GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

予想:シルクロードステークス 2015 ③

土曜の京都は稍重発表だったので少し焦りましたが、10Rの1000万条件の芝1200戦では1:08.9という決着。
これなら当初の予想通り、1:08台前半が出るんじゃないかと思います。

ペースですが、これについては少し迷ってます。
当初の通り、平均~スローになる可能性が高いとは思いますが、ハイペースになる場合も十分ありうるなぁと。
方針として、京都芝1200戦でハイペース想定で買うのは避けることにしているのですが、後日の検証用になることもあるので、以下、ハイペースの場合の妄想だけ晒しておきます↓↓

■ハイペースになる可能性
気になっているのはブルーストーンの存在。
この馬、ダートからの芝替わりなんですが、元々は芝1200戦でも逃げたり先行したりしてきた馬です。
さらに4歳牝馬ということで斤量が51キロ。斤量差を生かして逃げてみたくなりそうですよね。
さらにさらに、この馬の馬主はH.H.シェイク・モハメド殿下。
今レースは、サドンストームとルナフォンターナという同馬主の馬がいるんです。しかもどちらも差し馬。
私が陣営にいたら、ブルーストーンにラビット役を務めさせ、ガンガンペースを上げさせて自分とこの差し馬に有利な展開にしたいと考えると思います。
深読みではありますし、あまりレアケースを想定しすぎるとハマるので、ここに書いておくだけにします。
もしそんな展開になるとすれば、サドンストーム、ワキノブレイブ、エイシンブルズアイ、ベステゲシェンクあたりを買いたいと思います。(買いませんけど)


■スローの場合
過去15年のシルクロードステークスのうち、走破タイムが1:08.5以下、前半3ハロンが34.0以上のレースのデータを見ていきます。
◆脚質上り別集計
集計期間:2010. 2. 7 ~ 2014. 2. 2
--------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 3- 0- 1/ 4 0.0% 75.0% 75.0% 0 140
平地・先行 2- 0- 0-11/13 15.4% 15.4% 15.4% 85 30
平地・中団 2- 0- 3-20/25 8.0% 8.0% 20.0% 14 88
平地・後方 0- 1- 1-20/22 0.0% 4.5% 9.1% 0 139
--------------------------------------------------------------
逃げ馬の連対率がいいですね。逃げ先行中心という方針でいいと思います。
もちろん差し馬もチェックしなければなりませんが、その場合はスローペースで差せる馬(速い上がりを使える馬)という実績が重要になるでしょう。

◆斤量別集計
集計期間:2010. 2. 7 ~ 2014. 2. 2
限定条件:牡・セン馬のみ
-----------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
51.5~53kg 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 2110
53.5~55kg 0- 0- 1-18/19 0.0% 0.0% 5.3% 0 22
55.5~57kg 1- 3- 1-16/21 4.8% 19.0% 23.8% 6 86
57.5~59kg 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 44 30
-----------------------------------------------------------------
◆斤量別集計
集計期間:2010. 2. 7 ~ 2014. 2. 2
限定条件:牝馬のみ
-----------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
49.5~51kg 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
51.5~53kg 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 206
53.5~55kg 1- 1- 0- 7/ 9 11.1% 22.2% 22.2% 57 28
55.5~57kg 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 295 125
-----------------------------------------------------------------
ハンデ戦ですが、斤量は重い方が有利…つまり、実績馬がちゃんと実力を発揮できるということだと思います。

■予想(第4回)
◎アンバルブライベン
○マジンプロスパー
▲エイシンブルズアイ
△サドンストーム

人気しちゃっていますが、◎アンバルブライベンを素直に本命に。当ブログでは何度も書いていますが、現役スプリンターの中でもトップクラスのテンの速さを持っており、あっという間にハナに立つことができます。他の馬は競り掛けることができず、ペースが落ち着きやすいです。このこともあって、「スローペースを逃げる」という非常に有利な状況を作り出すことができるのが長所です。ブルーストーンはじめ、他の先行馬の競り掛けは怖いですが、内枠も引いたのでめったなことでは負けないでしょう。馬場もそんなに遅くないので、後半3ハロンのレースラップが33秒台という展開を作ることができればかなり有利だと思います。

