GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

予想:シルクロードステークス ②

シルクロードステークスの出走表が発表されました。
さっそく、おおよその力関係を見ていきたいと思います。
シルクロードS実績比較
※好走の基準は昨年下半期に0.3秒以内の実績

まぁこんな感じです。
実績の最上位はもちろんマジンプロスパー。
重賞を3勝もしていますし、G1で0.3差、0.2差の経験もあり、
この点では抜けています。
ただし、その分斤量も背負わされている状況。
近走の調子もイマイチなので、中心視は難しいですかね。

北九州記念を勝っているのがスギノエンデバー。
力があることは間違いないんですが、どうしても後ろからの競馬が多く、なかなか安定した成績を上げられないでいます。
前々走で福永騎手を背に先行の競馬に成功するも、騎手もコロコロ変わるため、脚質も安定してません。

続いて、ストレイトガール、プレイズエターナルといった重賞好走組。
この辺は人気もするでしょうが、高い評価をせざるを得ない感じですかね。

そして、前走オープン戦を勝ったレディオブオペラ。
オープン勝ちとはいえ、ここ数戦を圧勝してきた身。今回も人気・実力ともに中心となると思われます。


続いて、各馬の脚質を計るために推定前半3ハロンを試算してみました。
シルクロードS推定前半3F
今回はまともな先行馬がほとんどいなく、
「レディオブオペラとそれ以外」という状況です。
マジンプロスパーやレオンビスティー、ストレイトガールあたりは、
緩いペースで先行してきているため、いまいちテンの速さが分かりません。

>前走終了後の藤田騎手コメント
「番手でも良かったのですが、出たなりで運びました。持ち時計もありますしね。」
とのこと。
今回も明らかに1頭だけテンのスピードが違う状況なので、
出たなりで逃げることになるのかな、と思われます。

先行有利の展開になった場合、どの馬が前に行くことになるか
慎重に見極めたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2014/01/30 21:01 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:シルクロードステークス ①

ちょっと気が早いですが、シルクロードステークスの予想を
していきたいと思います。

注目馬レディオブオペラがついに重賞初挑戦。
それをマジンプロスパーを筆頭とした重賞好走馬達が
迎え撃つ、という激アツの展開になりそうです。

まずはデータを使ってイメージを掴んでいきたいと思います。
対象は過去10年の同レース。
単純にサマリーするのはつまらないので、
ペースをもとにして2分類してみました。
下はそれぞれのレースの平均ラップのグラフです。
シルクロード2分類ラップ
2分した基準は前半3ハロンのタイム。
33.9以下と34.0以上で分けてみました。

前半速め ①33.9以下:05、07、08、09年
前半緩め ②34.0以上:04、06、10、11、12、13年
①は全て前傾。②はほぼイーブンか後傾となっています。

■①33.9以下:05、07、08、09年
◆年齢別集計
集計期間:2005. 2. 6 ~ 2009. 2. 8
---------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
4歳 0- 0- 0-11/11 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
5歳 2- 1- 3- 9/15 13.3% 20.0% 40.0% 126 154 146.8
6歳 2- 2- 1-15/20 10.0% 20.0% 25.0% 66 109 101.4
7歳以上 0- 1- 0-17/18 0.0% 5.6% 5.6% 0 21 0.0
---------------------------------------------------------------------
⇒5・6歳中心

◆脚質上り別集計
集計期間:2005. 2. 6 ~ 2009. 2. 8
---------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
逃げ 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 125 0.0
先行 1- 1- 0-16/18 5.6% 11.1% 11.1% 63 42 57.7
中団 1- 2- 3-16/22 4.5% 13.6% 27.3% 8 116 60.6
後方 2- 1- 0-17/20 10.0% 15.0% 15.0% 95 53 190.5
---------------------------------------------------------------------
⇒差し追込み有利

◆前走レース名別集計
集計期間:2005. 2. 6 ~ 2009. 2. 8
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------
淀短距離 1- 1- 1-18/21 4.8% 9.5% 14.3% 30 40 75.7
CBC賞G2 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0% 38 124 114.9
尾張S 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 625 205 933.7
新春S1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1140 300 1140.0
阪神カッG2 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0% 0 138 0.0
ガーネッHG3 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 238 0.0
帆柱山H1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 500 0.0
市川S1600 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 320 0.0
京阪杯G3 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
福島民友 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
スプリンG1 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
-------------------------------------------------------------------------
⇒淀短、CBC(12月開催時)中心。間隔が空くとキツい?

◆斤量別集計
集計期間:2005. 2. 6 ~ 2009. 2. 8
--------------------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
--------------------------------------------------------------------------
49.5~51kg 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
51.5~53kg 0- 0- 1-16/17 0.0% 0.0% 5.9% 0 29 0.0
53.5~55kg 2- 2- 2-16/22 9.1% 18.2% 27.3% 108 132 179.1
55.5~57kg 1- 1- 1-16/19 5.3% 10.5% 15.8% 34 45 40.6
57.5~59kg 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 63 206 144.1
--------------------------------------------------------------------------
⇒54キロの牡馬が結構来てます。


■②34.9以上:04、06、10、11、12、13年
◆年齢別集計
集計期間:2004. 2. 8 ~ 2013. 1.27
---------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
4歳 1- 1- 1-21/24 4.2% 8.3% 12.5% 5 22 31.0
5歳 3- 3- 1-10/17 17.6% 35.3% 41.2% 85 108 162.0
6歳 2- 1- 2-16/21 9.5% 14.3% 23.8% 53 160 139.1
7歳以上 0- 1- 2-31/34 0.0% 2.9% 8.8% 0 49 0.0
---------------------------------------------------------------------
⇒5歳馬中心。4歳も若干来るようになる。

