GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

予想:スプリンターズステークス 2016 ①

いよいよ今週からスプリンターズステークスの予想をしていきます!!

今日は重要なポイント「3歳馬の評価」についてです。

現在のように、9月末~10月初週の開催となってからの16レース(新潟開催2レース含む)の年齢別データです。

◆年齢別集計
集計期間:2000.10. 1 ~ 2015.10. 4
--------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
3歳 1- 0- 1- 19/ 21 4.8% 4.8% 9.5% 26 186
4歳 5- 2- 6- 28/ 41 12.2% 17.1% 31.7% 69 102
5歳 3- 10- 4- 57/ 74 4.1% 17.6% 23.0% 31 61
6歳 5- 2- 4- 47/ 58 8.6% 12.1% 19.0% 549 102
7歳 1- 2- 1- 36/ 40 2.5% 7.5% 10.0% 10 28
8歳 1- 0- 0- 10/ 11 9.1% 9.1% 9.1% 266 81
--------------------------------------------------------------------

御覧の通り、かなり3歳馬の成績が悪いです。

2着⇒4着降着のダッシャーゴーゴーを入れても微妙。
さらに、勝ったのは不良馬場で特殊なレースで前残りとなったレースのアストンマーチャンら。

簡単に分析するに、「この時期の3歳馬にとって究極のスピード戦はしんどい」ということなのではないかと。
スピードを問われるレースでは、そのスピードの源となる筋肉が必要なわけですが、まだ成長途中の3歳馬では不利となると思われます。

また、それもあって軽斤量の調整がなされているわけですが、初夏の4キロ減から徐々に3キロ減となり、当レースでは2キロ減となります。この2キロ減という斤量差は、冬まで継続するわけですが、初秋のこの時期では少し3歳馬にしんどいのかもしれません。

今年は3歳馬の勢いが注目されていますが、一気に3歳が世代交代というのは難しいのではないかと考えています。
スポンサーサイト
[ 2016/09/26 23:51 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:セプテンバーステークス 2016

週中の雨の影響が読めないのですが、稍重で1:09.0くらいの決着になるのではと考えています。

昨年は軽ハンデ馬の激走で大荒れでした。
非常に単純な思考ですが、2匹目の泥鰌(1匹目獲ってない)を狙って軽ハンデ馬狙いでいきたいと思います。

■予想(第24回)
◎アドマイヤイナズマ
○アブマーシュ
▲ユキノアイオロス
△カシノワルツ


アドマイヤイナズマは当クラスでそこそこ好走を続けてきている先行馬。今回は一気に3キロ減。

アブマーシュは昨年3着馬。そんなに調子も落としていなそう。

ユキノアイオロスは忘れたころに飛んでくる追込み馬。コース実績もそこそこ。

カシノワルツは少し調子を落とし気味に見えるが、陣営の言う「好走実績のある中山で52㌔だし時計のかかる決着なら」との言葉を信じて。
[ 2016/09/23 12:18 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

2016 芝1200リーディング状況

久しぶりに予想・回顧記事以外を書いてみます。

Targetデータのベタ貼り記事ですが、この時点までの芝1200戦におけるリーディングを見てみます。

9/11時点での芝1200リーディング(10走以上)
※1週間分データがずれているのはご愛敬で(*´ω`*)

◆ 2016年9月11日までの全芝1200戦
集計期間:2016. 1. 9 ~ 2016. 9.11
ソート:着別度数順   レース機会数 : 10 回以上
------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
藤岡康太 12- 7- 4-40/63 19.0% 30.2% 36.5% 159 89
戸崎圭太 11- 7- 3-20/41 26.8% 43.9% 51.2% 99 79
浜中俊 9- 6- 2-23/40 22.5% 37.5% 42.5% 122 73
吉田隼人 7- 9- 8-54/78 9.0% 20.5% 30.8% 55 77
バルジュ 7- 9- 3-30/49 14.3% 32.7% 38.8% 82 102
松若風馬 7- 6- 3-58/74 9.5% 17.6% 21.6% 237 96
三浦皇成 7- 1- 2-30/40 17.5% 20.0% 25.0% 71 47
幸英明 6-12- 9-61/88 6.8% 20.5% 30.7% 64 89
川田将雅 6- 8- 4-18/36 16.7% 38.9% 50.0% 76 89
勝浦正樹 6- 7- 8-42/63 9.5% 20.6% 33.3% 37 125
川須栄彦 6- 6- 9-41/62 9.7% 19.4% 33.9% 165 162
福永祐一 6- 6- 3-16/31 19.4% 38.7% 48.4% 67 94
松山弘平 6- 4- 6-58/74 8.1% 13.5% 21.6% 51 98
内田博幸 5- 4- 2-29/40 12.5% 22.5% 27.5% 41 53
和田竜二 5- 3- 7-49/64 7.8% 12.5% 23.4% 43 66
北村友一 4- 6- 4-53/67 6.0% 14.9% 20.9% 80 110
丹内祐次 4- 5- 2-56/67 6.0% 13.4% 16.4% 140 53
柴田大知 4- 4- 3-22/33 12.1% 24.2% 33.3% 163 85
武豊 4- 4- 2-26/36 11.1% 22.2% 27.8% 80 60
菱田裕二 4- 3- 2-45/54 7.4% 13.0% 16.7% 88 93
------------------------------------------------------------