続いて穴馬から○マジンプロスパーをピックアップ。完全に「古豪」というポジションですが、元々は世界のロードカナロアと堂々渡り合っていた実力馬。群雄割拠時代の現スプリント路線ではまだまだ活躍の場がありそうです。まず評価すべきは依然として衰えぬ先行力。この面子ならスムーズに番手に付けられるかなと。昨年一昨年と、このレースでは(惜しい感じではありますが)好走をしています。今回も休み明けですが意地を見せてほしいです。

▲エイシンブルズアイは今のところ「準一線級のオールラウンダー」的な評価をしています。ポジショニング、トップスピード、ポテンシャルと、それぞれなかなかの素材ではありそうですが、まだ突き抜けられてはいない感じ。まだ4歳馬なので、今後には非常に期待しています。人気どころですが、成長性も含めて外せないと判断しました。

最後に差し馬から△サドンストーム。差し馬勢の中でも、京阪杯でスローを差してきたところを評価。内枠もいいですね。うまく捌けるのか?という不安がありますが、なんとかがんばってほしいものです。

現在のオッズを確認したら、エイシンブルズアイ⇒アンバルブライベン⇒サドンストームが1~3人気。かなり人気馬ばかりの予想になってしまいました。配当はともかく、今年の初日が出るといいんですけど。
スポンサーサイト
[ 2015/01/31 22:46 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:シルクロードステークス 2015 ②

前エントリで、平均~スローペースと予想しました。
過去の同レースで、似たようなラップになったレースのデータを漁ってみましょう。

2000年以降のシルクロードステークスのうち、走破タイムが1:08.6以下、前半3ハロンが34秒以上。
◆脚質上り別集計
集計期間:2003. 2. 9 ~ 2014. 2. 2
-----------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 4- 0- 3/ 7 0.0% 57.1% 57.1%
平地・先行 4- 1- 1- 21/ 27 14.8% 18.5% 22.2%
平地・中団 2- 1- 5- 30/ 38 5.3% 7.9% 21.1%
平地・後方 1- 1- 1- 35/ 38 2.6% 5.3% 7.9%
-----------------------------------------------------
あまり極端ではないので注意が必要ですが、前有利には間違いなさそうですね。

推定前半3ハロンを計算してみました。
2015シルクロード推定前半3ハロン
アンバルブライベンは、直近のレースであまりにもマイペースに競馬していたので、韋駄天ぶりを遺憾なく発揮していた2014年夏ごろのデータを参考に載せています。

少し恣意的に見えるかもしれませんが、アンバルブライベンのテンが抜けて速いのは事実。今回も楽にハナを奪えそうです。それに続くのが数値上はホウライアキコとなっていますが、2歳時のデータしか取れなかったので微妙です。最近はマイル戦でも控えて競馬しているので、もっと遅いような気がしますね。
ベルカントやマジンプロスパーは安定して前に行けそうです。
前走番手で競馬していたエイシンブルズアイですが、指数上はそんなに速くないです。前走はドスローだったので、その分前につけられたのか、テンが速くなってきたのか判然としません。

あまり前の馬に偏りすぎてもダメですが、印を付ける4頭の内2~3頭は前の馬にしたいと考えています。
[ 2015/01/30 00:03 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:シルクロードステークス 2015 ①

今週からブログ再開。シルクロードステークスを予想していきます。
まずは、過去5年のレースラップを見て、レースイメージを作っていきたいと思います。
2015シルクロード例年ラップ

特徴的なのは、以下の2点かと。
①前半が34秒以上の平均~スローペースになっている
②2F~5Fまで11.0付近のラップが続く

まず①。ここ5年は前半3ハロンが34.1~34.8で、全くハイペースになっていません。京都らしいと言えばそれまでですが、他のレースよりも更にペースが落ち着きやすいように思います。
このレースは、高松宮記念に向けた前哨戦(休養からの復帰戦)に選ばれやすい舞台ですが、それもあって慎重なレースになりやすのかもしれません。

