GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

予想:阪急杯 ①

さあ、いよいよ高松宮記念に向けた前哨戦が佳境に入ってきました。
今週は阪急杯、来週はオーシャンステークスです。
しっかり検討していきたいと思います。

まずは阪急杯の基本情報整理から。

■前走レース

◆前走レース名別集計
集計期間:2006. 2.26 ~ 2013. 2.24
ソート:着別度数順
-------------------------------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-------------------------------------------------------------------------
東京新聞G3 2- 1- 3-12/18 11.1% 16.7% 33.3% 50 60 91.4
阪神カッG2 2- 1- 3- 7/13 15.4% 23.1% 46.2% 85 166 127.9
シルクロHG3 2- 1- 0-16/19 10.5% 15.8% 15.8% 253 70 250.7
小倉大賞HG3 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5% 56 26 235.4
京阪杯G3 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 555 165 1040.3
香スプG1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 160 110 160.0
京都牝馬G3 0- 2- 1- 5/ 8 0.0% 25.0% 37.5% 0 140 0.0
京都金杯HG3 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3% 0 18 0.0
山城S1600 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 115 0.0
雲雀S1600 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 95 0.0
-------------------------------------------------------------------------
⇒東京新聞杯・阪神カップ・シルクロードが中心。

◆前走着順別集計
前走レース名:東京新聞G3
集計期間:2006. 2.26 ~ 2013. 2.24
-----------------------------------------------------------------------
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-----------------------------------------------------------------------
前走1着 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 153 106 127.6
前走2着 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 70 0.0
前走3着 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 220 95 324.8
前走4着 0- 0- 0- 0/ 0
前走5着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
前走6~9着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
前走10着~ 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2% 0 48 0.0
-----------------------------------------------------------------------
⇒上位馬中心だけど前走2ケタもぼちぼち(フラガラッハとローレルゲレイロ)

◆前走着順別集計
前走レース名:阪神カッG2
集計期間:2007. 2.25 ~ 2013. 2.24
-----------------------------------------------------------------------
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-----------------------------------------------------------------------
前走1着 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7% 0 100 0.0
前走2着 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0% 135 365 401.6
前走3着 0- 0- 0- 0/ 0
前走4着 0- 0- 0- 0/ 0
前走5着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
前走6~9着 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 280 73 509.2
前走10着~ 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 227 0.0
-----------------------------------------------------------------------
⇒基本的に連対。ほぼサンカルロ。6着以降はサンカルロとオリービン

◆前走着順別集計
前走レース名:シルクロHG3
集計期間:2006. 2.26 ~ 2013. 2.24
-----------------------------------------------------------------------
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-----------------------------------------------------------------------
前走1着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
前走2着 0- 0- 0- 0/ 0
前走3着 0- 0- 0- 0/ 0
前走4着 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 95 0.0
前走5着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
前走6~9着 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 145 42 252.0
前走10着~ 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5% 475 105 718.6
-----------------------------------------------------------------------
⇒むしろ負けてた方が良い。マジンプロスパーとブルーショットガン

■年齢
◆年齢別集計
集計期間:2006. 2.26 ~ 2013. 2.24
--------------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
--------------------------------------------------------------------------
4歳 1- 3- 5- 21/ 30 3.3% 13.3% 30.0% 15 109 34.2
5歳 6- 2- 1- 24/ 33 18.2% 24.2% 27.3% 121 59 173.4
6歳 0- 2- 2- 30/ 34 0.0% 5.9% 11.8% 0 18 0.0
7歳以上 2- 0- 0- 28/ 30 6.7% 6.7% 6.7% 135 33 190.5
--------------------------------------------------------------------------
⇒5歳が断然中心。

■枠番
◆枠番別集計
集計期間:2006. 2.26 ~ 2013. 2.24
-----------------------------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
-----------------------------------------------------------------
1枠 2- 3- 1- 9/15 13.3% 33.3% 40.0% 47 90 120.2
2枠 3- 2- 3- 8/16 18.8% 31.3% 50.0% 108 112 109.0

