GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

予想:天皇賞(秋) 2015

明日になって気持ちがグラつかないように記事に書いておきます。

◎ショウナンパンドラ
○イスラボニータ
▲ラブリーデイ
△エイシンヒカリ

外枠不利とされるレースですが、最近の府中が外差し傾向なので、逆に美味しい気がしてきました。

徐々に力を付けてきたショウナンパンドラですが、前走は驚きの末脚でした。オールカマーって基本的に秋天との相性はイマイチなんですが、先行有利なレースでズバッと差し切ったところがインパクト大。府中でも突き抜けてくれそうな予感がします。

4~5歳が強いレースですし、母父ND系というのも相性がいいので、好走条件をかなり満たしてくれてるんですよね。
この馬から馬連を流したいと思います。
スポンサーサイト
[ 2015/10/31 22:29 ] 重賞予想 | TB(0) | CM(0)

予想:桂川ステークス 2015

■展開予想
相変わらず京都芝はかなりの高速状態のようです。
土曜9Rでは、芝1200の1000条件で1:07.6(34.0-33.6)という速い時計が出ていました。
準OPでも1:07秒台前半が出るのは間違いないでしょう。
推定走破タイムは1:07.2程度かなと。

■予想(第29回)
前回と同様、二匹目のドジョウを狙った内枠作戦で行きたいと思います。

◎サンブルエミューズ
○トーキングドラム
▲ラヴァーズポイント
△ブライトチェリー

我ながら単純な馬券ですが、傾向がハッキリしているレースは振り切った方がいいんだよ…と自分に言い聞かせて買うしかないです。
[ 2015/10/24 20:11 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:オパールステークス 2015

■展開
11.9 - 10.4 - 10.6 - 11.2 - 11.1 - 11.5 ( 1:06.7|32.9-33.8)

スタート直後から、ルチャドルアスール、ネロ、サカジロロイヤルらによる激しいハナの奪い合い!結局ネロが先頭を奪いますが、そのせいもあって前半3Fが32.9という京都芝1200では考えられないようなタイム。

先団は6番手のビッグアーサーまでと、それ以降の大きく2隊に分断されます。ちなみに先団後ろのビッグアーサーで前半33.5、中団前のマコトナワラタナで33.8というところからも、いかにレースが流れたかがわかります。

直線に入るころにはネロ以外の先行馬がバテはじめ、ネロが抜け出た格好になります。それをビッグアーサーが楽々と交わして先頭に立つと、後続をグングン離してゴールイン。次世代の到来を高らかに告げるかのような圧勝でした。

■分析
ただでさえ高速馬場であった上にとんでもなく速いペースになったこもあり、究極のトップスピード持続戦になりました。
ネロ以外の先行馬は早々にギブアップしてしまっていますからね、かなりキツイ展開になったものと思われます。
それを易々と追走し、後続をちぎって捨てたビッグアーサーは、スピードで完全に圧倒していました。

指数的にはここ数年でもトップクラスの数字が出ています。高速馬場の京都、ハイペースと、いい指数が出やすい条件が揃ってはいますが、なかなかこのレベルのレースにはお目に掛かれません。14年シルクロードステークスのストレイトガール級かと。

スプリンターズステークスがイマイチ消化不良なレースになったことに加え、勝ち馬のストレイトガールがもうすぐ引退であることを考えると、当面スプリント路線はこのビッグアーサーを中心に回っていくと考えていいでしょう。

もちろん、適正的に最もハマったという可能性も考えておかなければなりません。例えば、稍重馬場でのポテンシャル戦になった淀屋橋ステークスでは、エポワスと0.0差だったわけです。夏を越して今回のレースで本格化したのか、元々高速馬場のトップスピード戦が得意な馬なのかは今後見極めていく必要があります。
しかし、当面はずっと本命にし続けていくに足るような圧倒的なパフォーマンスでした。次のG1が楽しみですね(*´ω`*)

■結果(第28回)
1着:ビッグアーサー(◎)
2着:マコトナワラタナ(○)
3着:ウイングザムーン

11着:ニザエモン(△)
16着:サカジロロイヤル(▲)

