GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

回顧:北九州記念 2015

■展開
11.7 - 10.2 - 10.8 - 11.2 - 11.9 - 11.5 (32.7-34.6)
ニザエモン、メイショウイザヨイ、サカジロロイヤル、レオパルディナが先行し、前半が32.7。通常の芝1200で言えば速い方でありますが、当レースで言えば平均的。その4頭の後ろでベルカントが2馬身程度離して追走する格好になりました。
5F目でガクッとペースを落とすという珍しい展開に。
中団が追い付くころには前の馬に力はなく、一気にベルカントが先頭に立ち、そのまま突き放してゴール。

■分析
ベルカント自体のラップは33.6-33.7ということで、前後半イーブンという理想的な配分になっています。
ベルカントが強かったにせよ、それより後ろで競馬した馬にとっては厳しい展開になりました。
やや力の劣る前の3頭を行かせて、自分は理想的なペースで競馬をするという人馬のクレバーな競馬が光ったレースだったと言えると思います。

指数的には結構優れていて、ベルカントは今後も期待できそうだなと考えています。
(このタイミングで判断するのが非常にむなしいですが。)

ビッグアーサーは、少し後ろから競馬をし過ぎた感があるので、まだ逆転の目があるかなーと思っています。思い入れも込めてですけどね。

■結果(第22回)
1着:ベルカント
2着:ビッグアーサー(○)
3着:ベルルミエール(◎)

5着:ミッキーラブソング(▲)
9着:サトノデプロマット(△)

■回収率(第22回消化)
◎○▲△馬連BOX|92%
◎単勝(参考)   |92%

相変わらず1着抜けが続いています。
◎○▲のワイドを買うことにすれば当たるような気がしてきました…。
スポンサーサイト
[ 2015/08/31 23:00 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:キーンランドカップ 2015

馬場がけっこう速くて、1分7秒台が出そうです。
前有利の前提で予想します。

■予想(第23回)
◎オメガヴェンデッタ
○トーホウアマポーラ
▲レンイングランド
△マジンプロスパー

まず本命の◎オメガヴェンデッタ。少し外枠が怖いですが、潜在能力的にはかなり期待している馬です。テンがそこまで早くないですが、前走のように二の脚でポジションを取れれば。
○トーホウアマポーラは昔よりも先行力が増している印象。差し決着だったCBC賞で先行して粘ったのは、地味ですがいい傾向だと思います。
▲レンイングランドは、陣営から「脚を溜めて」的な発言が出ていますが、元々は高い先行能力を持った馬。洋芝も合っているんじゃないかと。
古豪△マジンプロスパーは昨年同様の走りに期待。
[ 2015/08/30 10:27 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:北九州記念 2015 ③

北九州は木・金曜と雨が降ったようで、馬場が重くなっています。
土曜の3歳以上500万戦で1:08.8。だいぶ遅いです。

おそらく明日までにはもっと馬場が回復してくるでしょうが、1分6秒台はおろか、1分7秒台前半も難しいかなと考えています。
想定タイムは今のところ1:07.6くらい。
ハイペースになったとして33.0-34.6って感じでしょうか。

前記事でも触れた通し、これくらいの時計になると、そんなに差し有利って感じでもなくなります。
今年の予想は、例年の超高速戦前提ではなく、一般的な前傾ラップでの芝1200戦のスタンダードな予想にします。
位置取りは割と前有利と見ます。

■予想(第22回)
◎ベルルミエール
○ビッグアーサー
▲サトノデプロマット
△ミッキーラブソング

レベルの高い阪神牝馬ステークスで強い競馬をした◎ベルルミエールを本命に。前走、芝1200でもそこそこやれるところを見せてくれました。どちらかというと中京芝1200よりは小倉の方が向いていると思います。
少し外目ですが、先団には取りついてくれるでしょう。

続いてスプリント路線の次期エース候補○ビッグアーサー。本命じゃないのかよ!と突っ込まれそうですが、牝馬とはいえ53キロで走れる牝馬の方を上にとったというだけです。これまでのレースではしっかり力のあるところを見せてくれています。
ただ、例えばロードカナロアが登場してきたときほどのぶっ飛んだ感じではまだなく。ここが試金石かと。

▲サトノデプロマットは地味に強い競馬ができる馬と評価しています。特に3走前の阪神を評価。高速馬場だった船橋ステークスでもしっかり強い競馬をしていますし、斤量も軽め。一発頑張ってほしいところです。

最後に△ミッキーラブソング。どちらかというと前走の佐世保ステークスよりも5走前の六甲アイランドステークスを評価。位置取りが後ろからになりそうなので、1分6秒台での決着になりそうであれば本命も考えたんですが、少し馬場が遅そうなのでこの評価に。