3枠 1- 0- 2-13/16 6.3% 6.3% 18.8% 28 105 107.0
4枠 0- 0- 0-16/16 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
5枠 1- 0- 0-15/16 6.3% 6.3% 6.3% 237 52 106.5
6枠 1- 0- 1-14/16 6.3% 6.3% 12.5% 63 27 91.5
7枠 0- 2- 0-14/16 0.0% 12.5% 12.5% 0 26 0.0
8枠 1- 0- 1-14/16 6.3% 6.3% 12.5% 52 23 80.0
-----------------------------------------------------------------
⇒外枠も無しじゃないけど内枠中心

■脚質
◆脚質上り別集計
集計期間:2006. 2.26 ~ 2013. 2.24
--------------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
--------------------------------------------------------------------------
逃げ 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0% 57 43 147.0
先行 3- 1- 3- 24/ 31 9.7% 12.9% 22.6% 83 71 98.5
中団 5- 4- 2- 33/ 44 11.4% 20.5% 25.0% 125 80 125.9
後方 0- 1- 3- 40/ 44 0.0% 2.3% 9.1% 0 17 0.0
--------------------------------------------------------------------------

リピーターレースの性格も強いですが、
条件的にも偏りがけっこうある感じですね。
スポンサーサイト
[ 2014/02/24 20:57 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

宮記念展望

今週はめぼしい芝短距離戦がないので、
レースの予想は行わない予定です。
それはそれでつまらないので、いよいよ来月に迫った高松宮記念について
現時点での状況を整理しておきたいと思います。

■高松宮記念過去10年の前走別実績
◆前走レース名別集計
集計期間:2004. 3.28 ~ 2013. 3.24
ソート:着別度数順
--------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
阪急杯G3 6- 5- 4-41/56 10.7% 19.6% 26.8%
オーシャG3 3- 0- 3-51/57 5.3% 5.3% 10.5%
シルクロHG3 1- 1- 3-14/19 5.3% 10.5% 26.3%
マイルチG1 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
中山記念G2 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
スプリンG1 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
阪神牝馬G2 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
--------------------------------------------------
ご覧の通り、宮記念の好走馬を輩出している前哨戦は、
ほぼ阪急杯、シルクロードステークス、オーシャンステークスに限られます。
その中でも、最も関連性が高いのが阪急杯となっています。
中3週というローテが丁度いいのでしょうか。

また、当ブログでも何度か指摘してきましたが、
阪神芝1400と中京芝1200は、特に重賞では共通の好走馬が多く見受けられます。
距離こそ違え、求められている適正が似通っていると考えられます。

■阪急杯出走予定馬と展望
というわけで「結局阪急杯が終わらないと展望なんてできねぇじゃねーか!」という声が聞こえてきそうですが、現時点で簡単に展望しておきたいと思います。
某サイトによると、現時点で出走を予定している馬は以下のような感じです。
ダノンシャーク
ガルボ
サンカルロ
コパノリチャード
グランプリボス
エピセアローム
カレンブラックヒル
マヤノリュウジン
パドトロワ

なかなか楽しみなメンツ。そして難解そうなメンツです。
基本的に、阪急杯はリピーターレース。
阪神カップなどの阪神芝1400重賞での良績がある馬を狙いたいところです。
さらに、宮記念での好走も期待するとなるとスプリンターズステークスなど、G1実績のある馬を重視したいですね。もしくは他の重賞でもしっかり好走している馬とか。
そういう意味では、グランプリボスあたりはちょっと楽しみ。
G1実績もあり、G2戦も複数かっており、スプリンターズステークスでは着順こそ7着でしたが0.3差に好走。阪神カップでも5歳時のサンカルロ(G1 2着の2走前)とハナ差の2着。格も適正も備えていそうです。
あとはスプリンターズ3着+コース実績のあるマヤノリュウジンあたりに期待。

ダノンシャークは正直言って芝1400特に阪神芝1400は未知数。
ガルボはコース巧者ですが、少々G1では頭打ち感がありますね。
サンカルロはさすがにそろそろ年齢的にキツそう。

とまぁこんな感じです。
あとは、もし出走すればですが、ラトルスネークも強そう。

■シルクロードステークス結果と注目馬
シルクロードステークスは、前も見たとおりストレイトガールが圧勝。
普通に考えて、宮記念でも有力かと。
レディオブオペラも楽しみではありますが、前走敗戦の影響が気になります。