◆脚質上り別集計
集計期間:2004. 2. 8 ~ 2013. 1.27
---------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
逃げ 0- 2- 0- 4/ 6 0.0% 33.3% 33.3% 0 75 0.0
先行 3- 1- 2-16/22 13.6% 18.2% 27.3% 66 72 130.9
中団 3- 2- 3-28/36 8.3% 13.9% 22.2% 35 63 98.4
後方 0- 1- 1-30/32 0.0% 3.1% 6.3% 0 95 0.0
---------------------------------------------------------------------
⇒逃げ切りはキツイが先行有利

◆前走レース名別集計
集計期間:2004. 2. 8 ~ 2013. 1.27
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------
淀短距離 2- 1- 2-29/34 5.9% 8.8% 14.7% 36 37 69.9
京阪杯G3 2- 0- 2- 8/12 16.7% 16.7% 33.3% 60 89 125.2
スプリンG1 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0% 108 102 201.9
ラピスラ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 73 50 187.4
阪神カッG2 0- 2- 0- 2/ 4 0.0% 50.0% 50.0% 0 297 0.0
ガーネッHG3 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0% 0 207 0.0
サンラH1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 270 0.0
新春S1600 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 2110 0.0
サンライ1600 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
-------------------------------------------------------------------------
京阪杯・スプリンターズ等、間の空いた前走重賞馬が来るようになる。

◆斤量別集計
集計期間:2004. 2. 8 ~ 2013. 1.27
--------------------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
--------------------------------------------------------------------------
49.5~51kg 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
51.5~53kg 0- 0- 2-15/17 0.0% 0.0% 11.8% 0 153 0.0
53.5~55kg 0- 2- 2-35/39 0.0% 5.1% 10.3% 0 34 0.0
55.5~57kg 4- 3- 1-20/28 14.3% 25.0% 28.6% 70 88 130.7
57.5~59kg 2- 1- 1- 6/10 20.0% 30.0% 40.0% 76 99 150.0
--------------------------------------------------------------------------
⇒低斤量馬が来なくなる

■おまけ(ペース共通)
◆枠番別集計
集計期間:2004. 2. 8 ~ 2013. 1.27
-----------------------------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-----------------------------------------------------------------
1枠 1- 0- 1-18/20 5.0% 5.0% 10.0% 32 34 97.9
2枠 1- 3- 0-16/20 5.0% 20.0% 20.0% 27 54 55.1
3枠 0- 1- 2-17/20 0.0% 5.0% 15.0% 0 89 0.0
4枠 3- 1- 2-14/20 15.0% 20.0% 30.0% 79 98 132.8
5枠 1- 0- 2-17/20 5.0% 5.0% 15.0% 11 129 52.5
6枠 4- 2- 0-14/20 20.0% 30.0% 30.0% 148 85 227.4
7枠 0- 2- 1-17/20 0.0% 10.0% 15.0% 0 78 0.0
8枠 0- 1- 2-17/20 0.0% 5.0% 15.0% 0 47 0.0
-----------------------------------------------------------------
⇒大外は×。内過ぎてもあんまり良くない。
 中枠有利って感じですかね。


■まとめ
・前半速めなら5・6歳、差し馬、軽ハンデ
・前半緩めなら5>6>4歳、先行馬、
重ハンデ(実績馬)


というわけで、割とペースによって分かりやすい傾向がある
レースだと言えると思います。ありがちな傾向ですけどね。
ただ、京都芝1200なので、話はそう単純には行きません。
以前調査したとこと、中山芝1200の展開予想は割とシンプルで、
前走逃げ先行馬の頭数と相関が高かったのですが、
京都芝1200の場合は、あまり逃げ先行馬の頭数とペースに
相関がありませんでした

今年も面子的に結構難しそうな気がしています。
鍵となるのはやはり前走逃げたレディオブオペラでしょうか。
この馬、近4走は全て京都芝1200を走っていますが、
自ら逃げたり、番手で逃げ馬を突っついたりして、
全てのレースの前半が33秒台となっています。

これを素直に捉えれば、今回も前半は速め。
当記事で言えば①の展開になるでしょうか。

1週間あるので、ゆっくりじっくり予想していきたいと思います。
[ 2014/01/26 19:33 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:長篠ステークス

■展開
アンバルブライベンの外からルチャドルアスールが突っかけ、
2頭が速めのペースで引っ張る展開。前3Fは33.8となりました。
直線に入ると、アンバルブライベンは力尽きるも、
そこそこ先行勢が粘る展開。
それを外からワキノブレイブが力強く差し切り、
連勝でオープン入りを決めました。
タイムは1:08.8(33.8-35.0)。
予想が1:08.5(33.8-34.5)ですから、
ペースは予想通りだが、全体タイムが思ったほど
速くならなかった、という感じです。

■レースレベルへの疑問
1:08.8は、前日の500万条件と同タイム。
これをどう捉えればいいでしょうか。

土曜から日曜にかけて雨が降ったりということはなく、
大幅な馬場の悪化は考えにくいです。
ただ、各処の馬場指数を見ていると、
若干土曜より日曜の方が馬場レベルが悪くなっていたようです。