今年の逃げ馬候補は、何といってもアンバルブライベン。現役馬の中では、ハクサンムーンと並んで、トップクラスのスピードを持っていると言ってよいでしょう。あまりにテンが速いので、隊列が早々に決まってしまってペースが落ち着いてしまう、というレースが続いています。
このアンバルブライベンに競り掛けそうな馬があまり見当たらない今年の面子。過去に逃げてきた馬はチラホラいますが、ハナにこだわる馬は出走しなそうです。
今年は平均~スローペースを予想しておくのが妥当かなと思っています。

そして②。さすがにスローだけの競馬にはならないのがG3のレース。そこそこ落ち着いた前半から、後半は高速ラップが淡々と連続する一貫ペースになっています。
似たようなラップで好走した馬を重視していきましょうかね。

■走破タイム予想
細かく予想するのは省略しますが、例年の走破タイムおよび今年の馬場状況を考えると、1:08.2~1:08.5程度と予想しています。

ラップ予想は以下のような感じですかね。
1:08.2(34.5-33.7)
ざっくりとこんな感じでイメージしながら、各馬の分析をしていきたいと思います。
[ 2015/01/27 00:00 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:長篠ステークス 2015

■展開
12.0-10.7-11.5-11.8-11.5-12.3 (1:09.8|34.2-35.6)
予想より多少時計が掛かりましたが、シゲルカガのわりには超ハイペースにはならず。
それでもL1で12.3と落としていますからね。予想通りバテ差しのポテンシャル勝負だったと言っていいと思います。

レースは、内の10番手あたりにつけていたロンドが、コーナーでスルッと外に持ち出しジリジリと伸びて勝利。
2着は、最後方から2番手にいたダンスディレクターが大外からぶっ飛んできて入選。
それ以下はごちゃごちゃとしていて、直線早めに先頭に並びかけたヤマニンプチガトーが3着。前目につけていたエイシンオルドスは追われての反応がイマイチも、各馬がバテはじめたころにしぶとさを発揮してスッと差し込んで4着。後ろから5番手くらいにいたサマールナも大外を追い込んできて5着。そしてエーシンエムディーとネロまでが一団でゴール。

■分析
レースレベルはお世話になっているサイトの馬場指数を見てから判断しますが、道中に緩急もありますし、そこまで高い指数にはならなそう。
どちらかというと、中京適正およびバテ差しのポテンシャル戦適正が試されたレースだったかと思います。
ヤマニンプチガトーが来るあたり、あー中京なんだなと思いました。

勝ったロンドも、昨年の3着馬ですからね。そしてその馬を騎手に難癖つけて切るという愚行…。嗚呼…悔やまれます。
実は、ユキノアイオロス、ネロ、ダンスディレクター、ロンドの4頭に印をつけるも、このBOXだとオッズがしょぼいのを見て、ロンドを切ってサマールナにしたのでした。

もうオッズを見ないで前日のうちに印を決めちゃうのがいいのかもしれませんね。そしてトリガミのあるオッズ構成になったらケンにするとか。

■注目馬
勝ったロンドは、もう7歳ですし上がり目は無さそうかと。その代り、幅広いレース展開で末脚を発揮できる安定感のある馬なので、3連系のヒモに向いてそうですよね。

ダンスディレクターですが、これまでの高速馬場の京都からガラリと変わった舞台でもよくがんばりました。オープン入りは時間の問題でしょうし、重賞でも活躍できそうですよね。ただ、スタートが悪かったのが心配です。さすがに上位クラスは、「スタートが多少悪くても能力で…」というレベルではないので。人気先行型ですが、レースで先行できない…みたいな感じにならなければいいのですが。とりあえず、オープン以上で、先行有利のレースでは切ると思います。

サマールナは休み明けでよくがんばってくれました。やはりこの馬、ポテンシャルは非凡ですね。阪神芝1400も得意なようですので、今後も狙いどころがありそう。でも人気しちゃいますかね。

ネロもそこそこがんばりました。とはいえ、ここでもっと上位に来れなかったのはかなり不満。適正の問題かも、という逃げ道はありますが、それをはね飛ばすくらいの絶対能力はないということですね。