■オーシャンステークス出走予定馬と展望
オーシャンステークスはハクサンムーンの1本被りの模様。
実力的にも順当に勝ってきそうな感じですね。
昨年の宮記念では3着に健闘し、3連系オッズをハネさせましたが、今年はどうなんでしょうか。オーシャンステークスからのローテは昨年と一緒ですが、本番で展開が向くかどうかが一番のポイントですね。

■その他重賞勝ち馬たち
過去10年の宮記念の連対馬が、同年・前年でどういったレースで好成績を納めていたかを見てみます。
◆レース名別集計
本レースより前の同年・前年全レース
集計期間:2003. 1.18 ~ 2013. 2.24
ソート:着別度数順
----------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
阪急杯G3 7- 2- 4- 5/18 38.9% 50.0% 72.2%
スプリンG1 4- 2- 2- 3/11 36.4% 54.5% 72.7%
シルクロHG3 4- 0- 2- 1/ 7 57.1% 57.1% 85.7%
阪神カッG2 3- 0- 0- 1/ 4 75.0% 75.0% 75.0%
オーシャG3 2- 1- 0- 2/ 5 40.0% 60.0% 60.0%
東京新聞G3 2- 1- 0- 1/ 4 50.0% 75.0% 75.0%
函館スプG3 2- 1- 0- 0/ 3 66.7% 100.0% 100.0%
キーンラG3 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7%
キャピタ 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%
高松宮記G1 1- 2- 2- 4/ 9 11.1% 33.3% 55.6%
----------------------------------------------------
これまで見てきた前哨戦の他では、やはりスプリントG1のスプリンターズステークスが重要そうです。
東京新聞杯・キャピタルSと府中マイルレースが入っている点も注目。
芝1200の重賞では、函館スプリントS、キーンランドカップに注目です。
逆に、北九州記念やCBC賞、アイビスSD、セントウルSあたりのサマースプリントシリーズは入ってきていません。

・スプリンターズステークス
ハクサンムーン(2着)、マヤノリュウジン(3着)

・函館スプリントS
パドトロワ

・キーンランドカップ
フォーエバーマーク
ストレイトガール(2着)


・・・とつらつら書いてきましたが、しっかり予習して宮記念を的中させたいですね。
[ 2014/02/18 22:17 ] 重賞予想 | TB(0) | CM(0)

降参:山城ステークス ②



それにしても、とんでもない雪ですね。

このブログは仙台から書いているんですが、
いつもは雪がほとんど積もらない仙台も、一面の雪景色。
明日はどこへも出掛けられそうにありません。
※写真は、近所のインドネシア人が見よう見まねで作った
 雪だるまモドキ。目は単3の乾電池で出来ています。
 
東京は明日開催できるんでしょうかね?

■ズブズブの追込み決着?

さて、今週の検討レース、山城ステークスですが、
もともと混戦模様に加え、馬場状態も読めず、
予想を上げるのは降参。ケンとしたいと思います。

以下、せっかく読んで下さった方向けに、
参考になるかもしれない事項をつらつらと…

馬場はおそらく重馬場となる見込み。
昨日のエントリで、何故かこの山城ステークスだけ
重馬場になりやすいと書きましたが、今年も継続しそうです。

そうなると、イメージしたいのは一昨年の当レースです。
--------------------------------------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S C 性齢 斤量 頭 人 着 距離 状 タイム 着差 -3F差 通過順
--------------------------------------------------------------------------------
120218 2京7 11R 山城S1600 アグネスウイッシュ 牡4 57 16 1 1 芝1200(B) 稍 1097 -0.3 1.1 14-15
120218 2京7 11R 山城S1600 ビスカヤ 牝6 55 16 14 2 芝1200(B) 稍 1100 0.3 0.8 12-11
120218 2京7 11R 山城S1600 スプラッシュエンド 牡6 57 16 10 3 芝1200(B) 稍 1100 0.3 1.0 14-13
--------------------------------------------------------------------------------
稍重で、かなり時計の掛かったこのレースは、
掲示板に載った馬全てが4角2ケタ番手という追込み決着。
今年も、こんな感じになったりするかもしれません。

