GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

回顧:高松宮記念 2015

■展開
11.9-10.7-11.4-11.6-11.3-11.6 (1:08.5 | 34.0-34.5)
土曜になって急激に高速化していた中京競馬場ですが、高松宮記念当日は昼過ぎから雨模様。稍重発表となりました。
スタート良く飛び出したのはエアロヴェロシティ。それを出ムチを入れてアンバルブライベンが交わしていってハナを奪います。ハクサンムーンは押し上げて番手の外を確保。
隊列は速めに決まって、前半3F34.0と割合落ち着いたペースになります。

宮記念2015直線

直線に入って最初に抜け出したのはハクサンムーン。ワンテンポ遅れてミッキーアイル、そしてエアロヴェロシティが追っていきます。
最後は3頭のたたき合いを制して、エアロヴェロシティが半馬身抜け出して見事勝利!!
高松宮記念初の海外馬制覇を成し遂げました。

■分析
馬場ですが、当週の高速化+当日の雨で、改装後の中京にしてはやや速めかな?ぐらいの状態になっていました。
内の馬場は相当悪かったもようで、内を進んだ馬はことごとく沈んでしまいました。
平均ペース。そしてL4が11.6からL511.3という中緩み⇒加速が入ったことで、前有利の展開になったと思われます。

ただし、各馬の上がりを見ると、エアロヴェロシティ⇒上がり3位、ミッキーアイル⇒上がり2位といったように、後ろの馬の方が必ずしも速くなっていません。これはけっこう珍しいですよね。
おそらく、ペースはG1としては非常に緩く、ポジションに関係なく各馬が末脚を出し切れる展開だった。そして、各馬の上がりは、馬場の不得意とポテンシャルによって左右された。ということだと考えています。

上位3頭は、位置取りが前だったため展開利を受けただけでなく、馬自体強かったために更に後続との差を広げられたということだと思います。

指数を出してみると、意外とレースレベルは高かったと言えそうです。道中の緩み分も考慮に入れると、G1にふさわしいレースではあったかなと。もちろん稍重馬場で泣きをみた馬もいると思うので、その辺は残念ですが。

■結果(第10回)
1着:エアロヴェロシティ(◎)
2着:ハクサンムーン(△)
3着:ミッキーアイル
4着:サドンストーム

13着:ストレイトガール(○)
15着:アンバルブライベン(▲)

馬連74.8倍的中

■回収率(第10回消化)
◎○▲△馬連BOX|168%
◎単勝(参考)   |203%

馬場が読めなかったこともあり、だいぶ紆余曲折を経た予想になってしまいました。
わざわざ追記で「多分外れると思います」と書いておきながら的中という非常に不格好な結果に。
やや結果オーライの感はありますが、無事G1を的中させることができました。

今後のスプリント路線については、別途記事を起こしてみたいと思います。

今週は中山芝1200準オープン、船橋ステークスを予想していきます。調子に乗って連勝なるか!?
スポンサーサイト
[ 2015/03/31 22:56 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:高松宮記念 2015 ⑤

現時点でも名古屋は雨が降っていないようなので、このままいけば良馬場で開催できそうです。
前記事で書いた通り、昨日から継続してやや高速の馬場となると思われます。

■隊列と展開予想
逃げるのはアンバルブライベンかなと。ハクサンムーンとの比較ではテンで優っていると評価していますし、ハクサンよりうちの枠を引けました。
あとはエアロヴェロシティがどうかなんですが、この馬もかなりスピードがある上に内枠なので、テンではアンバルブライベンより速い可能性があります。
しかし、前走を見る限り、パートン騎手はあまりハナにこだわらない様子。前走では、持ち前のテンの速さを生かしてsmoothにハナを奪うも、3角手前からFLAGSHIP SHINEという馬に外から被せられそうになります。それに対して、無理に主張するわけでもなく、淡々と1.5番手ぐらいの位置から最内ポケットで競馬を進め、直線ではFLAGSHIP SHINEを振り落しています。
スタンスとしては、「ハナか、それに準じるポジションが取れればOK」という感じかなと。
アイビスサマーダッシュの出ムチでお馴染みの田中騎手は、是が非でもハナで競馬がしたいでしょうから、アンバルブライベン⇒エアロヴェロシティ(番手内)⇒ハクサンムーン(番手外)という先団を想定します。