■回収率(第28回消化)
◎○▲△馬連BOX|96%
◎単勝(参考)   |79%

久しぶりに的中☆☆
マコトナワラタナは上手くインから競馬できていました。一応内枠狙いがハマったかなーと。
[ 2015/10/13 22:33 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:オパールステークス 2015

■展開予想
土曜日の傾向を見るに、かなりの高速馬場になっているようです。
深夜に雨が降るかもしれないという予報ですが、このまま高速馬場想定でいいかなと。

推定走破タイムは1:07.0程度。ペース次第では1分6秒台が出てもおかしくありません。
こうなってくると昨年も乗っかったように、極端な内枠有利の傾向になることが多いです。
参考:昨年のオパールステークス予想記事

■予想(第28回)
◎ビッグアーサー
○マコトナワラタナ
▲サカジロロイヤル
△ニザエモン

完全に思考停止、脳死状態の内枠ボックスにしました。
このブログも3年近くやってきているので、それなりに過去の傾向が頭に入ってきています。
一方でそれにだいぶ影響されてしまって、自分で考えることが少なくなってきているのかも…!?
などと、スプリンターズステークスの惨敗を振り返って思い始めています。
[ 2015/10/10 22:29 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:スプリンターズステークス 2015

スプリンターズステークスのレース後、ショックで熱を出して寝込んでしまい、更新が今になってしまいました。
嘘です。熱は出していませんが、ずっとフテ寝していました。

■展開
11.7 - 10.7 - 11.7 - 11.2 - 11.2 - 11.6( 1:08.1|34.1-34.0)

スタートでポンと出たのはミッキーアイルやベルカント、アクティブミノルといったところでしたが、ハクサンムーンが押して押してハナを奪います。それを見たベルカントの武豊騎手は手綱を引いて抑えに掛かり、アクティブミノルも競らない選択。ミッキーアイルに至っては掛かり気味になったのをなんとか抑える状態。
中間手前では一時、ハクサンムーンが後続を3馬身以上離すシーンもありました。そのハクサンムーンの前半3ハロンがなんと34.1!思わず「まじかよ!?」と声が出るほど遅い入りとなりました。

L3-L4で▼5の加速が入る瞬発戦の展開。コーナーで流れたからの直線。先行勢が後続をスッと突き放しにかかります。しかしラスト1Fで外に出した差し追い込み勢が先団を完全に飲み込み、その中でも1頭鋭く伸びたストレイトガールが勝利。
悲願のスプリントG1制覇を遂げました。

■分析
走破タイムはなんと、直前に行われた1000万条件より0.1遅いという驚愕の結果。
前半があまりにも遅かったこと、大きめの減速・加速が入るギクシャクしたラップだったことが原因だと思われます。
3着のウキヨノカゼが上がり最速で32.8。勝ったストレイトガールが33.1。どちらも中山芝1200ではほとんど見ない数字です。
このコースではこの辺りが上がりの限界値ということなんじゃないでしょうか。

よく京都芝1200戦の分析時に使う考え方ですが、「いかに速い上がりが使えるか」という点が問われたレースだったのではないかと考えています。
ペース的には先行勢の余力が残っていてしかるべきですが、末脚の限界を迎えてしまった馬が多かったのではないでしょうか。
もちろん、ハクサンムーンやベルカントなど、それ以外の要因が大きそうな馬もいます。ハクサンムーンはさすがに年齢を疑いたくなる状況。ベルカントは…なんなんでしょう。状態が悪かったんですかね。

■結果(第27回)
1着:ストレイトガール
2着:サクラゴスペル
3着:ウキヨノカゼ
4着:ミッキーアイル(○)

6着:リッチタペストリー(△)
9着:アクティブミノル(▲)
13着:ベルカント(◎)

というわけで、「世代交代」に賭けたんですが6歳馬⇒7歳馬が連対と、完全にトンチンカンな方針になってしまいました。
ただ、勝ち馬に限ってみれば、ロードカナロアの引退後、自分の中で最も強いと評価していた馬が勝ったので、ある程度の納得感はあるんですけどね。「なら買っとけよ」と言われてしまえばそれまでですが…。
今回は直前にチャットの予想会に参加させていただきましたが、多くの皆さんがストレイトガールを最上位評価されていました。素晴らしい。私も精進します。