さらに、今年は逃げたそうな馬がアンバルブライベン、シゲルアセロラ、テイエムタイホー、シャッセロールと複数頭います。乗ってる騎手も若め。先を争って意外と速いペースになったりしそうな気がしています。

追込み馬の狙いどきかもしれませんね。

個人的に、狙ったら面白そうなのはアグネスウイッシュ。
もともと高松宮記念でカレンチャンの0.4差と、
重賞でもいい勝負をしていた馬。
準オープン突破なんて簡単だろうと思っていましたが、
脚質が極端に後ろからであるため、なかなか勝てずにいつの間にか6歳となってしまいました。
後ろからの競馬がハマれば、チャンスがあるかもしれません。

こんなところで、今回はご勘弁下さい。



* * * レース後追記 * * *
アンバルブライベンがスムーズにハナに立ち、
早々に隊列が決まってしまい、常識的な流れになってしまいましたね。

アグネスウイッシュは最速の上りでしたが・・・無念です。
[ 2014/02/08 22:39 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:山城ステークス ①

気づけば週の後半。取りかかりが遅くなってしまいました。
今週は「山城ステークス」を予想していく…予定ですが、
準オープンらしく非常に混戦模様となっていますね。
加えて3場開催・府中の東京新聞杯に多くのジョッキーが出ており、
騎手の面から見ても、かなり薄めの面子になってしまっています。

さらに、大荒れの天気予報
どんな馬場になるか見当もつきません。

ケンするのも一つの手。無理やり手を出すのであれば
振り回した予想をして高配当を狙いたいなーと考えています。

さて、それに向けて、とっかかりとなるデータを見て行きましょう。

■山城Sは異質なレース?
過去データを以下の2つの視点で見ていくと、興味深いデータが見えてきます。
①通年での京都芝1200準オープン戦
②2月の京都芝1200準オープン戦(過去の本レース)

①通年での京都芝1200準オープン戦

◆脚質上り別集計
集計期間:2009. 1.18 ~ 2013. 5.11
--------------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
--------------------------------------------------------------------------
逃げ 4- 1- 1- 6/ 12 33.3% 41.7% 50.0% 592 360 416.4
先行 5- 8- 2- 29/ 44 11.4% 29.5% 34.1% 94 118 89.5
中団 1- 0- 5- 65/ 71 1.4% 1.4% 8.5% 5 38 18.7
後方 2- 3- 4- 50/ 59 3.4% 8.5% 15.3% 19 112 64.1
--------------------------------------------------------------------------
⇒超々々逃げ先行有利

②2月の京都芝1200準オープン戦(過去の本レース)
◆脚質上り別集計
集計期間:2009. 2. 7 ~ 2013. 2.16
---------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
---------------------------------------------------------------------
逃げ 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 352 0.0
先行 2- 3- 0-14/19 10.5% 26.3% 26.3% 51 126 89.0
中団 1- 0- 1-28/30 3.3% 3.3% 6.7% 12 19 47.8
後方 2- 2- 3-16/23 8.7% 17.4% 30.4% 50 238 127.8
---------------------------------------------------------------------
⇒逃げがバッサリと消え、先行と追込みという極端な結果に。


昨年の同レース検討でも分析したのですが、
「重馬場」か「暴走系逃げ馬(もしくは逃げ馬の暴走)」により、
京都にしては珍しく前傾の消耗戦になることが多い
のです。

季節的に芝の状態が悪くなりがち、というのは分からなくもないですが、
なぜか前半3ハロン33秒台の展開とかが多いんですよね。
開催時期によるものなんでしょうか?
深い理由はよく分かりませんが、一応気に留めておきたいと思います。

■狙えるレースパターン
簡単にデータを見てみましたが、極端な展開としては
以下の2パターンが考えられると思います。

Aパターン
・前残り(時計速い・前半緩い)

Bパターン
・前崩れ(時計遅い・前半速い)