人気馬で消したところでは…
まずベルカントですが、前走こそ強かったものの、芝1200のトップスピード持続戦ではまだ不安があります。状態の違いがあったと言われればそれまでですが、シルクロードステークスの惨敗で評価を落としたままです。
バーバラは年齢で消し。6歳以上の牝馬の成績は芳しくないです。
マイネルエテルネルは少し格が劣るかなと。近年ではそこまで高レベルのレースができていません。

結局あんまり検討を加えられませんでしたが、意外とさっくり付けた印が当たることもあるので、なんとかならないもんでしょうか(適当)
[ 2015/08/22 23:57 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:北九州記念 2015 ②

記事の順番が少し前後してしまいますが、推定前半3ハロンを試算したので掲載します。

2015北九州記念推定前半3ハロン

前半3ハロンが32秒台前半に突入するような平年通りのペースの場合、差し馬有利となります。
その場合、どちらかというとあまり前で競馬する馬よりは、本指数下位の馬から拾っていく方が有効だと思われます。
ただし、通常は先行するスタイルの馬でも、本レースの特徴を知っている騎手があえて後ろから競馬するケースも考えられるわけで、注意が必要です。
もちろん、「先行してナンボ」の馬ってそうそう簡単にスタイルを変えられないはずなので、あまり深読みし過ぎない方がいいと思いますけどね。

また、先行馬なのに、参考としたレースのペースのせいで下位に来ている馬がいます。マイネルエテルネル、サカジロロイヤルなど。こちらは脳内補正が必要ですね。使いづらいデータですいません。

総じて言えるのは、先行馬が多いなということ。
去年はやや落ち着いたペースになりましたが、今年は例年通りのハイペース前提で考えていく方がいいと思ってます。

※おまけ※
過去9レースの北九州記念の、走破タイムと位置取りとの関係のデータです。

◆脚質上り別集計(1:07.2以下)
集計期間:2010. 8.15 ~ 2013. 8.18
--------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
平地・先行 0- 1- 1-15/17 0.0% 5.9% 11.8% 0 18
平地・中団 4- 2- 2-18/26 15.4% 23.1% 30.8% 211 148
平地・後方 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0% 0 37
--------------------------------------------------------------

◆脚質上り別集計(1:07.3以上)
集計期間:2006. 8.13 ~ 2014. 8.24
--------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
平地・先行 4- 2- 3-14/23 17.4% 26.1% 39.1% 272 167
平地・中団 1- 3- 1-27/32 3.1% 12.5% 15.6% 228 200
平地・後方 0- 0- 1-21/22 0.0% 0.0% 4.5% 0 38
--------------------------------------------------------------

時計が速くなるほど差し傾向が強まります。
今年の馬場はどうなんでしょうか。最近スマホゲームばっかやっててレースを見ていないので傾向がわかりません(ヤバい)…
[ 2015/08/20 23:34 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:北九州記念 2015 ①

このレースはスプリント重賞の中でも癖が強く、必ずしも人気馬がそのまま来るわけではありません

走破タイムも、前半も非常に速い決着になることが多いのがその理由だと考えられます。
走破タイムは1分6秒台に突入することもおおく、また前半3Fもしばしば32秒台前半が出るほどです。

これによる傾向としては、昨年も触れましたが、「軽斤量馬が有利になる」ということ。

過去9レースの数字ですが、牡馬なら55キロ以下、牝馬なら53キロ以下というのが好走ゾーンになります。
当然、実績的に出走馬の中でも一枚劣って見える馬が好走ゾーンに当たることになります。
◆斤量別集計
集計期間:2006. 8.13 ~ 2014. 8.24
限定条件:牡・セン馬のみ
-----------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
~49kg 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
49.5~51kg 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 80
51.5~53kg 1- 2- 0-18/21 4.8% 14.3% 14.3% 347 132
53.5~55kg 3- 1- 1-19/24 12.5% 16.7% 20.8% 168 230

55.5~57kg 0- 0- 2-22/24 0.0% 0.0% 8.3% 0 27
57.5~59kg 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0 48
-----------------------------------------------------------------

◆斤量別集計
集計期間:2006. 8.13 ~ 2014. 8.24
限定条件:牝馬のみ
-----------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
~49kg 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
49.5~51kg 0- 1- 1-15/17 0.0% 5.9% 11.8% 0 60
51.5~53kg 4- 4- 2-23/33 12.1% 24.2% 30.3% 226 150
53.5~55kg 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
55.5~57kg 1- 0- 2- 1/ 4 25.0% 25.0% 75.0% 62 112
57.5~59kg 0- 0- 0- 0/ 0
-----------------------------------------------------------------


