GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

回顧:セプテンバーステークス 2015

今週はスプリンターズステークス。
サボってた自分が悪いんですが、さっさとG1検討に入りたいので回顧記事は簡単に更新させていただきます。

■展開
11.9 - 10.4 - 11.0 - 11.2 - 11.4 - 12.0 (33.3-34.6)

■結果(第26回)
1着:ヤサカオディール
2着:カシノワルツ
3着:アブマーシュ
4着:マルヨバクシン(◎)

6着:メイショウハガクレ(▲)
13着:シンジュボシ(○)
15着:ラフレーズカフェ(△)

■回収率(第26回消化)
◎○▲△馬連BOX|83%
◎単勝(参考)   |78%

軽ハンデ狙いは悪くなかったんですが、自分が買った馬以外の軽ハンデ馬が来たという印象。センスなかったですね。
スポンサーサイト
[ 2015/09/30 01:26 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(2)

予想:セプテンバーステークス 2015

■展開予想
金曜は雨で、正午時点で稍重。土曜はなんとか雨が上がるようですが、パンパンの良馬場は望み薄でしょう。
1:09.0前後のやや遅めのレースになるんじゃないでしょうか。

先行馬がけっこういるので、ペースは流れると予想します。
33.5-35.5程度の前傾ラップになるんではないかと。

■予想(第26回)
◎マルヨバクシン
○シンジュボシ
▲メイショウハガクレ
△ラフレーズカフェ

ハンデ戦で、荒れそうな予感がしたので、軽ハンデ馬で固めて振り回してみました。

ただし、◎マルヨバクシンは3歳馬でも期待の馬。人気していますが印を回しました。
シンジュボシは最近先行して粘れなくなっているので、逆にポテンシャルが試される今回でちょい化けに期待。
メイショウハガクレは、クラスでそこそこ頑張っているのに低評価が妙味。
ラフレーズカフェは、得意(だった)の中山芝1200、ちょい遅めの馬場予想。ここで来なかったらもう引退までこないんじゃないかぐらいのノリです。
[ 2015/09/26 02:17 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:セントウルステークス 2015

■展開
11.9 - 10.8 - 11.3 - 11.1 - 10.9 - 11.8 (34.0-33.8)

アクティブミノルがハナを奪うと、番手に付けたハクサンムーンも前を可愛がってそんなにペースが上がりません。
L3、L4と加速が入るという瞬発戦っぽい展開に。
直線に入ってもアクティブミノルの脚色が衰えず、そのまま後続の猛追をしのぎ切ってゴール。
休み明けの3歳馬が見事勝ち切ってみせました。

■分析
タイム(指数)的には、路線的にはそこそこと言えなくもないのですが、本レースとしては少し物足りないものでした。
ペースはスロー気味の平均ペースで、かつ後傾ラップ。逃げ馬が勝ったのも宜なるかなというラップです。
ただし、ハクサンムーンやルチャドルアスールといった他の先行馬が後方に沈んでいるので評価がしづらいですね。

私としてはやはり先行有利なラップだったと考えています。それを残せなかった先行馬たちは評価を低くせざるを得ません。
後方からの馬の評価が特に難しいと考えていて、最速で32秒台の末脚を使った馬がいますが、これがもっと締まったペースだったとしたらどうなるか・・・微妙ですね。
これについては他レースの実績を細かく見ていくしかないでしょう。
詳しくは来週のスプリンターズステークス時に触れます。

■次回注目馬
これは、という馬がいません。

■結果(第25回)
1着:アクティブミノル
2着:ウリウリ
3着:バーバラ
4着:ストレイトガール(△)

8着:ハクサンムーン(◎)
11着:ホウライアキコ(▲)
16着:マテンロウハピネス(○)

人気馬の多くが6歳以上になっていることに注目し、若い3歳に印を回したのは悪くない方針でしたが、「そっちの3歳か!!」という結果でした。
世代交代を予感させる結果でしたね。

■回収率(第25回消化)
◎○▲△馬連BOX|87%
◎単勝(参考)   |81%

今週はセプテンバーステークスを予想します。
[ 2015/09/22 12:28 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:セントウルステークス 2015

■展開予想
土曜の阪神12R、500万の芝1400は1:21.1。結構速い時計です。

これだと、セントウルステークスでは1:07.5くらいは出そう。
ハクサンムーンが逃げた2013年のイメージで、33.8-33.7的なラップを想定。
前半3Fがこれでも若干後傾になるんですね。

■予想(第25回)
◎ハクサンムーン
○マテンロウハピネス
▲ホウライアキコ
△ストレイトガール

まず、当レースで実績十分のハクサンムーンを本命に。今年の高松宮記念では、まだ力があることを証明しました。幸い高速馬場のようなので、すんなり先手を取って押し切る競馬を期待。