今回がどちらになるのか・・・
大荒れの天気予報からBパターンの方が可能性が高そうですが。

次のエントリで出走馬の分析から展開に見通しを付けていきたいと思います。
[ 2014/02/07 19:37 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:シルクロードステークス

■展開
スタートはいまいちだったレディオブオペラでしたが、
内枠を活かし二の脚でハナに立ちました。
続いてマジンプロスパーが番手に付け、レオンビスティー、(珍しく)アフォードがその外。
レディオブオペラの直後にストレイトガール、さらにその後ろにリトルゲルダが付いて行きます。
プレイズエターナルは行き脚がつかず、中段後ろから。
サイレントソニックはもっと行き脚がつかず、最後方からとなりました。
前半3ハロンは34.1と、予想より若干緩め。
途中で藤田騎手が推すそぶりも見せていたので、
騎手から見ても、思ったほど進んでいかないという感じだったのかもしれません。

直線に入ると、レディオブオペラが後続を離しにかかりますが、
直後にいたストレイトガールが強烈な手ごたえで並びかけ
あっという間に交わし去り、そのまま突き放して初の重賞勝ち
レディオブオペラはラスト50mくらいで失速(して見え)。
それをリトルゲルダが猛追し、2頭がほぼ並んだところでゴールイン。
ました。

タイムは1:07.4(34.1-33.3)と若干後傾の展開となり、
予想1:07.8(33.8-34.0)とはかなり開きができてしまいました。
思ったほど雨の影響がなかったようですね。

■考察
本レース注目すべきは、まずストレイトガールの強さ。
そして圧倒的な人気だったレディオブオペラが負けたことでしょう。
この2点について、先月行われた「淀短距離S」と「シルクロードS」を比較しながら検討を加えていきたいと思います。

まず、両レースの行われた馬場ですが、
参考にしている馬場指数によると、ほぼ同レベルだと考えられます。
(もちろんAコースBコースの差があるので、
 全く同一というわけではないでしょうが、誤差の範囲だと考えます。)

また、内外の馬場バイアスにしてもそれほど差がないと思われます。
(若干内有利?同じく内枠先行馬が勝利)

以上のことから、淀短とシルクの勝ち馬は、
ほぼ同レベルだった、と判断できます

ですので淀短の時に触れた通り、芝短距離としてもかなりのハイレベル。
両レースを勝った両馬は現在芝短距離界のトップクラスにいると見てよいでしょう。

さらに今回勝ったストレイトガールは、既に多様な展開のレースで
好成績を残している
、という強みがあります。
・シルクロードS:34.1-33.3
・キーンランドS:34.9-36.8(2着)
・日刊スポ杯  :32.9-35.2

このように、後傾の瞬発戦、超絶重馬場、超ハイペースの消耗戦と色々こなしています。
ですので、「実力を備えたオールラウンダー」なのか
「能力で勝ててしまっている超実力馬」のどちらか

いずれにせよ、強いことに間違いはなく。
現時点で高松宮記念馬候補の筆頭に名乗りを上げたか、という印象です。

続いて、レディオブオペラ。
まず記しておくべきは▼14キロという体重減でしょう。
これまで馬体重を微増させながら4連勝を挙げてきた馬。
程度は分かりませんが、調整に問題があったことは確かでしょう。

先ほども触れましたが、今回は前半3ハロンが34.1という時計であり、
これまで安定して33秒台でペースを作ってきた馬としては緩めのペースになっています。
競りかける馬がいなかったこともありますが、スムーズに進んでいかなかったことを見ると調子の影響があったのかと思います。
そして上がりは33.7。これを、前回とそんなに変わってないと見るかテンが緩いのに末脚が伸びていないと見るか。
もちろん後者だと思いたいですが、「そもそも33秒台前半の末脚を出せないジリ脚タイプ」という可能性もなくはないですね。次走以降で、上りが極端に速くなりそうなときは気を付けておきたいと思います。

以上、つらつらと書いてきましたが、決して今回で2頭の勝負付けが済んだとは言えず、両馬の実力が拮抗している可能性もあります。ただし現時点では経験と実績でストレイトガールが一歩リードという感じですかね。今後いいライバル関係になれば盛り上がりますね。