一方で、長篠Sの方が前半が速く締まったペースになっており、
その割にはタイムが縮んでいないな、という印象もあります。

以上のことから、一概には言えないものの
本レースのレベルについては低く評価せざるを得ないと考えています。

■各馬ピックアップ
ワキノブレイブは予想通りの激走。
やはりこの時期の4歳馬は走りますね。
レース自体のレベルが低そうであること、1キロもらいであること、
などから、次走以降については様子を見るべきだと思います。

アルマリンピアは、同クラスの芝1400での好走がありましたが、
芝1200への対応に疑問を感じで無印としていました。
ショウナンマハを評価しておきながら、当馬を評価しないのは
いまいち一貫性がなかったですね。反省です。

ロンドは休み明けを嫌ったんですが、
しっかり走られてしまいました。

ミッドナイトクロスは、位置取りが後方すぎたこともありますが、
直線入ってからもほとんど伸びず。
左回りが合わなかったのか、六甲アイランドSのレベルも
低かったのか…原因不明です。

アンバルブライベンは、直線で早々に力尽きてしまいました。
とはいえ、この馬のテンの速さは、他の競馬場で生きるはず。
今のところ坂のない競馬場での好走が目立つので、
京都コースあたりに出走してきたら注目したいと思います。
坂次第ですが、中山も合うような気がしますけどね。

■結果(第3回)
1着:ワキノブレイブ(◎)
2着:アルマリンピア
3着:ロンド

7着:ニシノビークイック(▲)
8着:ミッドナイトクロス(〇)
17着:ショウナンマハ(△)

■回収率(3回消化)
◎○▲△馬連BOX:17%
◎単勝(参考):433%

昨年単勝の的中率が破滅的に低かったので、
今年から単勝を買うのをやめたんですが、完全に裏目に出たようです。
ともあれ、1月の短距離戦は4歳馬狙い、というのが
ハマったようで良かったです。
[ 2014/01/23 22:21 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

淀短距離Sと北九州記念

※長篠ステークスの回顧記事ですが、途中まで書いてたのを
 紛失してしまったので公開が遅れています。すいません。

レディオブオペラの圧勝に終わった淀短距離ステークスですが、
改めて結果を見ていたら気づいたことがあったので、
少し考えてみたいと思います。

1着:レディオブオペラ
2着:エピセアローム(2012北九州記念3着)
3着:ローガンサファイア(2013北九州記念4着)
4着:ニンジャ(2013北九州記念2着)

レディオブオペラを除けば、北九州記念で好走歴のある馬が
上位に
入っています。
エピセアロームは単純に実力馬なので、複数重賞で上位に来るのは
当然なのかもしれませんが、ローガンサファイアやニンジャは
成績にムラのある馬。
何か共通点があるんじゃないかと疑いたくなってしまいます。

ラップを載せてみます。
12.1 - 10.8 - 10.9 - 11.0 - 11.1 - 11.5 :淀短距離
11.6 - 10.0 - 10.6 - 11.1 - 11.5 - 11.9 :2013北九州記念
11.6 - 10.1 - 10.5 - 11.3 - 11.6 - 11.8 :2012北九州記念
淀短と北九州記念

2012年・2013年の北九州記念はかなり似通ったラップとなっています。
この2レースがあまりにも似ているだけに、
淀短距離ステークスが異質に見えてしまいますね。

淀短距離ステークスにて比較をしてみましょう。
淀短
これをどう分析するか、となると人によって色々かと思いますが、
今年の淀短距離ステークスは、後半加速が入らない消耗戦だったことが
特徴のひとつだと言えると思います。
そして、これは北九州記念の特徴でもあります。

短絡的なまとめで恐縮ですが、
京都・小倉という坂のない平坦コース
     ×
後半加速が入らない消耗戦
というのが、今回ローガンサファイアとニンジャが好走した
要因ではないか、という仮説が立てられます。

次走以降、上記の展開が予想できるレースがあれば、
今回の上位馬を狙ってみたいと思います。
[ 2014/01/22 19:13 ] 競馬随想 | TB(0) | CM(0)

予想:長篠ステークス ②

長篠ステークス予想のまとめです。

■タイム・ペース
土曜の中京8レースは芝1200でしたが、
1:08.8という500万にしては速い時計での決着となりました。
長篠Sは1600万条件ということに加え、逃げ・先行馬が数頭いるので、
比較的速いペースになると見ています。
1:08.3(33.8-34.5)ぐらいのタイムを予想しておきます。

また、土曜の中京8レースは先行内枠での決着という結果になりました。
 馬番:①⇒⑥⇒③
 4角:5⇒2⇒4番手
 人気:7⇒1⇒9
これ、前回のエントリでまとめた「差し追込み有利」の条件から
外れています。ちょっと不安になってしまいますよね。
そこで、クラス別の成績を比較してみます。
◆脚質上り別集計(1600万・オープン)
集計期間:2012.12. 2 ~ 2013.12. 8
---------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
逃げ 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
先行 0- 0- 3-15/18 0.0% 0.0% 16.7% 0 61 0.0
中団 3- 4- 1-28/36 8.3% 19.4% 22.2% 57 71 87.1
後方 3- 0- 1-16/20 15.0% 15.0% 20.0% 59 55 189.5
---------------------------------------------------------------------
◆脚質上り別集計(未勝利・500万)
集計期間:2012. 3.10 ~ 2013.12.15
--------------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
--------------------------------------------------------------------------
逃げ 1- 1- 0- 11/ 13 7.7% 15.4% 15.4% 250 97 130.6
先行 0- 3- 8- 36/ 47 0.0% 6.4% 23.4% 0 73 0.0
中団 10- 7- 3- 79/ 99 10.1% 17.2% 20.2% 203 100 155.6
後方 2- 2- 2- 67/ 73 2.7% 5.5% 8.2% 36 43 46.6
--------------------------------------------------------------------------
ご覧のとおり、クラスが低い場合は逃げ先行馬でも馬券になり、
追込み馬が不利な結果となっていますが、
上位クラスだと前の馬がかなり不利な状態となっています。
明日の長篠ステークスでは、思い切って前の馬をバッサリ切りたいと
考えています。