意外!?藤岡康太騎手がトップです。他にも、全条件でのリーディングとは異なる面子がちらほら。これはローカル開催への出走によるものだと思います。ローカルは芝1200のレースが多いですよね。

続いて勝ち数ではなく連対率で見てみます。

◆ 2016年9月11日までの全芝1200戦 騎手別集計
集計期間:2016. 1. 9 ~ 2016. 9.11
ソート:連対率順   レース機会数 : 10 回以上
------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
戸崎圭太 11- 7- 3-20/41 26.8% 43.9% 51.2% 99 79
川田将雅 6- 8- 4-18/36 16.7% 38.9% 50.0% 76 89
福永祐一 6- 6- 3-16/31 19.4% 38.7% 48.4% 67 94
浜中俊 9- 6- 2-23/40 22.5% 37.5% 42.5% 122 73
バルジュ 7- 9- 3-30/49 14.3% 32.7% 38.8% 82 102
藤岡康太 12- 7- 4-40/63 19.0% 30.2% 36.5% 159 89
M.デム 4- 2- 3-14/23 17.4% 26.1% 39.1% 103 85
田中健 4- 3- 1-19/27 14.8% 25.9% 29.6% 196 80
柴田大知 4- 4- 3-22/33 12.1% 24.2% 33.3% 163 85
内田博幸 5- 4- 2-29/40 12.5% 22.5% 27.5% 41 53
武豊 4- 4- 2-26/36 11.1% 22.2% 27.8% 80 60
勝浦正樹 6- 7- 8-42/63 9.5% 20.6% 33.3% 37 125
柴山雄一 2- 5- 2-25/34 5.9% 20.6% 26.5% 27 57
吉田隼人 7- 9- 8-54/78 9.0% 20.5% 30.8% 55 77
幸英明 6-12- 9-61/88 6.8% 20.5% 30.7% 64 89
三浦皇成 7- 1- 2-30/40 17.5% 20.0% 25.0% 71 47
森裕太朗 1- 1- 0- 8/10 10.0% 20.0% 20.0% 275 86
川須栄彦 6- 6- 9-41/62 9.7% 19.4% 33.9% 165 162
岩田康誠 3- 9- 6-44/62 4.8% 19.4% 29.0% 41 56
吉田豊 2- 3- 2-19/26 7.7% 19.2% 26.9% 179 98
------------------------------------------------------------

戸崎騎手が圧倒的な成績。元々は地方出身でダートのイメージでしたが、すっかり芝でも結果を出しています。後ほど触れますが、中~長距離よりも短距離の方が得意なのは意外でした。
他に、川田騎手、福永騎手も素晴らしい成績です。