続いて、3歳馬から期待も込めてマテンロウハピネス。過去の記事で高松宮記念とNHKマイルカップの関連性について書いていますが、その時の条件で「NHKマイル出走馬で、以前にマイル重賞で好走している馬」が好成績であることに触れています。
この条件が通用するかは試してみないとわかりませんが、出世レースのアーリントンカップで逃げてタイム差無しの3着は良い感じです。人気もイマイチなので、一発に期待。

ホウライアキコは古馬になってから実績不足ですが、NHKマイル0.1差5着の実績があって上記の条件にも合いますし、高速馬場でのトップスピード持続戦は得意そう。

最後に、どうしても切れなかったストレイトガール。

ウリウリは、脚質的にも枠順的にも後ろからになってしまい、高速馬場では不利という読みで切り。

最近1番人気を切ると怖いんですが、信じて振り抜きます。
[ 2015/09/13 00:05 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:北九州短距離ステークス 2015

■回顧
12.0 10.9 11.2 11.1 11.3 11.3  (34.1-33.7)

テイエムゲッタドンが逃げ、後続も突かずスローペース。
なんと小倉芝1200にしては珍しい後傾ラップとなりました。

■分析
連対した2番手3番手の馬が33秒台前半。後ろからは届かない展開になっています。
今開催において差し傾向が強かったせいで、「前半飛ばしてはいけない」という強迫観念のようなものが騎手の間に生まれたせいではないかと考えています。
この馬場が来年も続くかはわかりませんが、開幕週をしっかりチェックして、昨年までの傾向に乗っかるのか、今年のイメージで買うのか慎重に判断したいと思います。

■次回注目馬
特に見当たりません。
強いていうならアットウィルかなーと思いますけど、おそらく人気するので妙味はないですよね。

■結果(第24回)
1着:メイショウライナー(△)
2着:アットウィル(◎)
3着:テイエムゲッタドン

8着:シンジュボシ(○)
9着:シルクドリーマー(▲)

■回収率(第24回消化)
◎○▲△馬連BOX|90%
◎単勝(参考)   |85%

微回復…
[ 2015/09/12 10:37 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

展望:セントウルステークス 2015

今週はセントウルステークス。
スプリンターズステークスの最重要な前哨戦です。

ロードカナロア引退後のスプリント路線は相変わらず混迷(低迷?)を極めており、なかなか覇者と言える馬が出てきていません。

そういう状況もあって、今回人気しそうな馬はけっこうベテランが多く、5歳のウリウリはいいとしてハクサンムーン、リトルゲルダ、ストレイトガールなどは揃って6歳馬。そろそろ年齢的に怪しくなってくる頃です。

◆年齢別集計
集計期間:2007. 9. 9 ~ 2014. 9.14
--------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
3歳 2- 1- 1- 13/ 17 11.8% 17.6% 23.5% 153 111
4歳 3- 2- 2- 19/ 26 11.5% 19.2% 26.9% 70 52
5歳 3- 3- 3- 28/ 37 8.1% 16.2% 24.3% 132 124
6歳 0- 1- 2- 21/ 24 0.0% 4.2% 12.5% 0 77
7歳 0- 1- 0- 13/ 14 0.0% 7.1% 7.1% 0 18
8歳 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
--------------------------------------------------------------------
過去8年分のデータを見ても、3歳~5歳の馬が優勢であり、6歳以上の馬は苦戦しています。

上記のうち6歳馬の人気別内訳が以下
◆人気別集計
年齢:6歳
集計期間:2007. 9. 9 ~ 2014. 9.14
------------------------------------------------------------
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
1番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3番人気 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 50
4番人気 0- 0- 0- 0/ 0
5番人気 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 390
6番人気 0- 0- 0- 0/ 0
7番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
8番人気 0- 0- 0- 0/ 0
9番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
10番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
11番人気 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 443
12番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
13番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
14番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
15番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
------------------------------------------------------------
サンプル数的には微妙ですが、人気馬でもけっこう飛んでいます。
思い切って外してみるのもアリかもしれません。

じゃあ若い馬でどんなのがいるかというと…
■3歳馬
アクティブミノル、マテンロウハピネス
■4歳馬
ホウライアキコ(除外対象)、ミッキーラブソング
■5歳馬
ウリウリ、プリムラブルガリス(除外対象)、マイネルエテルネル

なんと除外対象を除くと5頭まで絞れるという状況。

かといって、ストレイトガールやハクサンムーンが切れるのかお前!!と言われると甚だ自身がありません(*´ω`*)
つまり、もし「若い馬優先」という方針で買うとしても、何頭か取捨選択しなければならないわけです。