上記までがおおむね1ハロン目までの展開。それ以降はどうなるでしょうか。
3番手までがすんなり決まれば、ペースは落ち着くんじゃないかと見ています。
というのも、この3頭を後ろから突っつけそうな馬がいないからです。
加えて、もともと中京芝1200は前半が遅くなりやすい傾向にある上に、最近のスプリントG1は皆慎重に進めがちですから。
というわけで平均~スローペース想定。
1:08.0(34.0-34.0)的なラップをイメージして予想します。

■予想(第10回)
◎エアロヴェロシティ
○ストレイトガール
▲アンバルブライベン
△ハクサンムーン

香港からの刺客◎エアロヴェロシティを本命に。刺客というか、現時点の暫定世界王者みたいなもんですからね。過去数レースの分析しかしていませんが、香港スプリントでのストレイトガールや、ラッキーナインを物差しにして考えても、相当強いと考えざるを得ません。潤沢なスピードを持っている印象。
そして、今回はそのスピードを最大限生かせそうな馬場が用意されました。枠も良いですし、世界の実力を見せつけてくれることに期待。

続いて個人的に現役日本最強馬だと考えている○ストレイトガール。基本的にオールラウンダーだと思っていますが、高速馬場で競馬できた方が、ライバルとの差別化がしやすいはず。展開次第で、しっかりと速い上がりが使えますからね。
これまで、スプリントG1では不良馬場やトリッキーな展開に泣かされてきた苦労馬ですが、ここでしっかりと好走してもらいたいです。

逃げ馬候補▲アンバルブライベンにも印を。とにかく近走の充実度がすごいです。前走シルクロードステークスはかなり高レベルという評価をしています。この馬は、「抜けて速いテンでハナを奪い、ペースを落とし、そこから抜け出す…」というイメージで語られがちです。しかし、前走は11.9 - 10.9 - 11.1 - 11.2 - 11.1 - 11.7というひたすらトップスピードを連続させる性質のもの。6歳になっても明らかに成長していることが伺えます。鞍上の田中騎手との絆も深まっているようで、前走では番手の馬にずっと外から被せられながらも上述の(高いレベルでの)マイペースを貫いていました。この競馬ができれば。

最後に高速馬場の同コースでの実績では一番であるハクサンムーン。枠順的にハナまではどうかと思いますが、最近は番手でもちゃんとした競馬ができていますし、大丈夫じゃないかと。

続いて消した馬について
あれほど、重視が必要だと自分で書いていた阪急杯組をバッサリやってしまいました。高速馬場想定なので、高速馬場での芝1200戦におけるトップスピード持続戦の実績を重視したからです。ダイワマッジョーレは位置取りが最後方になりそうなので、届かないんじゃないかと。ミッキーアイルは、早めの馬場だった阪神カップで凡走、タフな阪急杯で好走というところを見ると、少しトップスピード持続戦には足りないかなと。途中で息が入るか、全体的に遅い時計の方がよさそうと判断。来年に期待です。ローブティサージュとコパノリチャードはジリ脚疑惑で切りました。
リトルゲルダは、ギリギリまで迷いましたが、他の馬を優先したため泣く泣く切ったという感じです。高速馬場OK、最内、中京実績あり。3連系の馬券を買う場合はぜひ絡めたいところなんですが。
サクラゴスペルは年齢を疑問視。今見たら、オーシャンステークス勝ったのにやたら人気無いですね。それなら買っても…(欲ボケ)

以上です。
スプリント路線の頂点を決めるにふさわしいレースとなるといいですね。
楽しみです(*´ω`*)


⇒追記
結局、中京は昼過ぎから本降りになってきたみたいですね。
長々と書きましたが、(馬券も買っちゃんたんですが)上記はおそらく的外れになりそうです…
[ 2015/03/29 11:32 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:高松宮記念 2015 ④

土曜の馬場を見ると、明らかに先週までより(雨の影響を差し引いたとしても)速くなっていると思われます。もしくは、今開催になってからずっと多少なりとも雨の影響があり、今週になってようやくしっかりとした良馬場になったのかもしれませんが。

■馬場状態分析
500万芝1200で1:09.4の時計が出ていました。
これを元に馬場指数を試算してみると、ちょうど2013年の高松宮記念と同程度
2013年は、1:08.1での決着。実質のスローとなり、上がり馬だったハクサンムーンが3着に粘りこんでいます。

もしこのまま良馬場で開催できた場合、このレースをイメージするのがいいんじゃないかと思います。
先の予想では、1分9秒程度を想定して予想してきていましたので、方針変更をする必要がありますね。