■回収率(第27回消化)
◎○▲△馬連BOX|80%
◎単勝(参考)   |75%
[ 2015/10/10 09:51 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:スプリンターズステークス 2015 ②

■展開予想
土曜の馬場を見たところ、そこそこ速い馬場になっている感じです。
走破タイムは1:07.2程度と予想。

逃げるのはハクサンムーンが濃厚。
前走番手で控えて凡走。しかも逃げたアクティブミノルが逃げ切り勝ち。
この何走かは逃げなくても好績を残してきただけに前走の敗因が何なのか分かりませんが、陣営としては逃げて競馬したいと思うでしょう。そろそろ引退も考える時期でしょうし、納得のいく競馬をするために「逃げ」という選択を取りそう。
西園調教師「今回は何が何でもハナへという気持ち」(Gallop 2015年10月4日号)

内にベルカント、リッチタペストリー、外にアクティブミノル、ミッキーアイルが競り掛けてくるだろうと思われるので、ペースはどうしても速くなってくるんじゃないかと。

1:07.2(32.8-34.4)的なラップを想定。

■推定前半3ハロン
上でイメージしたタイムで、過去レースの位置取りデータを見てみましょう。
同コース、過去5年、1600万以上、勝ちタイム1:07.0~1:07.5のデータです。
◆脚質上り別集計
集計期間:2010.10. 3 ~ 2015. 4. 4
-------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0% 17 117
平地・先行 3- 3- 3- 24/ 33 9.1% 18.2% 27.3% 127 133
平地・中団 6- 5- 3- 48/ 62 9.7% 17.7% 22.6% 67 129
平地・後方 0- 0- 2- 44/ 46 0.0% 0.0% 4.3% 0 13
-------------------------------------------------------------------

逃げ馬はやはり優秀。それ以外だと、後ろ過ぎなければ十分馬券になる、という参考にしづらいデータです。

一応推定前半3ハロン表を試算してみました。
2015スプリンターズステークス

ちょうど中段と後方の狭間にストレイトガールとウリウリという人気馬が。判断が難しいですね。

■予想(第27回)
◎ベルカント
○ミッキーアイル
▲アクティブミノル
△リッチタペストリー

まず大前提として、予想の大方針としては大きく2つあります。
・若い馬重視(香港馬以外の6歳以上はバッサリ)
・後ろの馬軽視(推定前半3ハロン10位以下はバッサリ)
これでけっこう絞れます。

まず本命の◎ベルカント。今年のサマースプリントシリーズの覇者です。
ずいぶん軽視してきた馬ですが、ここ2走の充実ぶりから、評価せざるを得ないと観念しました。
前のポジショニングから、高速スピードを持続できる非常に強い馬です。中山コースや前傾ラップは多少不安ですが、勢いで乗り切ってくれるんじゃないかと。
これで凡走したらだいぶダサいんですが。

続いて春のG1で3着のミッキーアイル。休み明けでなければ本命も考えました。この馬のいいところは第一にスタートが速いところ。外の枠ですが、スッと先団に付けられるテンを持っています。2014スワンステークスでは高速馬場を逃げ切り。決して渋った馬場だけの馬ではないはずです。

▲アクティブミノルは前走フロックだけではないという評価。2歳~3歳春まではどちらかというと上がりの掛かるレースを前で持ちこたえる競馬を得意としていただけに、前走のような後傾の出し抜き系の競馬で好走したのは意外でした。そういう意味でも春から成長しており、まだ底が見えていないんじゃないかと。

最後に香港馬△リッチタペストリーを評価。春はエアロヴェロシティを本命にして的中できたんですが、柳の下のドジョウとばかりにまた香港馬に印を付けてみました。エアロヴェロシティより1枚劣るのは間違いないと思いますが、そこまで差がないと見ます。
前走、クリスフライヤーインターナショナルは、外枠から好位に付けようとしたところをさらに外から被され、一旦下げてしまいます。
そこから4角で押し上げながら直線では先頭にならびかけようかという競馬。内からスムーズに競馬できればもっとやれそう。

やはり「世代交代」に賭けてみることにしました。
過去に激戦を繰り広げてきた古豪が多いレースで、愛着のある馬たちもたくさんいるのですが、ばっさり切って若い馬で逝きます。
…リッチタペストリーは7歳?香港馬は年齢関係なしということでひとつよろしくお願いします。