シゲルカガは、案の定バテ負け。でも悲観してはいけません。もっと速い馬場でスピードを生かしてこそでしょう。次走、山城ステークス(京都芝1200)に出れるか!?出れたら買いたいですけどね。

■結果(第3回)
1着:ロンド
2着:ダンスディレクター(▲)
3着:ヤマニンプチガトー

5着:サマールナ(△)
7着:ネロ(○)
15着:ユキノアイオロス(◎)

そういえば、ユキノアイオロスは出負けしてズルズル最後方。かなーり後ろだったので、見ていたフジテレビの実況者は認識すらしていなかったようです。「あ、最後方にもう2頭いました。ヒーラとダンスディレクター!」とか言ってましたもんね。

■回収率(第3回消化)
※省略

来週は準オープン以上の芝1200戦がないのと、法事があって土日がつぶれるので予想はお休みします。再来週はG1にもつながる注目の1戦、シルクロードステークスを予想します。
現時点で4歳の牡牝エース、エイシンブルズアイとベルカントが出走するかも、とのこと。楽しみですね。
オッズに目が眩んで、実力的に評価している馬を切っては外しているので、お休みの内に滝にでも打たれて頭を冷やして臨みたいと思います!!

1/19追記
指数を計算してみたんですが、やはりレースレベル的には準オープン戦の標準程度。
あまり今後につながらないと考えています。

一晩経って思うんですけど、オッズを見て欲ボケして印変えて裏目に出て外す…という今回の外れパターンはかなり最低だなと。猛省が必要です。
特に以下の2点
・オッズを見て印を変えるな!!
 ⇒できるだけ影響されないように、オッズが出る前に印を固めてしまうのがいいような気がします。
   どうせパドック見ても大してわからないですからね。
・いつも重視していない予想法(今回は騎手)を急に持ち出すな!!
 ⇒騎手というファクターを軽視すべきとは言いませんが、今回の付け焼刃的な方法はやめます。
[ 2015/01/18 22:44 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:長篠ステークス 2015

記事を書く前に時間切れになってしまいました。
今日は印だけ。明日予想記事を書きます。すいません。【続きを読む】以降の「追記」に予想根拠を書きました。

■予想(第3回)
◎ユキノアイオロス
○ネロ
▲ダンスディレクター
△サマールナ
[ 2015/01/18 01:24 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:淀短距離ステークス 2015

■展開
12.2-11.2-11.5-11.4-11.0-11.2 (1:08.5|34.9-33.6)

予想通り、アンバルブライベンが外からすんなりハナを取りきってマイペースに持ち込み、ドスローになりました。
ハクサンムーンもそうなんですが、極端にテンが速いと、他馬が早々にハナ争いを諦めてしまう傾向があります。こういう存在になってしまうと有利ですよね。

直線に入ってもアンバルブライベンが後続を突き放そうとしますが、番手で競馬していたエイシンブルズアイがきっちり差し切って見事オープン初勝利。
短距離路線に舞台を移してから安定した競馬をしていた4歳の実力馬がきっちり勝ち切りました。当世代の代表として、世代交代の騎手となれるか!?今後に大いに期待です。

■分析
レースとしては、スローの行った行った系の競馬。後ろの馬は勝負になりませんでした。
予想したよりも馬場が遅かった(高速馬場とまではいかなかった)ようです。なので、予想の軸にした「高速馬場⇒内枠」のファクターは不発。
また、エイシンブルズアイが思ったよりスッと番手に付けてスムーズな競馬ができていたのも、予想外でした。この競馬ができていれば、高速馬場でも対応できていたと思われます。
この馬を外したのは狙い過ぎでしたかね。

■結果(第2回)
1着:エイシンブルズアイ
2着:アンバルブライベン(▲)
3着:アイラブリリ(○)

11着:ニンジャ(△)
15着:ラインスピリット(◎)

■回収率(2回消化)
◎○▲△馬連BOX|0%
◎単勝(参考)   |0%

今週も2・3着あり1着なし、という結果。なかなか初日が出ません。
来週は3週ぶりの中京で開催される長篠ステークスを予想します(*´ω`*)
[ 2015/01/12 21:47 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:淀短距離ステークス 2015

