GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

予想:アイビスサマーダッシュ 2016

時間切れで簡易予想です。

54.0程度のイーブンラップ、高速平坦戦を想定。
そこまで厳しくならない流れの中で、どこまでトップスピードを持続できるかというレースになるかと。

本命は◎ベルカント。昨年の覇者であり、G1でも好走できている格上位馬で、調子もよさそうなので逆らえないと判断。
続いて○ネロ▲プリンセスムーンと人気通りの評価。これらの馬もOP戦で結果を出しており、かつコース適正にも優れている。
最後に穴で△サトノデプロマット。隠れて結構強い馬だと思っていたが、近走不調。ここで新味が出るか。

■結果(第19回)
◎ベルカント
○ネロ
▲プリンセスムーン
△サトノデプロマット

ガミりそうですが。なんとか引っかかれば。
スポンサーサイト
[ 2016/07/31 10:57 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

今週も競馬ナンデツイキャスに出演します!!

夏です!!
今週はアイビスサマーダッシュ!!

今回も、競馬ナンデ公式ツイキャスに出演します!!

7月30日(土)22:00~

ぜひ聞いてみてください(*´ω`*)
[ 2016/07/29 22:51 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

回顧:函館2歳ステークス 2016

■展開
11.7 - 10.7 - 11.1 - 11.6 - 12.0 - 12.1 1:09.2 (33.5-35.7)

ハイペースの低速消耗戦。レースレベルは例年通りと見ている。

押してハナを奪ったザベストエバーが引っ張り、かなりの前傾ラップとなった。しかし結果を見れば先行馬が押し切った形となった。素直に上位の馬を評価すべきだと思う。

レヴァンテライオンはまずスタートが抜群。内の馬を行かせてスムーズに先行集団に付け、直線抜け出しで完勝。
モンドキャンノもスムーズなレースが出来たが、ポジションの差が出てしまった格好。
もう少し時計が掛かる展開になれば違う結果になったかもしれない。

追走に苦労しながらも上がりをまとめているメローブリーズあたりは距離延長で期待するのがよさそう。

個人的には、馬場の速さを読み間違ったのが反省点。ここまで時計が出るなら、ポジショニング寄りの予想もアリだったかなと。来年まで覚えていられるのだろうか…

■結果(第18回)
1着:レヴァンテライオン
2着:モンドキャンノ(◎)
3着:タイムトリップ
4着:メローブリーズ(○)

11着:フクノクオリア(▲)
16着:ラーナアズーラ(△)

■回収率(第18回消化)
◎○▲△馬連BOX|73%
◎単勝(参考)   |254%
[ 2016/07/25 22:27 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:函館2歳ステークス 2016

■展開予想・分析
週中天気に恵まれ、もう少し速い馬場になっていると思ったらそこまででもなかったです。
1:10.0(34.0-36.0)といったタイム・ラップを想定します。
出走各馬が勝ち上がってきた新馬戦や未勝利戦と比べると、このレースは相対的に非常にタフなレースになると言えます。新馬戦だと前半3F35秒台とか普通ですが、函館2歳ステークスだと34秒台前半が標準で、何なら33秒台に突入します。
新馬戦や未勝利戦を軽快に逃げ先行で勝ってきた馬でも、そのレースで上がりで限界を見せてしまった馬だと、さらに厳しくなる今回ではしんどくなってしまうんではないか、というのが今回の予想テーマです。

■予想(第18回)
◎モンドキャンノ
○メローブリーズ
▲フクノクオリア
△ラーナアズーラ
本命はモンドキャンノ。前走はスローペースの割にいい時計で走っていて、先行しながらも上がり1位。まだ底を見せていない感じもあり。人気していても嫌えない。

続いてメローブリーズ。前走重馬場の持久戦でポテンシャルを生かして突き抜けていた。スタートおよびスピードは微妙だが、内枠を生かして上手くカバーしてくれれば。

続いてフクノクオリア。モンドキャンノに新馬戦で千切られた組だが、ドゥモアゼルよりも持続戦向き。

最後にラーナアズーラもスローの新馬戦で先行して上がり1位。
[ 2016/07/23 22:13 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:バーデンバーデンカップ 2016