■年齢別実績
サンライズステークスの回顧記事の際に触れましたが、
1月は4歳馬が1キロ斤量が軽いため、好成績となっています。※
◆年齢別集計(芝1200・1600万・1月
集計期間:2011. 1.15 ~ 2014. 1. 6
------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
4歳 4- 2- 1-14/21 19.0% 28.6% 33.3% 138 105
5歳 1- 2- 4-17/24 4.2% 12.5% 29.2% 22 80
6歳 0- 1- 1-22/24 0.0% 4.2% 8.3% 0 17
7歳以上 1- 1- 0-23/25 4.0% 8.0% 8.0% 108 54
------------------------------------------------------------
さらに、前走勝ち馬だと成績がさらに跳ね上がります。
◆前走着順別集計
年齢:4歳
集計期間:2011. 1.15 ~ 2014. 1. 6
-----------------------------------------------------------------------
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-----------------------------------------------------------------------
前走1着 3- 2- 1- 4/10 30.0% 50.0% 60.0% 137 162 163.4
前走2着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
前走3着 0- 0- 0- 0/ 0
前走4着 0- 0- 0- 0/ 0
前走5着 0- 0- 0- 0/ 0
前走6~9着 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
前走10着~ 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
-----------------------------------------------------------------------
今回の4歳馬はエイシンラトゥナ、ルミナスウイング、ワキノブレイブ。
さらに、前走勝っているのはワキノブレイブです。

■予想(第3回)
◎ワキノブレイブ
〇ミッドナイトクロス
▲ニシノビークイック
△ショウナンマハ

4歳で前走勝っているワキノブレイブを素直に本命に。
前走のレベルがイマイチな気がしますが、
サンライズSでもそう言っておいて、1・2着が4歳でしたからね。

前走1600万条件で手堅く差し込んで3着のミッドナイトクロスが対抗。
7歳というところだけが不安ですが、馬は力があると思います。

同条件の勝利実績があるニシノビークイックは、
近走イマイチですが、外せないと思います。
最後に、マイル戦で好走経験のあるショウナンマハをヒモで。
前残りが怖いようであれば、アンバルブライベンにも印を
回したくなりますが、今回は逃げ先行馬はバッサリいきます。

あと2ヶ月ほどに迫った高松宮記念の考察を進める意味でも、
注目のレース。いいレースになることを期待します。

※例によって『晴れたらいいね!-競馬日記-』さんの受け売りです…
[ 2014/01/19 00:51 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:長篠ステークス ①

今週は長篠ステークスを予想していきます。

本日出馬表が発表になったんですが、特別登録時点で有力そうだった馬が
ことごとく抽選に漏れてしまい、非常に低調なメンバーになってしまいました。
予想には苦労しそうな予感。
とにかくがんばっていきたいと思います。

■中京芝1200
後で「コース別攻略」で詳しくまとめたいとは思いますが、
中京芝1200のコースについて簡単にデータを見ていきます。

2012.1~1600万・オープンの成績
◆脚質上り別集計
集計期間:2012.12. 2 ~ 2013.12. 8
---------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
逃げ 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
先行 0- 0- 3-15/18 0.0% 0.0% 16.7% 0 61 0.0
中団 3- 4- 1-28/36 8.3% 19.4% 22.2% 57 71 87.1
後方 3- 0- 1-16/20 15.0% 15.0% 20.0% 59 55 189.5
---------------------------------------------------------------------
中京芝1200はこのデータに尽きると言ってもいいのかもしれません。
他の芝1200とは全く異なる傾向が出ています。
とにかく差し馬ばっかりが馬券になっており、
逃げ・先行馬の好走がほとんどありません

直線が長いこと・急坂があること・
コーナーがバンクで後方からの馬がスムーズにコーナリングできること
など色々要因が考えられますが、非常に特徴的です。

ここでは取り上げなかった重賞のレースでは、
ハクサンムーンが逃げて好成績を残していますが、
基本的には逃げ・先行馬を軽視していきたいと思います。

◆枠番別集計
集計期間:2012.12. 2 ~ 2013.12. 8
-----------------------------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-----------------------------------------------------------------
1枠 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5% 93 32 122.3
2枠 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5% 0 35 0.0
3枠 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0 33 0.0
4枠 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 113 81 227.6
5枠 1- 0- 3- 6/10 10.0% 10.0% 40.0% 24 146 98.8
6枠 1- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0% 47 20 137.5
7枠 1- 1- 0-10/12 8.3% 16.7% 16.7% 24 45 132.4
8枠 1- 1- 2- 9/13 7.7% 15.4% 30.8% 36 79 126.4
-----------------------------------------------------------------
これも特徴的なデータ。
外枠もバンバン馬券になっています
これもコーナーのバンクのおかげなんでしょうかね。