※今回、カピバラさんにお誘いいただき、競馬ナンデというサイトで行われたスプリンターズステークス予想会議に参加させていただきました。みなさんありがとうございました。
他の参加者の方々の鋭い見解が沢山ありましたので、よろしければ過去ログを御覧下さい。
[ 2015/10/03 22:33 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:スプリンターズステークス 2015 ①

ロードカナロアの引退以降、群雄割拠の状態が続いていたスプリント路線ですが、主役を争ってきたハクサンムーンやストレイトガールも気づけば6歳になっています。
そろそろ当路線の「世代交代」も考えなければいけない時期。

今回は、年齢のファクターで見ていきたいと思います。
◆年齢別集計
集計期間:2004.10. 3 ~ 2013. 9.29
--------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
3歳 1- 0- 1- 11/ 13 7.7% 7.7% 15.4% 43 300
4歳 3- 2- 3- 14/ 22 13.6% 22.7% 36.4% 81 146
5歳 2- 6- 3- 38/ 49 4.1% 16.3% 22.4% 30 65
6歳 2- 1- 3- 33/ 39 5.1% 7.7% 15.4% 26 68
7歳 1- 1- 0- 24/ 26 3.8% 7.7% 7.7% 16 16
8歳 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 325 100
--------------------------------------------------------------------
過去10レースのデータですが、4歳馬が最も好成績。高齢だと厳しくなっています。

6歳以上の馬の成績に注目すると…
【6歳以上の成績】
牡馬・セン馬◆年齢別集計
集計期間:2004.10. 3 ~ 2013. 9.29
限定条件:牡・セン馬のみ
---------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------
6歳 2- 1- 3-29/35 5.7% 8.6% 17.1% 30 76
7歳 1- 1- 0-21/23 4.3% 8.7% 8.7% 18 18
8歳 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 325 100
---------------------------------------------------------------
牝馬◆年齢別集計
集計期間:2004.10. 3 ~ 2013. 9.29
限定条件:牝馬のみ
---------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------
6歳 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
7歳 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
8歳 0- 0- 0- 0/ 0
---------------------------------------------------------------
⇒6歳以上の牝馬は厳しい結果


続いて、6歳以上の馬の前走データを見ていきましょう。
◆前走レース名別集計
集計期間:2004.10. 3 ~ 2013. 9.29
ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------
セントウG2 1- 1- 1-21/24 4.2% 8.3% 12.5% 17 66
安田記念G1 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0% 40 74
アイビスG3 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 283 100
シャVG3 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 2930 900
香港MG1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 130
ジュCG1 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 345
函館スプG3 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
クラン 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
CマイG1 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
CBC賞HG3 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
セントウG3 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
キーンラG3 0- 0- 0-12/12 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
北九州記HG3 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
高松宮記G1 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
----------------------------------------------------------------
◆前走着差別集計
前走レース名:セントウG2
集計期間:2006.10. 1 ~ 2013. 9.29
---------------------------------------------------
前走着差 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
勝0.3~0.5 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
勝0.1~0.2 0- 0- 0- 0/ 0
勝0.0 0- 0- 0- 0/ 0
負0.0 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
負0.1~0.2 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
負0.3~0.5 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% テイクオーバーターゲット
負0.6~0.9 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1% マヤノリュウジン
負1.0~1.9 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
---------------------------------------------------
◆前走着差別集計
前走レース名:安田記念G1
集計期間:2005.10. 2 ~ 2012. 9.30
---------------------------------------------------
前走着差 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
負0.0 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% サイレントウィットネス
負0.1~0.2 0- 0- 0- 0/ 0
負0.3~0.5 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
負0.6~0.9 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% アドマイヤマックス
負1.0~1.9 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
---------------------------------------------------
◆前走着差別集計
前走レース名:アイビスG3
集計期間:2004.10. 3 ~ 2008.10. 5
---------------------------------------------------
前走着差 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------
勝0.3~0.5 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% カルストンライトオ
---------------------------------------------------
⇒意外と前走負けていても来るもんですね。
 6歳以上の馬で馬券圏内に来ているのは「香港馬」か「G1馬」。
 これが今年も当てはまるなら、結構絞りやすいんですけどね。
[ 2015/10/01 23:49 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。