次回以降、そんなテーマで予想しようかと思っています。
スマホゲームがますます面白くなってきた昨今、どんどん更新への自信が無くなっていますが…
[ 2015/09/08 23:57 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:キーンランドカップ 2015

■展開
12.1 - 10.6 - 11.3 - 11.8 - 11.4 - 11.4  (1:08.6|34.0-34.6)

逃げたのはクールホタルビ。
前半3Fは平均的なペースで流れましたが、4F目で11.8という衝撃的に遅いラップ。
どうやら、3角でクールホタルビが早くも手ごたえを無くすも、まだ先頭に立ちたくない番手の馬が位置関係を保ったもののようです。
キーンランド2015直線
直線入り口では見事に5頭が横並び。隊列もギュッと縮まって3~4馬身の間に全頭がおさまっています。

この時点で、大外を捲ってきたウキヨノカゼが先頭に立ち、そのまま抜けきってゴール。
見事オープン入り初戦で重賞制覇を飾りました。

■分析
やはり特徴的なのは4F目の緩み。
このせいで隊列が縮み、そしてラップ的にもL1まで落とさない瞬発戦の性格が強いものになっています。

そのため、タイム的な価値は非常に低くなってしまっています。
もちろん、それだけで今回の面子が全て低レベルということになるわけではありませんが、次走で参考にしづらいレースになってしまいました。

勝ったウキヨノカゼは、マイルを得意としてきた馬で、展開がハマった面が大きいと思います。
しばらく静観した方がいいのではないかと。

前後半のラップバランスだけ見れば平均ペースではあったが、11.8⇒11.4というギアチェンジを露骨に要求された前の馬より、後ろからスムーズに競馬できた馬の方が有利だったということではないかと見ています。
もちろん、ギアチェンジが得意な馬がいればその馬が勝ち切っていたんでしょうが、今回の面子にはいなかったということかと。

■次走注目馬
直線進路探しに手間取ったスギノエンデバー、レッドオーヴァルあたりが脚を余していた印象です。
ただし、これらの馬が次走狙いそうなスプリンターズステークスでは、後方から進めていては間に合わないことが多いので微妙化もしれません。

■結果(第23回)
1着:ウキヨノカゼ
2着:トーホウアマポーラ(○)
3着:ティーハーフ

4着:オメガヴェンデッタ(◎)
10着:レンイングランド(▲)
12着:マジンプロスパー(△)

マジンプロスパーはやっぱり年齢的にキツイですかね。
レンイングランドですが、スタートは良かったのに、一旦後ろに下げてしまったのがもったいないと感じました。こんど内枠を引けたらすんなり先行させてみて欲しいですね。ラップ的にももっと消耗戦の方が向いていると思います。
オメガヴェンデッタは少しがっかりした結果ですが、もう少し期待を込めて見守っていきたいと思います。

■回収率(第23回消化)
◎○▲△馬連BOX|88%
◎単勝(参考)   |88%
[ 2015/09/07 12:10 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:北九州短距離ステークス 2015

今年の小倉は、例年より明らかに差しが決まりやすくなっているようです。

夏開催の小倉芝1200(3歳以上)戦の位置取り別データです。
◆脚質上り別集計
集計期間:2015. 8. 1 ~ 2015. 8.30
-------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 1- 11/ 12 0.0% 0.0% 8.3% 0 11
平地・先行 5- 3- 2- 33/ 43 11.6% 18.6% 23.3% 51 66
平地・中団 6- 6- 4- 61/ 77 7.8% 15.6% 20.8% 95 87
平地・後方 1- 3- 5- 49/ 58 1.7% 6.9% 15.5% 9 81
-------------------------------------------------------------------
◆脚質上り別集計
集計期間:2011. 8. 6 ~ 2014. 8.31
-------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 9- 2- 4- 28/ 43 20.9% 25.6% 34.9% 899 181
平地・先行 19- 24- 18-116/177 10.7% 24.3% 34.5% 63 98
平地・中団 14- 15- 16-226/271 5.2% 10.7% 16.6% 71 89
平地・後方 1- 2- 5-181/189 0.5% 1.6% 4.2% 1 25
-------------------------------------------------------------------

推定前半3ハロンがあまり使えないこともあって苦戦が続いています。

また、騎手・陣営の方もこの傾向を把握しているのでしょうか。前半からガンガン飛ばしていくのではなく、ある程度抑えて競馬をしているように感じます。北九州記念のベルカントがいい例ですね。

このせいで、いつもはハイペースが当たり前のコースですが、平均ペースのレースが続出しているようです。

仮説としては京都芝1200戦に近いのかと。そこで速い上がりを使って好走している馬のイメージがいいのかもしれません。

■予想(第24回)
◎アットウィル
○シンジュボシ
▲シルクドリーマー
△メイショウライナー

…人気どころですが。
[ 2015/09/05 09:31 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。