この場合、スローペースなんかになった日には34.0-34.0みたいなラップになるわけで、前が残ることも十分に考えられます。また、差し馬にとっては33秒台前半を使ってこないといけないので、ジリ脚の馬にとってはキツイですよね。

■良馬場の場合の予想方針
前の馬か、速い上がりが使える馬を中心にしたいと思います。
ハクサンムーン、アンバルブライベン、エアロヴェロシティといった強力な逃げ馬たちに加え、高速馬場で強いストレイトガール、リトルゲルダが中心になりそうです。

■稍重の場合の予想方針
当日雨が降って、馬場が遅くなってきている場合は、前の馬の負担が大きくなってくるでしょう。
差し馬中心。特に有力なのは前哨戦でしっかり強い競馬ができているダイワマッジョーレ、ミッキーアイル、ローブティサージュ、サクラゴスペルあたりが中心ですかね。

一旦今日のところはこのくらいで。あとは当日の天気を見て、正午までには最終予想記事をアップする予定です。

■おまけ(エアロヴェロシティはやっぱり強そう)
香港競馬って、日本と計時の方法が異なるみたいですね。
どうやら、香港だとスタートと同時に計時が開始されるのに対し、日本はスタートから少し間を空けて計時が開始されるようです。その間が1.3秒くらいとか。

これを元に、エアロヴェロシティの近走についてラップを見ていきたいと思います。

香港は、23.36-22.31-22.90のように、2Fずつ公示されるんですよね。
ちょっと荒っぽいですが、中間2Fを単純に2分割して前後半に振り分けることで、JRA的な3F-3Fのラップを作ってみます。
前半3Fからは調整用に1.3秒をマイナスしてみます。 
①1走前|THE CHAIRMAN'S SPRINT PRIZE
33.11-34.38
⇒エアロヴェロシティは番手(ほぼ逃げ)で競馬して2着

②2走前|THE LONGINES HONG KONG SPRINT
33.215-34.055
⇒エアロヴェロシティは逃げ切り勝ち。ストレイトガールが3着。

③3走前|THE PREMIER BOWL (HANDICAP)
33.77-33.63
⇒エアロヴェロシティは内の5番手を追走するも、直線ドン詰まりで3度ほど頭が上がって競馬ができないまま最下位。

…という感じで、改めてみると非常に強いなぁと
また、よく「香港競馬は時計が遅いので、日本の高速馬場への対応ガー」とか言われたりもしますが、全然速いですよね。
明日、このまま良馬場で開催できた場合は無視できない1頭だと思います。
[ 2015/03/28 23:00 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:高松宮記念 2015 ③

気づけば出走馬が確定していました。

なかなか実のある予想が出来ていない中、今更感のある基本データを晒します。

それは前走データ。

中京改装前も含む過去10年分を見ていきます。

◆前走レース名別集計
集計期間:2005. 3.27 ~ 2014. 3.30
ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------
阪急杯G3 6- 5- 3-39/53 11.3% 20.8% 26.4% 79 62
オーシャG3 3- 1- 3-57/64 4.7% 6.3% 10.9% 18 50
シルクロHG3 1- 1- 4-15/21 4.8% 9.5% 28.6% 33 105
中山記念G2 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 1020
スプリンG1 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 90
阪神牝馬G2 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 210
----------------------------------------------------------------
前走はほとんど阪急杯>オーシャンステークス>シルクロードステークスに絞られます。

◆前走着差別集計
前走レース名:阪急杯G3
集計期間:2005. 3.27 ~ 2014. 3.30
-----------------------------------------------------------------
前走着差 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
勝0.6~0.9 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 770 260
勝0.3~0.5 0- 0- 0- 0/ 0
勝0.1~0.2 1- 1- 1- 3/ 6 16.7% 33.3% 50.0% 21 96
勝0.0 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7% 0 200
負0.0 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 150 106
負0.1~0.2 3- 0- 0- 4/ 7 42.9% 42.9% 42.9% 410 104
負0.3~0.5 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 32
負0.6~0.9 0- 2- 0-16/18 0.0% 11.1% 11.1% 0 36
負1.0~1.9 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
-----------------------------------------------------------------
0.2差負けまでが中心で、好走率がかなり高いです。
⇒ダイワマッジョーレ、ミッキーアイル、ローブティサージュ