■展開
12.3 10.6 11.1 11.3 11.3 11.7 (1:08.3|34.0-34.3)
ルチャドルアスールがあっさりハナを奪って落ち着いた前半戦。結果的にイーブンラップになった。
後半(上がり)は加速の入らない消耗戦。あまりL1は落としていない。

逃げたルチャドルアスールは直線で力尽きたところを、番手のジャストドゥイング、さらに外を回したアットウィル、インのポケットにいたオウノミチが交わしにかかると、オウノミチがさらにグイッと抜け出しして勝利。
各上挑戦をものにしました。

■分析
レベルはオープン戦としてはイマイチという印象。
前半が緩くなったせいもあると思います。
このペースもあって、後ろからでは競馬にならない展開になったと言えます。

最も展開的に恩恵を受けたのはルチャドルアスールのはず。それにしては情けない結果になってしまいましたね。
続いて恵まれたのがオウノミチ。インのポケット。4角も外を回さずスムーズに効率よくレースができました。
ジャストドゥイングは1頭外を回したのが響いたと言えそうです。斤量の関係上、評価すべきならオウノミチよりこっちかなと。
アットウィルはさらに外を回してしんどくなってしまいましたね。

■結果(第17回)
1着:オウノミチ(○)
2着:ジャストドゥイング
3着:バクシンテイオー
4着:ワキノブレイブ(▲)

9着:ルチャドルアスール(◎)
12着:スカイキューティー(△)

■回収率(第17回消化)
◎○▲△馬連BOX|78%
◎単勝(参考)   |269%

だんだんジリ貧になってきてしまいました(*´ω`*)
[ 2016/07/18 12:30 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:バーデンバーデンカップ 2016

■展開予想
雨が降るかと心配しましたが、なんとか天候に恵まれ、良馬場で開催できています。
だいぶ内側の芝が荒れてきているからか外枠の馬の活躍が目立っていますが、逃げ馬もしっかり結果を出しているという複合的な状況。
走破タイムは1:08.2(33.5-34.7)程度と予想。
馬場はそこそこ速い状態のようです。
ルチャドルアスール、オウノミチあたりが引っ張って締まったレースになるかなと。

■予想(第17回)
◎ルチャドルアスール
○オウノミチ
▲アットウィル
△スカイキューティー

シンプルに逃げ馬を中心とした先行馬狙いです。

逃げ馬候補筆頭のルチャドルアスールを本命に。近走不調ですが、復活なるか。どうやら1分7秒台に入ってくる高速馬場の方が力を発揮しやすいタイプ。ギリギリ7秒台いかなそうな今回はどうなるか。

続いてオウノミチ。先行して消耗戦を粘れるタイプ。

アットウィルは人気ですが、切れませんでした。

最後にスカイキューティー。しつこく狙っています。
[ 2016/07/16 22:19 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

回顧:CBC賞 2016

■展開
1:07.2 (33.8-33.4)の高速平坦戦。レースレベルは高くないと見ている。

ベルカントがハナを奪うが、道中ラヴァーズポイントがぴったり突っついてプレッシャーを掛ける展開。レースを見ている最中は「けっこう流れた」という印象だった。
結果的には、超高速馬場の恩恵(?)を受け後傾のスローラップになった。

■分析
ラップおよび2~4着の顔ぶれだけ見れば、「超高速馬場の後傾スローのレースで、前に行った馬のうちトップスピード持続戦に対応しきれた馬が残った」と言える。
ただ、レッドファルクスだけは末脚で他馬を大きく上回っていた。2012年の改装以降、中京芝1200の上がり最速は、12年尾張Sスギノエンデバー・13年高松の宮記念ロードカナロアの33.2。これを0.5秒も上回るものだった。もちろん、ほとんどの馬の上がりが33秒台前半だったように、超高速馬場のせいもあるが、それにしてもよく伸びたなという感じ。デムーロ騎手の手腕も大きいと思う。

ここまでの高速馬場中京もなかなか見ないので、今後の生かし方が難しい。パッと見、高速馬場京都とリンクしそうなレースかなと。
あえて一頭注目馬を上げるならベルカント。重めの斤量でよく頑張っていた。