その他に印を付けた馬では…
プレイズエターナルはスタートから出遅れ気味でジリジリ後方からの競馬。直線でも弾けず。ちょっとしばらく重賞では厳しいですかね。
サイレントソニックは最後方からの競馬となってしまいジ・エンド。上りは最速でしたが勝負になりませんでした。

■結果(第4回)
1着|ストレイトガール(▲)
2着|レディオブオペラ(◎)
3着|リトルゲルダ

6着|プレイズエターナル(○)
7着|サイレントソニック(△)

⇒馬連(380円)的中…

■回収率(4回消化)
◎○▲△馬連BOX|28%
◎単勝(参考)  |325%

今週は山城ステークスを予定しています。
[ 2014/02/04 21:37 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:シルクロードステークス ③

どうも週の後半になると力尽きてしまうんですよね。
とりま、がんばってシルクロードステークスの予想をしていきます。

■タイム・ペース
おそらく逃げるのはレディオブオペラになると思います。
1頭だけ抜けてテンのスピードがあるタイプ。加えて1番枠を引けました。
どうしたって逃げざるを得ない展開になると思われます。
この馬の特徴であり長所なのは、ぶれないレース展開。
藤田騎手とも手が合っているのでしょう。
毎回綺麗なイーブンラップを刻んでいます。
前半も前回と同じ33.8くらいになるでしょうか。

土曜の10Rで、同舞台の1000万条件戦「乙訓特別」が行われました。
しかも淀短距離の時も前日にも同条件の「祇園特別」に出走した面子がメイン。

祇園特別:12.4 - 11.6 - 11.6 - 11.7 - 11.0 - 11.1
乙訓特別:12.5 - 11.6 - 11.3 - 11.0 - 10.9 - 11.2

4ハロン目が全然違うので微妙ですが、前3ハロンが35秒台という点では共通。
今週の方が若干速い感じですかね。

これに加えて考慮するべき事項としては、天気。
現在の予報だと明日の午前中までに一雨来そうな感じです。
若干馬場が渋る可能性はありますね。

また、前回の勝ち馬であるレディオブオペラが53キロ⇒55キロとなります。
これによっても多少勝ち時計が遅くなるかな、という感じ。

①馬場速め + ②雨でちょい掛かる + ③斤量でちょい掛かる

ということで、淀短距離Sよりちょっと遅い1:07.8ぐらいを予想します。
ペースは33.8-34.0という感じですかね。

■予想(第4回)
前々回のエントリで、前半が速めの年は「5・6歳、差し馬、軽ハンデ」に
注意という結論になっていました。
これを踏まえて予想していきます。

◎レディオブオペラ
〇プレイズエターナル
▲ストレイトガール
△サイレントソニック

日本の芝短距離戦の未来を担っていただくべきレディオブオペラに
素直に◎を。淀短距離ステークスは本当に強い競馬でした。
今回の自分の好きなようにレースを作れそうなのも強み。
淡々とさきほど予想した33.8-34.0のラップを刻んでくると思います。
差しがやや有利そうな展開とはいえ、これを差し切るのはなかなか難しそうです。

続いて、差し馬で京都実績・重賞実績を買ってプレイズエターナル。
斤量も割合オマケしてもらっている感じ。
安田調教師曰く「(今回は)勝ちに行く競馬をしてもいいかな」とのこと。
じゃあ前走までは何だったんだよ!と思わなくもないですが、好走に期待します。
内枠ですし、前目に付けてきそうですね。

牝馬でもう1頭の台風の目が▲ストレイトガール。
昨夏の函館で覚醒した実力馬。この馬も本当に強いと思います。
今回好走したら、高松宮記念で重い印を付けたいなと思っていたりもしますが、
今回は様子見の単穴扱いで。

以上の3頭はまさに人気どころ。当ブログのルールでは4頭を選ぶんですが、
4頭目が本当に難しい感じ。
軽斤量で京都でも好走歴があるサイレントソニックにしてみました。

人気通りの予想になってしまって我ながらつまらなない予想です。
とはいえ、今回は堅そうなので勝負はしづらいですかね。

G1に向けていいステップレースになることを期待します。
[ 2014/02/01 20:59 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。