また、高速馬場のレースにしては珍しく、差し馬が馬券になりやすいことも挙げられます。
これも、先ほど述べた異常に速い前半タイムが影響するのかと。
◆脚質上り別集計
集計期間:2006. 8.13 ~ 2014. 8.24
-------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
平地・先行 4- 3- 4- 29/ 40 10.0% 17.5% 27.5% 156 104
平地・中団 5- 5- 3- 45/ 58 8.6% 17.2% 22.4% 220 176
平地・後方 0- 1- 2- 39/ 42 0.0% 2.4% 7.1% 0 37
-------------------------------------------------------------------

これに加え、昨年狙いとして挙げた「高速馬場の京都芝1200における消耗戦の好走馬を狙う」という作戦を今年も使ってみたいと思います。
昨年は珍しく少し遅め(それでも33.1の前半3Fですが)のペースになったこともあり、前有利の結果となり、大きく外してしまいました。
今年はどうなるか…上手くリベンジできるといいんですが。
次の記事で具体的な馬を見ていきます。
[ 2015/08/17 16:05 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:アイビスサマーダッシュ 2015

■展開
12.1-10.0-10.4-10.1-11.5

外からスタートよく飛び出したベルカントが最後まで押し切って超久しぶりの重賞勝利。
古馬スプリント路線ではイマイチ君になっていましたが、見事輝きを取り戻しました。

■分析
例年に比べると前半2Fが22.1と遅め。過去10年の平均で21.7くらいですからね。
そこからL2で再加速が入り、L1で落とす展開。

新潟千直(のうち上位のクラスのレース)における特徴の一つがこのL2での再加速です。
これによって、単純なゴリゴリの消耗戦とは一味違ったレース内容になっています。
ベルカントは元々先手を奪ってペースをコントロールしてから加速を入れて後続を出し抜く競馬を得意としていましたが、その適正が生きたのかもしれません。
個人的には、10秒レベルのラップが連続するレースでは、いかに再加速が入るような展開でも、適正的に合わないと考えていました。出し抜かれたのはこっちですね。お見事なレース内容でした。

また、年齢的に4歳⇒5歳⇒6歳での決着ということで、若い馬が上位に来ています。
昨年は年齢を重視してセイコーライコウを切って玉砕。今年は年齢を軽視して裏目…
ちょっとリズムが悪いですね。

このレースはやはり能力というよりも適正がモノを言うレースだという理解にしておいた方がいいかなと。
韋駄天ステークスで好走してくるような馬を除き、年齢も重視した方がいいんでしょうね。

また、指数を基にしたレースレベル判断としては例年と同等かちょっと劣るくらいの理解です。
上位馬はそんなに重視しないことにします。

■結果(第21回)
1着:ベルカント
2着:シンボリディスコ
3着:アースソニック(○)
4着:セイコーライコウ(◎)

7着:ヘニーハウンド(▲)
12着:サカジロロイヤル(△)

■回収率(第21回消化)
◎○▲△馬連BOX|96%
◎単勝(参考)   |97%

ついに回収率100%を切ってしまいました。
そろそろなんとかしないと・・・
[ 2015/08/11 21:08 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

今週はお休みします

ちょっと更新が滞っております。

今回は仕事が多忙…というわけではなく、年甲斐もなくスマホゲームにハマってしまっているため。

「三国志乱舞」というちょっと前のゲームなんですが、元々三国志好きなので武将のカードを集めるのが楽しくて楽しくて…今のところ課金はせずに済んでいるんですが。
このままいくと危ないです(*´ω`*)

今週はUHB賞を予想しようと思っていたんですが、旅行に行くこともあって、お休みとさせていただきます。
注目馬はルチャドルアスールですかね。

来週中にはアイビスサマーダッシュの回顧記事を書く予定ですが、予想に適したレースが無いので予想は2週連続でお休み。
再来週の北九州記念から再開する予定です。
[ 2015/08/07 23:35 ] 競馬随想 | TB(0) | CM(0)