■展開予想
開幕したての京都は、かなりの高速馬場となっており、土曜は1000万条件で1:08.1が出ていました。
この状況だと、オープンでは1:07台前半が出ることになりそう。

ペースですが、この読みはけっこう難しいところ。
逃げ候補はアイラブリリかアンバルブライベン。
枠ではアイラブリリが有利ですが、テンの速さでは現役でもトップクラスのスピードを持つアンバルブライベンの方が速いはず。
外からアンバルブライベンが楽に交わせれば隊列は早期に決まって平均ペース。アイラブリリが粘ればもつれてハイペースになるかと。私は、前者の可能性が高いと見ています。

想定タイム・ラップ:1.07.4(34.0-33.4)

決着タイムがここまで速くなると、過去にも記事にしましたが(オパールステークス)、内枠が異常に有利になります。

■予想(第2回)
◎ラインスピリット
○アイラブリリ
▲アンバルブライベン
△ニンジャ

◎最内枠を引いたラインスピリットに期待を込めて本命に。正直、実力的にはこの世代の一線級からすると1枚劣るかな、という印象なんですが、常に展開を味方につけるセンスと運を持った馬。高速馬場を味方につけての好結果に期待。
○最近不調ですが、実績・枠と揃ったアイラブリリを対抗に。6歳馬ですが、特に冬は成績がいいので、調子が上向くことに期待します。
単穴は、前走ついに重賞をせいしたアンバルブライベン。外枠+57キロはかなりキツイはずですが、ハナをスムーズに取りきってしまう可能性を考えると無印にはできないかなと。
△ニンジャは内枠を引いた実績馬。

他には、リアルヴィーナスやエイシンブルズアイといった4歳馬にも期待したいんですが、印は回せず。
ゆくゆくは高松宮記念まで繋がってゆくこともある将来性のある舞台。いいレースになるといいですね。

※最近、あんまりデータに振り回されすぎないようにと、推定前半3ハロン等のデータをアップしないでいます。算出自体はしているので、要望があればアップしますので、見たい方はコメントください。
[ 2015/01/11 20:44 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:サンライズステークス 2015

■展開
11.8-10.5-10.9-11.2-11.2-12.2 (1:07.8 | 33.2-34.6)

予想通り内からシゲルアセロラがハナを奪いますが、スタートよく飛び出したアンヴァルトを交わしていったこともあってかなりペースが上がります。前半3ハロンは33.2とけっこうな速さ。

直線に入ってもシゲルアセロラが粘りを見せ、2列目は突き放しますが、3列目にいたカハラビスティーとアンヴァルトが詰め寄ってくるとラスト1Fで失速。それを交わしたカハラビスティーとアンヴァルトのさらに外から、中団後ろにいたメイショウツガルが急追、見事差し切ってオープン入りを決めました。

■分析
予想よりかなりペースが速くなってしまい、33.2-34.6のハイペース。
このおかげで差しも決まる展開となり、メイショウツガルが好走できたのかなと思います。
それ以外は、先行有利・内枠有利というあたりは想定通りだったかなと。

■結果(第1回)
1着:メイショウツガル
2着:アンヴァルト(◎)
3着:カハラビスティー(○)
4着:トキノゲンジ(△)
5着:シゲルアセロラ(▲)

なんと、印を付けた4頭が2~5着を独占…。
勝ち馬さえいなければ、かなりいい感じの予想だったんですが、詰めが甘かったです。
直線後半になって、先頭からシゲルアセロラ、カハラビスティー、アンヴァルトの順でいた時は「もらった!(フハハ」とガッツポーズしてしまったんですが、最後数十メートルでガラッと変わってしまいました。
無念…無念です。

■回収率(1回消化)
◎○▲△馬連BOX|0%
◎単勝(参考)   |0%

のっけから悲しい結末ですが、涙を拭いて次レースに向かって歩んでいきたいと思います。
次回は淀短距離ステークスを予想します(*´ω`*)
[ 2015/01/08 22:24 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:サンライズステークス 2015