まとめ
中京芝1200は…
・差し追込み有利
・外枠も買える


■実績比較
最後に、今回の出走馬の実績を簡単に比較してみました。
あとは枠順が出てから細かく分析していきたいと思います。
2014長篠S実績比較


[ 2014/01/16 23:36 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:淀短距離ステークス

■展開
内枠でスタート良く飛び出したレディオブオペラがハナを奪うと、
他の先行馬は早々に諦めてしまいますが、前半は33.8とやや速めのペース。
これでは外の馬は競りかけることができなかったでしょうね。
直線に入ってもレディオブオペラの勢いは衰えることなく、
後続をどんどん突き放していきます。
内からエピセアロームとローガンサファイアが追いかけますが、
全く差は縮まらず。
レディオブオペラが見事圧勝でオープン戦を制しました。

タイムは1:07.4(33.8-33.6)とかなりの好タイムでした。
ちなみに予想は1:07.8(33.8-34.0)でした。
前半3ハロンのペースは当りましたが、思った以上に速かったですね。

■結果(第2回)
1着:レディオブオペラ(◎)
2着:エピセアローム(〇)
3着:ローガンサファイア

8着:メイショウデイム(▲)
12着:メモリアルイヤー(△)

今回はガチガチだったので馬連は無事GET。
当てて当然という感じなのかもしれませんが。

■回収率(2回消化)
◎○▲△馬連BOX:25%
◎単勝(参考):85%
馬連のオッズが3.0倍だったので、馬連BOX均等買いだと
残念ながらガミってしまいましたね。

■所感
レディオブオペラが圧勝しましたが、
この結果はどの程度のものだったのでしょうか。
少し比較をしてみたいと思います。

当日の馬場指数はnetkeiba.comによると-3。
同程度のタイムのレース、同程度の馬場指数のレースをピックアップすると
↓のような感じです。
・2013京阪杯G3 1:07.5(-11)アースソニック
・2013オパールS 1:07.9(-11)エピセアローム
・2011京阪杯G3 1:08.1(-3)ロードカナロア
昨年から京都の馬場は総じて高速の状態が続き、
年明け5日6日もそこそこ速い状態でした。
しかし、11~13日はそこまで速い馬場ではなかった印象です。
(なので、週前半では1:07.5と予想したタイムを1:07.8に変えたのでした)

そんな中、昨秋のG3のタイムを超えたということは、
かなりすごいことだと思います。
また、あくまで参考にしかなりませんが、あのロードカナロアが
同レベルの馬場で3歳秋に出したタイムを余裕で超えています。
このレースは前半3F34.6のスローだったこともありますが。

印象論も入ってきてしまいますが、同時期のロードカナロアと
同レベルには来ていると言えるんじゃないか
と考えています。
カナロアの場合、ここからさらに成長を遂げていったわけですが、
レディオブオペラにもさらに成長していってほしいと思います。
牝馬にしてはかなり恵まれた馬格がありますし、
今後も非常に楽しみですよね。

さて、今回のラップは↓の通り。
12.1 - 10.8 - 10.9 - 11.0 - 11.1 - 11.5
ちょっと思い出すレースがあったので、比較してみましょう。
2014淀短⇔セントウル
12.1 - 10.8 - 10.9 - 11.0 - 11.1 - 11.5
12.0 - 10.9 - 10.9 - 11.0 - 10.9 - 11.8

ハクサンムーンがロードカナロアを破った2013年セントウルステークス。
3F目と4F目が全く一緒です。
セントウルSでは、5F目に微妙な加速が入っている点が異なりますが、
共通点は、約11.0程度のラップを正確かつマイペースに刻み続けている点。
これは馬の能力もさることながら、鞍上との呼吸もあっているということ
だと思います。

高松宮記念まで残り2ヶ月。

ロードカナロアという絶対王者がいなくなった芝短距離界に
新たなエース候補が誕生し、俄然盛り上がってきました。

このあとシルクロードSや阪急杯、オーシャンSでどう勢力図が動いていくか。
楽しみながら見守っていきたいと思います。
[ 2014/01/15 21:29 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:淀短距離ステークス ②

■展開予想
今日の京都9Rは4歳上1000万の芝1200戦。
これが35.6-33.8というドスローで、
完全に前残りの決着となりました。

時計も予想より少し遅め。まぁドスローなのでなんとも言えないんですが。
明日のタイムも少し遅めの予想にしておきましょうかね。
予想タイム:1:07.8(33.8-34.0)としておきます。

例年逃げ先行に有利な結果になっているレースであり、
騎手もそれを承知でガンガン先手を奪いに行く印象。
ちょっとだけハイペースになるのではないかと予想します。
それでも逃げ・先行で決まるんじゃないでしょうか。

■推定前半3ハロン
例によって、ある程度前で競馬できそうな馬に絞って
推定前半3ハロンを試算してみました。
 ※芝1200戦の実績が無い馬は計算できていません。
2014淀短推定3F

逃げ馬はメモリアルイヤーだと見ます。
大外を引いてしまいましたが、テンのスピードでは最上位。
内の逃げ馬候補はクイーンズバーンやティアップゴールドなど距離短縮組が
多く、外からなんとか被せていけるんじゃないでしょうか。

また、レディオブオペラもスピードがありますが、
前走で、抜け出すとフワッとする癖が課題視されていたので、
できるだけハナは切らずに競馬を行うと思います。
メモリアルイヤーがスムーズに外から先手を奪うことができれば
上記の「ややハイペース」になる見込み。
こうなると、「逃げ切りは難しいが、前の馬しか馬券にならない」
状態になるのではないかと思います。