予想:アイビスサマーダッシュ 2015 ②

土曜の9R、閃光特別は55.1での決着。
明日のアイビスサマーダッシュは54.2程度の走破タイムになると予想します。

今回は珍しく、全馬レビュー形式で予想をしていきます。

①アンゲネーム
千直得意のコース巧者ですが、さすがに高齢となりジリ貧。今回も5着くらいならありそうですが、積極的に印を付ける余地はなさそう。

②マコトナワラタナ
千直は初ですが、意外と得意なんじゃないかと見ています。セイコーライコウのような感じで、高速馬場での平均~スローのレースで、長くトップスピードを持続するのが向いている馬。オープン勝ちと実績もそこそこあるんですが、さすがに近走は陰りがみえている印象。せめて前々走の鞍馬ステークスでもう少し頑張っていたらなと。一昨年に出てたらもっと面白かったかも。

③サフィロス
成績の良い3歳馬ですが、さすがに長期休み明けで買いづらいです。アイビスサマーダッシュは間10週以降の成績がガクッと落ちるので。

④フレイムヘイロー
前々走の韋駄天ステークスで、セイコーライコウやアースソニック、ネロといった競合を破ったコース巧者。悪くないですが、やはり斤量が前々走から3キロプラスになるのは厳しいかなと。それに加えて、前々走はこの馬がかなりスムーズに競馬できていたのに対し、セイコーライコウやアースソニックは少し窮屈な競馬になっていました。その意味でも逆転されそうかなと。

⑤サカジロロイヤル
元々高速馬場での平均~スローペースで先行して良さが出る馬で、本来このレース向きのはず。準OPの稲妻ステークスではタイム差無しの2着とコース実績もあります。
前走韋駄天ステークスはやや出負けし、次々と前をふさがれる窮屈な競馬。最後ジリジリと伸びているようにも見えるだけに、スムーズに先行して競馬できれば面白そうなんですが。

⑥リトルゲルダ
当レースの実績もあり、さらにセントウルステークス(G2)勝ちもあるという実績馬。そういう意味では無下にしづらいんですが、4歳5歳時でも3着4着だったのに、6歳の今年はどうか…というのが不安材料。ローテーション的にもヴィクトリアマイルからというのは微妙。斤量も多いので買いづらい感じです。

⑦オースミイージー
実績薄いダート馬で休み明け。買えないです。

⑧ヘニーハウンド
当ブログ、韋駄天ステークス時の対抗馬。当時は人気薄でしたが、4着と健闘してくれました。この馬は馬場が速ければ速いほど力が出せるタイプの馬で、この舞台は望むところ、という感じだと思います。位置取りが微妙ですが、超高速馬場で超ハイペースになっても鈍らない末脚を使えるというのが特徴なので、今回もしっかりと伸びてくれるのではないかと見ています。戸崎騎手騎乗で人気してしまっているのが非常に残念。高齢なのも一抹の不安。

⑨シンボリディスコ
前々走、準オープンの駿風ステークスでネロの2着と健闘。年齢的にもまだまだ若くていい感じなんですが、少し実績が足りないです。

⑩エーシントップ
テンの脚があるので、おそらくこの馬かベルカントがハナを奪う格好になると思うんですが、11秒以下のトップスピードの持続力に問題があるようです。もっと遅い馬場か、もっと長い距離で緩急があった方がいいのでは。

⑪レンイングランド
このレースで成績の良い3歳馬。前走函館スプリントステークス3着でアッと言わせました。買いたい要素をかなり持っている馬ではあるんですが、前走は極端なハイペースの前崩れを最後方から追い込んだ展開利の結果ですし、高速馬場への適正も未知数なので多少評価を下げました。来たらごめんなさいです。

⑫アースソニック
昨年3着の実績馬。不調の時期もありましたが、今年は例年以上に順調な模様。前走はレベルの低い前崩れのレースを追い込んだ形なのであまり評価してないんですが、切るまでいかない感じ。

⑬ベルカント
4歳で牝馬、そしてバクシンオー。当レースで買いたい要素満杯の馬ですが、シルクロードステークスで惨敗しているようにトップスピード持続力に不安があります。

⑭セイコーライコウ
昨年の覇者。高齢なのが非常に不安ですが、8歳馬とは思えないほど近走も安定。芝1200の舞台だと好走すれども勝ちは無し…という地味な成績ですが、かといってあまり衰えを感じません。当レース、7歳以上馬の成績は極端に悪いんですが、過去に出走した高齢馬は、成績も落ち込んでいることがほとんど。安定しているこの馬なら!と期待を持ってしまいます。

■予想(第21回)
◎セイコーライコウ
○アースソニック
▲ヘニーハウンド
△サカジロロイヤル

まさかの7歳馬3頭、6歳馬1頭という御達者クラブ的予想になってしまいました。
一抹の不安を感じますが、実績重視の予想になってしまうのでまぁしょうがないです。
なんとかがんばってほしいですね(*´ω`*)
[ 2015/08/01 22:46 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。