◆ 2016年9月11日までの全芝戦 騎手別集計
集計期間:2016. 1. 5 ~ 2016. 9.11
ソート:連対率順   レース機会数 : 10 回以上
-----------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
モレイラ 10- 8- 5- 11/ 34 29.4% 52.9% 67.6% 77 94
ルメール 73- 41- 40-145/299 24.4% 38.1% 51.5% 88 85
戸崎圭太 69- 51- 36-190/346 19.9% 34.7% 45.1% 75 84
福永祐一 49- 48- 32-153/282 17.4% 34.4% 45.7% 93 99
M.デム 60- 41- 33-173/307 19.5% 32.9% 43.6% 90 82
川田将雅 59- 33- 38-154/284 20.8% 32.4% 45.8% 102 84
ボウマン 3- 4- 2- 13/ 22 13.6% 31.8% 40.9% 106 93
浜中俊 26- 26- 8-113/173 15.0% 30.1% 34.7% 72 73
ベリー 6- 5- 6- 27/ 44 13.6% 25.0% 38.6% 68 65
シュタル 7- 3- 1- 30/ 41 17.1% 24.4% 26.8% 193 63
バルジュ 13- 20- 8- 96/137 9.5% 24.1% 29.9% 56 94
ホワイト 5- 6- 4- 32/ 47 10.6% 23.4% 31.9% 94 83
田辺裕信 27- 33- 23-193/276 9.8% 21.7% 30.1% 92 88
藤岡康太 22- 26- 18-166/232 9.5% 20.7% 28.4% 71 75
武豊 25- 25- 31-161/242 10.3% 20.7% 33.5% 64 78
ベリー 5- 7- 5- 42/ 59 8.5% 20.3% 28.8% 112 67
池添謙一 27- 19- 17-164/227 11.9% 20.3% 27.8% 67 67
吉田隼人 26- 28- 26-191/271 9.6% 19.9% 29.5% 50 74
四位洋文 13- 18- 12-114/157 8.3% 19.7% 27.4% 45 61
横山典弘 17- 17- 18-131/183 9.3% 18.6% 28.4% 40 66
-----------------------------------------------------------------

こちらは芝の全距離の成績。既に見てきた芝1200と比べると色々違いがありますね。
まず外国人騎手が多いこと。G1シーズンに外国人騎手が短期免許を取って参戦してくると、日本人騎手が追いやられてしまうようです。さらに、あまり短距離のレースには乗らないんですかね。

また、短期免許の騎手以外にも、全芝と芝1200で成績に偏りがある騎手もいます。
ざっと以下の通り。

   全芝と比べて好成績:戸崎、川田、福永、浜中、藤岡康太、柴田大知
   全芝と比べて悪成績:ルメール、デムーロ、田辺、池添、横山典

ルメール騎手は短距離になるとガクッと成績を落とします。要注意です。

この辺も抑えて秋競馬に臨むと面白いかもしれません。

回顧:セントウルステークス 2016

■展開
12.3 - 10.2 - 10.6 - 10.8 - 11.2 - 12.5  1:07.6 (33.1-34.5)
ビッグアーサーがポンといいスタートを切るとそのままハナへ。外からまさかのスノードラゴンが競り掛けてきますが、福永騎手は譲らずハナを主張。かなり速めのペースとなりました。直線に入っても後続を寄せ付けずそのまま逃げ切りました。

■分析
L1で11.2-12.5と落とした(このラップ本当か?との声もあるようですが)ところでネロが食い込んでくるも、ビッグアーサーが圧倒したといっていいです。休み明けかつ58キロのハンデを背負ってこのレースは素晴らしいと思います。

何より鞍上の福永騎手の分析、判断が素晴らしかったです。スピードに優れるも、上がり勝負では少し不安があった馬ですが、逃げることで能力を最大限発揮させることができました。G1も安定かと。

■結果(第23回)
1着:ビッグアーサー(▲)
2着:ネロ(○)
3着:ラヴァーズポイント

7着:ダンスディレクター(△)
8着:エイシンブルズアイ(◎)

■回収率(第23回消化)
◎○▲△馬連BOX|70%
◎単勝(参考)   |230%

また抑えていた人気馬で引っかけ。ディフェンスばかりでプラスが出ません。
[ 2016/09/17 21:44 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:セントウルステークス 2016

■展開予想
かなりの高速馬場になっていて、1:07.0(33.6-33.4)程度の高速平坦戦を想定。
スピードを問われる展開になり、時計の裏付けが必要になると思われます。

■予想(第23回)
◎エイシンブルズアイ
○ネロ
▲ビッグアーサー
△ダンスディレクター

本命はエイシンブルズアイ。CBC賞からの参戦で、他の人気馬が休み明けなのに比べると力を発揮しやすそう。かつ、2014オパールステークスのように超高速馬場での実績もあり、内枠もいい感じ。あとはちゃんと前目にポジションをとれるかがポイント。

対抗はネロ。こちらも夏競馬からの参戦。逃げることになりそうなのもポイント高し。不安は上がりがそんなに速くないジリ脚気味の点。どこまで前で粘れるか。

あとはビッグアーサーとダンスディレクターの人気馬を抑え。休み明けとビッグアーサーの斤量を鑑み、印を下げました。
[ 2016/09/11 11:04 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。