■結果(第16回)
1着:レッドファルクス
2着:ラヴァーズポイント
3着:ベルカント(○)

7着:ワキノブレイブ(◎)
9着:エイシンブルズアイ(▲)
11着:タガノアザガル(△)

■回収率(第16回消化)
◎○▲△馬連BOX|83%
◎単勝(参考)   |286%
[ 2016/07/07 23:10 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

回顧:テレビユー福島賞

■展開
12.1 - 11.1 - 11.1 - 11.3 - 11.0 - 11.6 68.2 (34.3-33.9)

ハッシュがすんなり先手を取ると、そのまま高速馬場だったにしてはゆったりとしたペースで引っ張ります。
直線手前からジャストドゥイングが競り掛け、直線で交わして抜け出して勝利。
休み明けを勝利で飾りました。

■分析
かなりの高速馬場だったわりにペースが遅かったこともあって、逃げ・番手馬の組み合わせという結果になりました。
レースレベル的には微妙ですかね。

個人的に期待していたジャストドゥイングが久々の勝利でホッとしました。
相変わらず首が高くてヒョコヒョコした走り。この辺が改善してくればもっと強くなるような気がするんですが。

■結果(第15回)
1着:ジャストドゥイング(○)
2着:ハッシュ
3着:ユキノアイオロス

6着:クリノコマチ(△)
9着:アドマイヤイナズマ(◎)
12着:タガノアザガル(▲)

■回収率(第15回消化)
◎○▲△馬連BOX|88%
◎単勝(参考)   |305%

ハッシュを切ったのはまずかったですね(*´ω`*)
[ 2016/07/04 23:16 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:CBC賞 2016

■展開予想
ついに開幕した夏競馬ですが、かなりの高速馬場になっているようです。
このままいくと1:07.0くらいのタイムが出てもおかしくありません。

また、ペースはベルカントがひっぱる展開が濃厚。軽斤量で前に行きたい馬が突っつく展開を想定すると、かなり締まったペースが予想されます。
前半をかなり速めに想定して33.5としても33.5-33.5的なイーブンペースが予想されます。

基本的に前にいないと競馬にならないと思われ、ポジショニングが大事になります。もちろん、基礎スピードの試されることになりますね。

■予想(第16回)
◎ワキノブレイブ
○ベルカント
▲エイシンブルズアイ
△ラインスピリット

◎ワキノブレイブはちょっと渋い位置づけの馬ですが、シルクロードステークス3着といったように地味ながら実力の裏付けがある馬です。2014年京洛ステークスのように、高速馬場で締まったペースになった時に力を出してくれそうです。
○ベルカントは昨年かなり充実していた馬で、休み明けですが調教もいいので復活に期待です。
▲エイシンブルズアイは人気通り、切りきれずという感じ。
△ラインスピリットはポジショニングを上手く生かせれば。

夏競馬のスタートを上手く切れればいいんですが(*´ω`*)
[ 2016/07/03 00:13 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:テレビユー福島賞 2016

いよいよ夏競馬開幕。福島の夏がやってきました。

例年は福島競馬場に行っていたのですが、今年から引越てしまったので参戦できず。さみしい限りです。

さて、梅雨まっさかりですが、福島の週中の天気はまずまずだったようで、良馬場での開催となりそうです。
ここ数年の傾向を見る限り、かなりの高速馬場と見た方がいいかなと。

そうなった場合、やはり開幕週ということもあって前残り狙いの予想になりますかね。

■予想(第15回)
◎アドマイヤイナズマ
○ジャストドゥイング
▲タガノアザガル
△クリノコマチ

アドマイヤイナズマは3走前の船橋Sの内容がよく、ポジショニング的にも優位に立てそう。
ジャストドゥイングは昨年の葵ステークス⇒CBC賞の内容的にもっとやれていいはず。休んでの立て直しに期待。

ハッシュは勢いがあるが、レベルが低いレースだったわりに人気し過ぎ。戦略的軽視。
[ 2016/07/02 09:36 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。