◆前走着差別集計
前走レース名:オーシャG3
集計期間:2006. 3.26 ~ 2014. 3.30
-----------------------------------------------------------------
前走着差 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
勝0.1~0.2 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
勝0.0 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 185 80
負0.0 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負0.1~0.2 2- 1- 1-12/16 12.5% 18.8% 25.0% 52 97
負0.3~0.5 0- 0- 0-20/20 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負0.6~0.9 0- 0- 2-11/13 0.0% 0.0% 15.4% 0 114
負1.0~1.9 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負2.0~2.9 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
-----------------------------------------------------------------
こちらも0.2差負けまでが中心です。
⇒サクラゴスペル、ハクサンムーン

◆前走着差別集計
前走レース名:シルクロHG3
集計期間:2005. 3.27 ~ 2014. 3.30
-----------------------------------------------------------------
前走着差 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
勝0.3~0.5 0- 0- 2- 1/ 3 0.0% 0.0% 66.7% 0 86
勝0.1~0.2 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0% 142 74
勝0.0 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 200
負0.0 0- 0- 0- 0/ 0
負0.1~0.2 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1380
負0.3~0.5 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負0.6~0.9 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負1.0~1.9 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
-----------------------------------------------------------------
基本、勝ち馬だけ。好走率は高いです。
⇒アンバルブライベン


見ていただいて分かる通り、非常に前走データの傾向がはっきりしているレースだと言えます。
阪急杯を中心に、前哨戦の好走馬を狙うのがセオリーだと言えるでしょう。

ダイワマッジョーレ(牡6)阪急杯勝ち
ミッキーアイル(牡4)阪急杯2着
ローブティサージュ(牝5)阪急杯3着
サクラゴスペル(牡7)オーシャンステークス勝ち
ハクサンムーン(牡6)オーシャンステークス2着
アンバルブライベン(牝6)シルクロードステークス勝ち

あと拾うとすれば以下の馬たちでしょうか。
コパノリチャード(牡5)昨年勝ち馬。阪急杯6着も阪神カップ2着
ストレイトガール(牝6)G1連続好走中。前走はデータの少ない香港スプリント。
エアロヴェロシティ(セ7)香港スプリント勝ち馬。前走はデータの少ない香港スプリント。
[ 2015/03/27 00:38 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:高松宮記念 2015 ②

今日は想定走破タイムの予想。

週中は雨の影響が無さそうなので、このままいけば良馬場での開催ができそうです。
馬場状態としては、先々週と同程度を想定すべきかと考えています。

その場合の想定タイムは1:08.5~1:09.0程度。
(本当はこの算出ロジックを晒したかったんですが、時間の都合上省略させていただきます。気になる人はコメントください。)

早めに隊列が決まって、平均ペースになるとすると…
1:08.5(34.0-34.5)~1:09.0(34.0-35.0)

前がやりあって、ハイペースになった場合は…
1:08.5(33.5-35.0)~1:09.0(33.5-35.5)

というイメージになります。

上がり34.5~35.5の想定となり、前の馬がスピード持続で押し切れる展開ではなさそう。一方で、ズブズブのポテンシャル戦というわけでもない、微妙な展開となりそうです。
先行馬と差し馬が中心となり、力のある馬から決まる展開が想定されます。

…今回も、あまり実のある記事になりませんでしたね(*´ω`*)
徐々にレースイメージを固めながら外堀を埋めていきたいと思います。
[ 2015/03/24 21:36 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:高松宮記念 2015 ①

いよいよ今週は高松宮記念!!
相変わらず忙しいんですが、なんとか時間を作って予想記事を書いていきたいと思います。

今日は推定前半3ハロンの試算。
2015高松宮記念推定前半3ハロン
※エアロヴェロシティを入れ忘れました…

恥ずかしながら、私の推定前半3ハロンの試算は芝1200戦をベースにしてしか計算できません。
なので、マイルや芝1400での経験しかないような馬はなかなか計算できないんですよね。

コパノリチャードは、走った芝1200がどちらも異常な展開(超不良馬場だったり出遅れたり)なので計算できませんでした。
それでも、コパノリチャードとミッキーアイルは位置取りを考える上で重要な馬たちなので、過去レースを参考に、それっぽいレンジに入れ込んでみています。

あとアンバルブライベンは、テンが速すぎて隊列が速攻で決まってしまい、結果的にペースが落ち着くレースを作り出せる馬のため、指数が遅く出てしまっています。ハクサンムーンもそうですね。
この2頭については、過去レースのうち、特にテンが速かった3レースを抜き出して(厳選)として参考値を載せています。
しかし、綺麗に互角な結果となりました。

