 305.9
中山・芝1200 4- 2- 2- 6/14 28.6% 42.9% 57.1% 174 105 165.8
福島・芝1200 3- 2- 0- 3/ 8 37.5% 62.5% 62.5% 396 171 146.1
小倉・芝1200 3- 0- 1- 0/ 4 75.0% 75.0% 100.0% 302 257 220.6
東京・芝1600 2- 1- 0- 5/ 8 25.0% 37.5% 37.5% 527 198 250.5
新潟・芝1200 2- 0- 0- 2/ 4 50.0% 50.0% 50.0% 847 227 340.9
京都・芝1200 1- 2- 2-11/16 6.3% 18.8% 31.3% 105 92 53.4
中京・芝1200 1- 2- 0- 5/ 8 12.5% 37.5% 37.5% 117 112 112.0
---------------------------------------------------------------------------
⇒妙に高いのが東京芝1400。サクラゴスペルやプリンセスメモリーの
 好走が影響しているのかもしれませんが、注目したいところです。
 あとは中山・福島・新潟の1200と、前傾になりやすいコースの
 実績にも注目したいです。
[ 2013/12/17 22:50 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:尾張ステークス

ちょっと時間が空いてしまいましたが、
散々な結果となってしまった尾張ステークスを振り返りたいと思います。

予想通りリュンヌが逃げたのですが、ラップは予想とは程遠く
12.3-11.0-11.2-11.6-11.1-11.4(34.5-34.1)
△4▼5△3
なんと後傾の瞬発戦になってしまいました。

こうなると瞬発力の無い馬には辛い展開。
前傾の消耗戦を予想していたので、
印を付けた馬がほとんど凡走してしまいました。

また、2、3、4着馬は朱鷺ステークスの3、1、5着でした。
このレースも途中に▼4と加速の入った瞬発よりの平坦戦。
12.6-10.9-11.5-11.6-11.2-11.1-12.1
適性の影響がモロに出たレースだっと思われます。

一方で勝ったストレイトガールですが、
函館ばかり走っていたので、瞬発戦のイメージはありませんでした。
それでも強い勝ちっぷりだったと思います。
1頭だけ格が違っていたという感じですかね。

ところで…リュンヌに騎乗していた岡田騎手ですが、
馬の特徴を理解しているとはとても思えないレース運びでした。
もともとハイペースを前で粘ってなんぼ!という馬だと思うのですが。
早く乗り替わってほしいな、というのが正直なところです。

■結果
1着:ストレイトガール(▲)
2着:モグモグパクパク
3着:インプレスウィナー

11着:リトルゲルダ(〇)
12着:レオアクティブ(△)
13着:サドンストーム(◎)
17着:リュンヌ(☆)

ちなみに、今回印を付けた馬達は、自走消耗戦想定のレースで
狙ってみたいと思います。
[ 2013/12/12 20:26 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:尾張ステークス

土曜日も仕事だったので、簡単な記事とさせていただきます。

■予想(33回)
◎サドンストーム
○リトルゲルダ
▲ストレイトガール
△レオアクティブ
☆リュンヌ

2着馬に離されたとはいえ、CBC賞で3着に食い込んだ
サドンストームを本命に。
決め手はあるものの、展開の助けが必要なタイプ。
芝1200戦の中でも追込みがしやすい中京なら。

リトルゲルダは中京勝ちがあるところを評価。

ストレイトガールは休み明けですし、函館の成績しかないので
いまいち比較ができないのですが、クラス実績だけで言えば
最上位評価。

レオアクティブは本来は切りたいのですが、人気してるので。

リュンヌは大穴。前残りが通用すれば…。
[ 2013/12/07 20:27 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:市川ステークス

■展開
先手を取ったのはヤマニングルノイユ。
番手にツインクルスター、コウヨウアレスを従え、
33.3とかなりのハイペースを作ります。
1人気のセイコーライコウはスタートはまずまずでしたが、
手綱を抑えて中段後ろまで下げる形。

直線に入ると、さすがに手ごたえの怪しくなった
ヤマニンをツインクルスターが交わして先頭へ。
一方後方からはセイコーライコウとジャーエスペランサが
鋭く伸びて迫ります。
ライコウをクビ差退け、ツインクルスターが勝利。
見事オープン入りを決めました。

タイムは1:08.6(33.3-35.3)でした。

■注目馬
開幕週の内伸び馬場と、ハイペースによる外差し向きの展開が
重なったレースだったかと思います。
番手から粘ったツインクルスターは強さを見せました。
オープンでも好走してくれると思います。
しばらくは中山・福島・新潟など、
前傾ラップになりやすく、パワーも必要なコースで狙いたいですね。

同じく先行して粘ったコウヨウアレスも、
いつ準オープンを卒業してもおかしくないと思います。
次レースも人気するでしょうが、評価が必要です。

セイコーライコウは、なんとも歯がゆい結果が続いてしまっています。

  2着 セイコーライコウ(柴田善騎手)
  「最近掛かるので、脚をタメてじっくりと折り合いをつけて
   乗ろうと思いました。よく伸びていると思います」
  http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_2129.html

だそうです。
今回はハイペースと後方待機の策が上手くハマった格好ですが、
逆に言えば「ハマっても2着」ということ。
次走ではどのようなレースになるか分かりませんが、
「実力は折り紙つきなので一定の評価は必要だが、
 いまいち信用出来ないので頭の馬券は買いづらい」
という感じ。単純に連軸向きだと言ってしまえばそれまでですが・・・。

■結果
1着:ツインクルスター(○)
2着:セイコーライコウ(◎)
3着:ジャーエスペランサ
4着:コウヨウアレス(△)

7着:シーブリーズライフ(▲)

■回収率(32回消化)
◎単勝:35%
◎⇔○▲△☆馬連:45%

次回は尾張ステークス(中京芝1200 オープン)を予定しています。
[ 2013/12/02 20:54 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:市川ステークス

■展開予想
今週から中山開催が始まりました。
今日(11月30日)は芝1200で1000万条件のレースが行われ、
1:09.2(34.4-34.8)という決着でした。
中山芝1200としてはゆったりしたペースで
4番手→3番手→10番手での決着となりました。

サンプルが少ないので微妙ですが、
馬場は重めだと思われます。

逃げ馬はコウヨウアレスかツインクルスターか。
2頭がハナを主張し合えばハイペースになるかもしれませんが、
そこまで激しい争いにはならず、平均ペースと予想します。
今日のサンプルレースがゆったり目だったことと、
1000万⇒1600万と条件が変わることも考えて、
1:08.5(33.8-34.7)あたりのタイムを予想しておきます。

基本的に後ろからでは届かず。
6番手くらいまででの決着と見ます。

■予想(32回)
◎セイコーライコウ
○ツインクルスター
▲シーブリーズライフ
△コウヨウアレス

かなりガチガチの予想になってしまいました。
◎セイコーライコウは元オープン馬らしく、
当条件でも力のあるところを見せています。
ここらでしっかり勝ってもらいたいところ。
〇ツインクルスターも成績が安定している逃げ馬。
▲シーブリーズライフは、東京芝1400でイマイチの結果ですが、
元々は福島2歳ステークスやカンナステークスの前傾ラップで
好走してきた馬。条件変わりで一変もありそうです。
△コウヨウアレスは下位条件を勝ったばかりですが
条件と展開が向きそう。

いよいよ2013年の競馬も残すところ1ヶ月。
ラストスパートといきたいところです。
[ 2013/12/01 00:21 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。