逆に、誰も主張せずにスローになってしまうと、
隊列が短くなり、速い上りを使えた馬が上位を賑わす展開になるかと。

■予想(第2回)
◎レディオブオペラ
〇エピセアローム
▲メイショウデイム
△メモリアルイヤー

スプリント界の時期エース候補、◎レディオブオペラが高らかに
勝ち名乗りを上げると予想。
3連勝中ですが、まだまだ底を見せていない様子であり、
G1まではこの調子でガンガンいって欲しいですね。
続いて実績最上位の〇エピセアロームに印を。
▲メイショウデイムは昨年このレースで2着になっているように、
京都芝1200は得意条件、しかもどうも冬馬っぽいんですよね。
◆月別集計
集計期間:2009. 8.22 ~ 2013.12. 8
---------------------------------------------------------------------
月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
1月 0- 2- 1- 2/ 5 0.0% 40.0% 60.0% 0 246 0.0
2月 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7% 223 93 269.2
---------------------------------------------------------------------
最期に逃げ馬候補△メモリアルイヤーに申し訳程度に
印を回して予想終了です。

G1につながるいいレースを期待したいですね。
[ 2014/01/12 23:31 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

レディオブオペラ 新たな伝説の始まり?



今週の「淀短距離ステークス」に注目馬レディオブオペラが出走します。
昨年、芝短距離界の絶対王者ロードカナロアが引退し、G1馬が不在の状況。
次なる王者はどの馬になるのか、群雄割拠の時代に突入したと思います。

実績で言えばややハクサンムーンが抜けている状況でしょうか。
ドリームバレンチノはダートに主戦場を移し、
サンカルロやダッシャーゴーゴーも高齢になってきています。
4歳あたりの若い世代から、次期エース候補に出てきてほしいところです。

そんな中注目しているのが、このレディオブオペラ。
昨年8月にデビューし、6戦4勝2着1回3着1回と複勝圏を外していません。
思わずロードカナロアの快進撃と重ねあわせたくなりますね。

まだ明け4歳なので、今後の成長の余地もあると思いますが、
ひとまず現段階でどれほどの力があるのか簡単に見ていきたいと思います。
最新のレースである醍醐ステークスと、
同時期のレースである京阪杯のラップを比較してみました。
京阪杯と醍醐S比較
京阪杯:1:07.5(34.1-33.4)
醍醐S:1:07.9(33.7-34.2)
 ※レディオブオペラ(34.2-33.7)

京阪杯は1~3番手の馬がそのままゴールしたので、
ほぼ勝ち馬(集団)のラップです。
一方で醍醐ステークスはメイショウイザヨイがややハイペースで逃げ、
それを直線でレディオブオペラが交す、という展開でした。
同一週の土・日の開催だったこともあり、馬場はほぼ同レベルだったようです。

京阪杯の方が0.4秒早くなっています。
ただし、これはアイラブリリ、アースソニックがびっしり追い比べをした結果。
直線に入ってすぐに逃げ馬を交わしたレディオブオペラとは状況が異なります。
また、どうもレディオブオペラは精神的に幼い面があるらしく、
直線に入ってからソラを使っているようにも見受けられます。
真面目に走れば、もう少し詰められそうですかね。

 ↓↓藤田騎手のコメント
 1着 レディオブオペラ 藤田伸二騎手
 「1頭になるとモタれるところがありますが、
  それだけまだ余裕があるということでしょう。
  1分7秒台で走れば十分でしょうし、
  まっすぐ走れればもっと時計は詰まると思います」


個人的に、淀短距離ステークスを勝つ力は現時点でも十分に持っていると
考えています。
その先はまだ分かりませんが、日本芝短距離界のためにも
大きく羽ばたいてほしいな、と考えています。

そういえば…前回取り上げたエーシントップ
いつの間にかダート馬になってしまいましたね。
このブログはもしかしたら縁起が悪いのかもしれません(苦笑)
[ 2014/01/11 12:24 ] 注目馬 | TB(0) | CM(0)

予想:淀短距離ステークス ①

今週は京都競馬場にて「淀短距離ステークス」が行われます。
スプリント好きにとっては1年の始まりを告げるレースという印象。
ビシッと当てたいところですね。

■タイム(馬場)
先週からAコースで始まった京都開催ですが、
かなり速い時計が出ているようです。
タイム比較をすると、どうやら秋開催のやや速めの馬場と同程度。
ちょうど11月23日の京阪杯ぐらいの馬場・タイムになりそうです。
なので1:07.5程度と予想しておきます。
結構速いですね。
12年のエーシンダックマン、10年のエイシンタイガーのレースを
イメージするといいのかもしれません。

■ラップ
今回のペースがどうなるか予想するために、
前回中山で行った「前走逃げ馬から3番手までの馬の頭数」を使った
予想法を試してみようと思ったのですが、
京都では相関係数が0.45程度(中山は6弱)と、
かなり相関が低いことが判明してしまいました。
京都ペース想定
※横軸は前半3ハロンタイムを後半3ハロンタイムで割った指数。
 縦軸は(前走逃げ馬の頭数+1)×(前走1~3番手馬の頭数)。

京都芝1200は、スタートしてから登りが待っているコース。
基本的にスローペース、後傾ラップになり易いコースだと言えます。
そのため、逃げ馬が固まろうが、スローになるときはスローになるので、
このような結果になっているのだと思われます。