過去レースを見ていると、一の脚が速いのはアンバルブライベン、二の脚が速いのはハクサンムーンという感じ。
アンバルブライベンが内を引けば、逃げるのはアンバルブライベンかなと。

この2頭が抜けて速いので、2頭が競り続けることでもない限り、意外と隊列は速めに決まってしまうんじゃないかと見ています。

エアロヴェロシティは、これまでテンの遅い競馬が多いので、今回逃げるまでは無理かなと。エアロについては、別途記事を作ろうと思います。

…なんかあんまりちゃんとした指数が出せてなくてすいません。
[ 2015/03/23 23:35 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

ケン:ファルコンステークス 2015

まだまだ忙しくて、さっき帰宅したばかり。
明日も一日外出するので、ファルコンステークスはケンさせていただきます。

注目馬はヤマカツエース。

成績の良いアーリントンカップ組のうち、持続戦に向いてそうな印象。
今のところあんまり人気してないのもいいですね。
[ 2015/03/21 00:00 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:トリトンステークス 2015

■展開
12.2 - 11.1 - 12.1 - 12.0 - 11.4 - 12.1 (1:10.9|35.4-35.3)
かなり馬場が遅かったですが、それを以上に緩みまくってドスロー。
L2で▼6の急加速が入り、しんどくなった前の馬を後方から進めたレッドファルクスが抜き去って決着。

■分析
馬場が遅かったのもありますが、それにしてもかなり低レベルな一戦になりました。
上位馬もあんまりあてにならなそうですね。

■結果(第9回)
1着:レッドファルクス
2着:エポワス
3着:アットウィル(◎)
4着:ヤマノレオ(○)

9着:ヤマニンプチガトー(▲)
12着:スピークソフトリー(△)

■回収率(第9回消化)
◎○▲△馬連BOX|48%
◎単勝(参考)   |153%

またまたハズレ。ヤマノレオがけっこうがんばってくれたので、その点は良かったですが、レッドファルクスは未知数だったので消してしまってました。エポワスに至っては北海道開催のレベルが低いと判断し、消してしまってました。

レースレベルの判断は、独自のスピード指数を使っているんですが、もしかすると札幌と函館の指数計算が少しずれているのかもしれないな…と思ったりしました。レッドオーヴァルとかローブティサージュとか、夏の北海道開催で好走した馬を低く評価してしまって泣きを見ることが多いように思います。
時間を見つけて分析してみます。

今週はファルコンステークスを予想するかどうかで迷い中。
気の早い高松宮記念予想を優先するかもしれません。
[ 2015/03/18 22:19 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:トリトンステークス 2015

例によって簡易予想ですいません。
■展開
中京の馬場をちゃんと確認できてないんですが、割と時計が掛かってるみたいですね。
1:09.0ってとこでどうでしょうか(適当)
面子的には先行馬が少ないのでスローになりそうな気もするんですが、例年このレースはハイペースになっています。
きっと、開幕週ということで騎手の前への意識が高いんじゃないかと。
1:09.0(33.5-35.5)って感じのハイペースをイメージ。
時計は掛かるはずなので、よほどスローじゃないとL1落ちる展開になると思います。
前には厳しい展開。

■予想(第9回)
◎アットウィル
○ヤマノレオ
▲ヤマニンプチガトー
△スピークソフトリー

◎アットウィルは、その実力について半信半疑だったんですが、前走が優秀。芝1400戦ですが、道中締まったペースで先団から伸びて3着でした。短距離戦の速い流れの中で総合力を持っているタイプと判断し、中京も行けるんじゃないかなーと。
○ヤマノレオは芦屋川特別を評価。準オープンでは苦戦が続いていますが、実力はけっこうあるんじゃないかと思ってるですよね。思うに、この馬の弱点は速い上がりが使えないこと。時計の掛かる中京は向いてそう。
▲ヤマニンプチガトーと△スピークソフトリーはコース巧者。

しばらく当たりから遠ざかっているので、そろそろ的中したいところですね。
[ 2015/03/14 21:21 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:オーシャンステークス 2015

■展開
11.7 11.0 11.3 11.4 11.4 11.9 (1:08.7|34.0-34.7)