新年一発目の予想をしていきます。

■展開予想
本日行われた中山金杯では衝撃のレコードが出ました。
金杯で1:57台のタイムが出るのは異常事態で、昨年末の馬場状態からすれば到底考えられません。
Cコース替わりだけでなく、かなりの高速馬場になっていることを頭に入れる必要がありそうです。

イメージは冬開催の中山ではなく、春(G1期)や秋開催の中山コース。
おそらくサンライズステークスの走破タイムは1:08.0くらいか、下手したら1:07台が出てもおかしくありません。

一方で、メンバー的に先行争いはあまり激しくなりそうもなく、平均ペース程度が予想されます。

展開的には1:08.0(33.8-34.2)といった感じに想定しています。

こうなった場合に重視すべきは、「先行有利になりやすい」ということと、「内枠有利」ということ。
特に、日曜の芝レースの結果を見る限り、後者はかなり重要になりそうです。

■予想(第1回)
◎アンヴァルト
○カハラビスティー
▲シゲルアセロラ
△トキノゲンジ

年齢的には微妙ですが、◎アンヴァルトを本命に。昨年春に当クラスの結構レベルの高いレースで好走している馬で、新潟千直で結果を出しているように、トップスピード持続戦が得意な馬だと理解しています。今回内枠を引いて、高速馬場も味方につけた好走に期待です。
続いて○カハラビスティー。テンのスピードに恵まれた馬で、安定して番手で競馬しています。なかなか勝ちきれませんが、厳しいペースを前々でしっかり粘っている印象。ちょい外の枠ですが、早めに先手を取れれば枠の不利もカバーできそうです。
最近少し調子が上向いていませんが、実力馬▲シゲルアセロラにも印を。枠も良いので、調子が戻っていれば逃げて粘りこみを狙えそう。
最後に最内枠△トキノゲンジをチェック。後ろからになることがほとんどの馬ですが、今回はペースがそこまで早くならなそうなので、最内枠を生かして中段くらいで競馬してくれないかなと。

そのほかの注目馬としては、ダノンマッキンレーがいます。この時期の芝1200戦は、斤量が1キロ軽いからか4歳馬が強いです。特に前走1000万勝ちたての4歳馬の成績は抜群(※後で余裕があればデータを貼る予定)。
枠が出るまではグリグリの本命にする予定でしたが、まさかの大外。さすがに厳しいかということで無印に。

軽めの予想記事になってしまいましたが、2015年の最初のレースで良いスタートを切りたいですね。
[ 2015/01/04 20:46 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

ブログのルールについてⅢ

あけましておめでとうございます!!

今年もがんばって100%超えを目指していきたいと思います。
昨年がわりと好調だったので、ルールはそのままで行きます。

軸馬選びはいまだに下手くそなので、馬連BOXが性に合っているんでしょうね。
とはいえ、軸馬がもっとしっかり選べれば、買い目を絞ることでより高い回収率ベースを狙うことができます。
というわけで、「参考」として◎馬の単勝回収率も年間を通して把握していくこととします。

<G.D.S.ルール>
①毎週短距離戦を1R選び予想する
②印は◎○▲△の4頭
③買目は◎〇▲△の馬連BOXとし、回顧記事にて回収率を合計していく
④「見(ケン)」あり。印を付ける代わりに「見」を宣言する

補足
※①選ぶレースは完全に任意です。とはいえ特別登録のあるレースのうち、最もクラスが高いものになると思います。特別登録のあるレースに短距離戦がなかった場合はお休みすることにします。
※②実質的に「軸馬を無くした」代わりに印を付ける馬を増やしました。
※③我ながら情けないですが、今年は「軸馬を指定せずにBOX買い」で勝負していきます。
※④ルール上は設けておきます。
[ 2015/01/03 12:18 ] ルール・FAQ | TB(0) | CM(0)

はじめてGreenDragonSprintsを読む人向けFAQ

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

はじめて読む人向けにFAQを作ってみました。
しばらくトップに配置しておきます。
GDSのFAQ

(※元ネタはこちら
[ 2015/01/01 22:41 ] ルール・FAQ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。