なので出走馬の脚質からのペースの予想はなかなか難しい状態。
開き直って、平均ペースを前提にして予想してしまうのもアリかもしれません。
 後傾前提:34.0-33.5
 前傾前提:33.5-34.0
みたいな感じですかね。

最終予想までにもう少し深めていきたいと思います。

■実績整理
おまけで、簡単に出走馬の実績を整理してみました。
2014淀短距離実績比較
※1年以内で、当該クラスで0.3秒以内を「好走」と判断

今回は、かなり出走馬に偏りがある印象を持っています。
スプリンターズステークス4着のエピセアローム、
破竹の3連勝中のレディオブオペラが抜けている感じ。

第3、第4の馬はどう選ぶか…じっくり考えたいと思います。
[ 2014/01/09 23:15 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:サンライズステークス

■展開
逃げたのはポアゾンブラック。推定前半3ハロンの通りでした。
続いて外からコウヨウアレス、内からルリニガナ。
前半3F33.6という、ややハイペースとなりました。

直線に入ると先団後ろにつけていたスマートオリオンが伸びてきますが、
さらに内からレオンビスティーが鋭く突き抜けて勝利!
めでたく再オープン入りを決めました。

タイムは予想通りの1:08.5(33.6-34.9)。
ややハイペースというのも想定通りでした。
前々回のエントリでの「前走逃げ馬の頭数」「前走1~3番手馬の頭数」を
利用したペース予想も、順調な滑り出しです。

ただ…馬券だけは全然ダメでした。

■結果(第1回)
1着:レオンビスティー(▲)
2着:スマートオリオン
3着:ポワゾンブラック

12着:コウヨウアレス(○)
13着:ジャーエスペランサ(◎)
16着:ルリニガナ(△)

そういえば予想記事ではこんな感じでした。
>スマートオリオンは当コース実績のない横山和生騎手で、
>レオンビスティーとの直接対決でも(多少不利がありましたが)
>負けているので。
>ポワゾンブラックは実績こそ最上位ですが、休み明けなので割引き。

…このあたりが裏目に出てしまいましたね。
 よく読んでいるブログに書いてあったのを後から見つけたんですが、
 この時期の4歳馬は1キロ減であり、
 前走のレベルが疑問でも軽視は危険でした。
 また、ポアゾンブラックも休み明けとはいえ出来は良好だった模様。
 今日は勤務日だったので前日買いしたので、このあたりの対応は難しいです。

コウヨウアレスはやはり外枠が響いたと考えるのが妥当でしょう。
予想記事でも書きましたが、圧倒的に外枠不利のようなので。
次走人気を落としていたら、逆に狙い目です。
ジャーエスペランサは内枠ということもあり、前に出していき
結果的に切れ味が削がれた印象。
これは三浦騎手の積極的な騎乗だと思うので、仕方ないと考えています。
ルリニガナはもうなんか全然ダメでしたね。
近走不調の馬なんて買うんじゃなかった…と心から思いました。

■回収率(1回消化)
◎○▲△馬連BOX:0%
◎単勝(参考):0%

※教訓
其の壱:中山芝1200は枠が最重要!(内枠有利外枠不利)
其の弐:1キロ軽い明け4歳馬は買い!
其の参:欲ボケで不調の馬に印を回すな!


※「晴れたらいいね!-競馬日記-」さん。毎回鋭い予想をされています。
[ 2014/01/06 20:34 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:サンライズステークス

ついに2014年の中央競馬がスタートしました。

芝短距離戦の予想を中心に行っていく当ブログ、
新年1発目は中山芝1200準オープン戦
「サンライズステークス」を予想していきます。

前回のエントリにて、展開をそこそこのハイペースと予想しました。

また、今日のタイムを見ると、12月の馬場とそこまで変わっていない模様。
昨年12月の市川ステークスと同様のタイム(1:08.5程度)になるでしょうか。

中山芝1200、準OP~OP、タイム1:08.0~1:09.0、前3F~33.6
◆脚質上り別集計
集計期間:2008. 1.27 ~ 2013.12. 1
--------------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
--------------------------------------------------------------------------
逃げ 1- 0- 2- 8/ 11 9.1% 9.1% 27.3% 65 90 182.6
先行 5- 4- 3- 26/ 38 13.2% 23.7% 31.6% 50 61 102.2
中団 4- 4- 4- 56/ 68 5.9% 11.8% 17.6% 54 74 78.1
後方 1- 3- 2- 53/ 59 1.7% 6.8% 10.2% 56 49 31.4
--------------------------------------------------------------------------
⇒ハイペースといっても先行馬有利。
 ただし差し馬にも1頭は印を回したいところ。

◆枠番別集計
集計期間:2008. 1.27 ~ 2013.12. 1
------------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
------------------------------------------------------------
0- 7- 1-14/22 0.0% 31.8% 36.4% 0 111 0.0
3- 0- 3-16/22 13.6% 13.6% 27.3% 131 80 170.7
2- 3- 0-17/22 9.1% 22.7% 22.7% 32 57 87.9
1- 0- 1-20/22 4.5% 4.5% 9.1% 12 13 59.6
0- 1- 4-17/22 0.0% 4.5% 22.7% 0 128 0.0
2- 0- 2-18/22 9.1% 9.1% 18.2% 38 64 128.1
2- 0- 0-20/22 9.1% 9.1% 9.1% 190 47 185.8
1- 0- 0-21/22 4.5% 4.5% 4.5% 32 8 73.3
------------------------------------------------------------
⇒かなり内枠有利。今回は外枠にけっこう人気馬がいるので注意ですね。
 