ハクサンムーンが逃げて平均ペースとなりました。
直線に入ってもハクサンムーンが粘りますが、最後の最後で中団外から伸びたサクラゴスペルが差し切り。

■分析
中山としては落ち着いたペースになったこともあり、前の馬が粘れてはいます。
それでもラストは若干落としており、走破タイムが、当初予想したよりも結構かかってしまったこともあって差しが届く結果になったのだと思います。極端に位置取りによる差はなかったのではないかとの見立て。
レースレベルはなかなか高く。G3に相応しいレースになったかなと。

■結果(第8回)
1着:サクラゴスペル
2着:ハクサンムーン(○)
3着:ベステゲシェンク

5着:ワキノブレイブ(△)
6着:リトルゲルダ(◎)
8着:ヘニーハウンド(▲)

痛恨のサクラゴスペル抜け。元々の実力は高く評価していましたが、近年の不調で評価を落としたのと、外枠を引いたことで印から外していました。
よくよく状況を整理できていれば、高速馬場想定で印を付けたヘニーハウンドの代わりに選択できたかもしれないな…と後悔してます。

■回収率(第8回消化)
◎○▲△馬連BOX|54%
◎単勝(参考)   |173%

なかなか調子が上がりません。。。
今週は、トリトンステークスを予想します(*´ω`*)
[ 2015/03/11 22:40 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(1)

予想:オーシャンステークス 2015 【変更なし】

過去レースを見ていくと分かりますが、とにかく雨が降って重馬場になることの多いレースです。
それもあって馬場の影響を受けたんだろうなーという結末が多いですね。
そして、土曜の降水確率が50%で、いまいち天候が読めません。

今回は、なんとか天気が持って雨が降らずにすんだ前提で予想をしたいと思います。

■展開予想
推定前半3ハロンを試算しました。
2015オーシャンS推定前半3ハロン

指数を出すまでもない結論ですが、ハクサンムーンが抜けて速いです。他にラインスピリットとかフギンとかがいますが、そこまでテンが速くないです。その他に先行馬も少ないので、ペースは落ち着くんじゃないかと見ています。
平均ペースと予想。

続いて走破タイムですが、先週と同程度の馬場だとしたらかなりの高速なので、1:07.5くらいまでなってもおかしくないかなと。
そうなると1;07.5(33.8-33.7)というイーブンペースのレース想定に。

■データ
良馬場のまま持った前提で、速いタイムでの決着になった過去データを見ていきます。
※過去10年のうち、1:08.5以下のレース
◆脚質上り別集計
集計期間:2007. 3. 3 ~ 2013. 3. 2
--------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 336
平地・先行 3- 1- 1- 5/10 30.0% 40.0% 50.0% 148 123
平地・中団 0- 1- 0-17/18 0.0% 5.6% 5.6% 0 6
平地・後方 0- 1- 1-15/17 0.0% 5.9% 11.8% 0 28
--------------------------------------------------------------
◆間隔別集計
集計期間:2007. 3. 3 ~ 2013. 3. 2
------------------------------------------------------------
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
連闘 0- 0- 0- 0/ 0
2週 0- 0- 0- 0/ 0
3週 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 116 396
4週 0- 1- 0-10/11 0.0% 9.1% 9.1% 0 50
5~ 9週 0- 1- 0-18/19 0.0% 5.3% 5.3% 0 6
10~25週 2- 1- 2- 6/11 18.2% 27.3% 45.5% 102 89
半年以上 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
------------------------------------------------------------

特に特徴的なのが上記のデータ。
・先行馬有利
・間隔空いててもOK

これが、逆に時計が掛かった場合になると、差し追い込み有利で、間隔が詰まった馬の方が有利となります(データ省略。雨が降ったら別途載せます)。

結論としては、前の馬から、速い時計にも対応できる条件付で、実績上位の馬から印をつけていきたいと思います。

■予想(8回)
◎リトルゲルダ
○ハクサンムーン
▲ヘニーハウンド
△ワキノブレイブ

昨年秋にブレイクし、G2を勝ったリトルゲルダを本命に。セントウルステークスがとにかく強かったです。今回の面子で、内枠なら楽に先行できるでしょう。休み明けですが力を発揮できれば勝ち負けだと思います。

ハクサンムーンは実績最上位馬。例年このレースは負けていますが、かなり遅い時計で決着したレースばかり。高速馬場が予想される今回は、G1で2着している舞台でしっかり走ってくれるんじゃないでしょうか。