あとは今回の推定前半3ハロンの省略版。
先行しそうな馬に限定して試算してみました。
201401サンライズ推定3f

この数字的にはポアゾンブラックとルリニガナが優秀。
ポアゾンは休み明け、ルリニガナは近走不調ですが、
この2頭のどちらかがハナを切るのではないかと予想。

■予想(第1回)
ちょっと雑多な予想ですが、早速まとめていきます。

◎ジャーエスペランサ
〇コウヨウアレス
▲レオンビスティー
△ルリニガナ

前走の市川ステークスはハイペースのレベルが高いレース。
ハイペースを中段から…と展開が向いた可能性もありますが、
最内枠と実績を重視して本命に。

同レースを先団で粘り、強い競馬をしたコウヨウアレスを対抗に。
本当はこの馬本命でいこうと思っていたんですが、生憎の外枠。

前走1000万条件組からはレオンビスティーを評価。
あと、上手く先行できれば、という条件付きでルリニガナを。
まぁ、今年から4頭の馬連BOXにしたので印の強弱にあまり意味はないんですけどね。

スマートオリオンは当コース実績のない横山和生騎手で、
レオンビスティーとの直接対決でも(多少不利がありましたが)
負けているので。
ポワゾンブラックは実績こそ最上位ですが、休み明けなので割引き。
[ 2014/01/05 21:02 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

ペース判断の指数

昨年の反省点のひとつに「ペース判断誤り」があります。

ハイペースの予想がスローだった。あるいはその逆など。
なかなか上手く展開の予想ができません。
思うに、スプリント戦の場合はちょっとした騎手の心理等に左右され易いため、
「ペースの正確な予想」というのはどうしても難しくなってしまいます。

とはいえ、レースの予想においては何かしらの根拠の元に
ペースや展開の予想をしていかなければなりません。
では、どうすればいいか?

良く言われているのは「逃げ・先行馬の頭数」です。

今週の対象レースはサンライズステークス(中山芝1200・準OP)なので、
中山芝1200の準OP~OPレースを対象に、データを取ってみました。
さらに、前走逃げ馬・前走逃げ先行馬の頭数との相関をとってみました。
中山芝1200先行馬頭数と前傾係数との相関

・対象レースは2008~2013の良馬場のレース。
・横軸は前半3ハロンを後半3ハロンで割った「ペース係数」
 (数字の小さい方がハイペース)
・縦軸は、上から
 1.前走逃げ馬の頭数
 2.前走1~3番手馬の頭数
 3.(前走逃げ馬の頭数+1)×(前走1~3番手馬の頭数)

・・・3つめは少し捻ってみました。
というのも、前走逃げ馬や先行馬の頭数だけでは相関が低く
(0.2~0.4)
逃げ馬と先行馬の頭数を総合したような数値が影響していそうだったからです。
3番目のグラフだと相関が0.6弱まで上がります。

もう少し改善の余地はありそうですが、しばらく使ってみる価値はありそうです。

「逃げ先行馬の頭数が多いとハイペース」
とはよく言われていることですが、これを数字で表すとこんな感じです。

「(前走逃げ馬の頭数+1)×(前走1~3番手馬の頭数)が
 8以上だとハイペースになる確率が高い」


うーーーーん・・・すごく微妙な定義ではありますが、
しばらくペース予想に使ってみたいと思います。


さて、今週のサンライズステークスでは、というと…
①前走逃げ馬の頭数   :4頭1頭
②前走1~3番手馬の頭数:10頭5頭
 ⇒(①+1)×②=10

今回の定義で言うと、かなりのけっこうなハイペースが予想されます。
本当に効果を発揮するかどうか、レースを楽しみにしたいと思います。

当ブログのルールについてⅡ

あけましておめでとうございます!!

2013年は悲しいまでの低回収率に終わった当ブログ。
今年は雪辱を晴らすため、少しルールを変えたいと思います。

まず昨年の分析結果より猛省すべきは
「軸馬選択の下手さ」

これには本当に絶望しました。
昨年単勝および馬連の軸で当った軸馬は
ロードカナロアをはじめとした断然1番人気馬のみ。

どうも分析していくと、以下の2点で軸馬を外してしまっているようです。
・欲ボケにより低人気馬を軸にしたくなる
・展開予想に重きを置きすぎ、展開有利想定馬を軸にしている
 (大抵逃げ馬)
このあたりを補正するために、ルールを以下の通り変更することにしました。

<G.D.S.ルール>
①毎週短距離戦を1R選び予想する
②印は◎○▲△の4頭◎○▲△☆の5頭
③☆は適正や格に関係なく単純に調教内容で選んだ「調教枠」とする
③買目は◎〇▲△の馬連BOX◎の単勝、◎⇔○▲△☆の馬連とし、
 回顧記事にて回収率を合計していく
④「見(ケン)」あり。印を付ける代わりに「見」を宣言する

補足
※①選ぶレースは完全に任意です。とはいえ特別登録のあるレースのうち、最もクラスが高いものになると思います。特別登録のあるレースに短距離戦がなかった場合はお休みすることにします。
※②実質的に「軸馬を無くした」代わりに印を付ける馬を増やしました。
※③我ながら情けないですが、今年は「軸馬を指定せずにBOX買い」で勝負していきます。
※④ルール上は設けておきます。
[ 2014/01/01 20:27 ] ルール・FAQ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。