ヘニーハウンドは高速馬場巧者。中山がどうか、という疑問はありますが、ラップだけ見れば、高速中山のレースであれば対応できると思うんですけどね。内枠を引いて、上手なレース運びができれば。

ワキノブレイブはずっと期待をかけている馬。個人的には中山が合うと思ってるんですけどね。

※消しについて
ショウナンアチーヴは、以前「スプリント路線に来た注目!!」と自ら言っていた馬ですが、位置取りが後ろになりそうなので買うの控えました。スマートオリオンは速い決着で不安があるのと、昨年夏以降不調なので。アフォードも、ベステゲシェンクも位置取りと時計がマイナス判断。サクラゴスペルは外枠がどうにも買いづらく。

このレースで、高松宮記念のメンバーが出揃うことになります。新たな刺客の登場なるか。それとも古豪が意地を見せるか。盛り上がってまいりました(*´ω`*)


※追記
なんか3/6深夜の時点ですでに雨が降り出しているようですね。
馬場状態次第で、予想がかなり左右されるので、当日12時過ぎに再度更新します。ご容赦ください。


※当日追記
結局、印は変えずにいきます。
やはり馬場が渋っているようですが、2012年とかのレベルでもない…という感じ。難しいですね。
タイムはちょうどボーダーラインの1:08.5くらいなんじゃないかなと。
[ 2015/03/06 22:06 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:阪急杯 2015

■展開
12.2 11.1 11.6 12.1 11.7 12.1 13.0
不良馬場の中をニホンピロアンバーが逃げ。かなりペースを落としたと思いますが、結果的には超ハイペース。
コパノリチャードが3番手から抜け出すも、ミッキーアイルに交わされそのままずるずる後退。そのミッキーアイルをダイワマッジョーレがハナ差交わしてゴール。

■分析
どんどん状態が悪くなっていく不良馬場ということで、レースレベルの評価が非常に難しいですが、おおよそ例年の阪急杯や阪神カップと同等だと判断しています。
ペースだけ見ると、超ハイペースだったわけで、前の馬には相当厳しい展開だったはず。
逆に言えば、前から2着に入ったミッキーアイルがかなり強い競馬をした、と言えるかと思います。前走の阪神カップでは持続戦に弱いのかなーという印象だったんですが、ここにきて成長を見せてくれました。
今後のマイル以下路線の期待の星の登場かもしれません。
コパノリチャードは、得意な展開だったはずなんですがイマイチ奮いませんでした。4-5Fで12.1-11.7と加速が入っているのが合わなかったのか、状態が完全じゃなかったのか。正直判断つきかねます。

■結果(第7回)
1着:ダイワマッジョーレ(○)
2着:ミッキーアイル
3着:ローブティサージュ

6着:コパノリチャード(◎)
8着:マジンプロスパー(△)
11着:オリービン(▲)

■回収率(第7回消化)
◎○▲△馬連BOX|62%
◎単勝(参考)   |197%

今週はオーシャンステークスを予想します。
[ 2015/03/04 21:52 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

回顧:アクアマリンステークス 2015

■展開
11.8 10.6 10.9 11.2 11.1 12.2 (1:07.8|33.3-34.5)
カハラビスティーが逃げ速めの前半。走破タイムも速かったですが、前半が速かったためにややハイペースになりました。道中1-2-3番手がそのままゴール。

■分析
レースレベルはかなり高く、その辺のオープン戦より上だと考えています。全体的に軽ハンデではありましたが、56キロで2着したネロを中心に次走以降に期待したいと思います。

■結果(第6回)
1着:カハラビスティー(○)
2着:ネロ(◎)
3着:シンジュボシ
4着:ユキノアイオロス(▲)

6着:ラフレーズカフェ(△)

■回収率(第6回消化)
◎○▲△馬連BOX|72%
◎単勝(参考)   |230%

○⇒◎と、割といい感じで決着しました。
ただ、当初の予想は「平均ペースも、走破タイムがかなり遅くなったせいで結果的にハイペース」というものだったんですが、ふたを開けてみれば「走破タイムがかなり速いが、前半もかなり速くてハイペース」という感じでした。
展開予想は外れたものの、結果オーライで的中という結果。
次回は、展開からしっかり当てたいですね。
ただ、上位2頭は実力そのものが上位だと分析しており、それが当たったとも考えられます。実力評価はこの調子で精進していきたいと思います。
[ 2015/03/03 21:51 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。