GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

回顧:南総ステークス 2016

かなり遅くなってしまいましたが、2016年最後の予想レースである南総ステークスの回顧をしていきます。
■展開
12.0 - 10.7 - 11.3 - 11.4 - 11.5 - 12.0  1:08.9 (34.0-34.9)
先行馬雁行状態からカシノワルツがハナ。3~4角を回るころにはクリノコマチが並び、他馬もグッと詰めて一団となった状態で直線へ。

内で粘る先行勢をさらに内からクリノタカラチャンが差し、それを大外からトウカイセンスがズバッと差し切ったところで決着。

■分析
勝ち馬から0.5差以内に13頭が入るという、いかにもハンデ戦という混戦での決着となりました。
最内を捌いて差してきたクリノタカラチャンは50キロをはじめとして、軽ハンデを生かした人気薄がかなり突っ込んできています。
また、外々を回してきた差し追い込み馬も上位にきています。
上記から、単純な実力比較ではなく、何よりハンデ、そして展開の影響が大きいレースだったと言えると思います。
次走以降は本レースの着順はあまり参考にできないなーという印象です。

■結果(第31回)
1着:トウカイセンス
2着:クリノタカラチャン
3着:アルマエルナト
4着:ダイワダッチェス(▲)
5着:クリノコマチ(△)

8着:デンコウウノ(○)
12着:ゴールドペガサス(◎)

■回収率(第31回消化)
◎○▲△馬連BOX|52%
◎単勝(参考)   |170%

これで2016年の予想は終了。
ひどい結果になってしまいました。
スポンサーサイト
[ 2016/12/31 11:08 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

回顧:ラピスラズリステークス 2016

■展開
11.7 - 10.5 - 11.0 - 11.5 - 11.5 - 12.2  1:08.4 (33.2-35.2)

内枠を利してラズールリッキーがハナに。シゲルカガと少し競り合うかたちとなってそこそこ速い前半。結果的に33.2-35.2と前後半2秒差のハイペースとなりました。
直線に入ると逃げるラズールリッキーを内ポケにいたナックビーナスが早々に捉え独走態勢に持ち込むかと思われたところをメラグラーナが悠々と差し切り。そのまま1.1/4馬身差をつけて圧勝しました。

■分析
前の馬での決着となりましたが、先ほど書いた通りかなりのハイペースでもありました。上位の馬たちは実力も伴っての結果だと思います。
また、勝ったメラグラーナはかなり圧巻の競馬でした。元々後半の能力については相当なものだと捉えていましたが、前半のポジショニングおよび前半でスピードを問われた時にどこまで後半も脚を使えるかが気になっていました。
前半3F33.2という速い流れを先団で楽に追走し、最後も楽に差し切り。これはかなり強いと思います。
2着のナックビーナスも、個人的にはG1でも通用する馬じゃないかぐらいに期待していた馬なんですが、それを易々と超えてくるとは。高松宮記念まで目が離せない馬になってきたと思います。

■結果(第30回)
1着:メラグラーナ
2着:ナックビーナス(◎)
3着:セカンドテーブル(○)

9着:ラズールリッキー(▲)
11着:キングオブロー(△)

■回収率(第30回消化)
◎○▲△馬連BOX|54%
◎単勝(参考)   |176%

だいぶ酷い成績になってきました。
[ 2016/12/30 17:38 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

回顧:京阪杯 2016

■展開
12.2 - 10.8 - 11.1 - 11.5 - 11.7 - 13.0  1:10.3 (34.1-36.2)
雨が降り続き、不良に近い馬場での開催となりました。

ネロが逃げ、前半3F34.1と、通常であれば平均的なペースで逃げますが、結果的に2秒以上のハイペース。
上がり最速のフミノムーンでも35.4の上がり。ほとんど馬が脚を使い果たしていた展開の中で、ネロだけが異次元の走り。
まさに「水掻きが付いている」とでも言わんばかりの走りで圧勝しました。

■結果(第29回)
1着:ネロ
2着:エイシンスパルタン
3着:フミノムーン(△)
4着:アースソニック(▲)

7着:ブラヴィッシモ(○)
12着:ティーハーフ(◎)
…綺麗に印と逆の順番での決着でした。
ズブズブの前崩れになると思いましたが、ほとんどすべての馬が脚を失った中で、先行馬中心で決まる展開になりました。

■回収率(第29回消化)
◎○▲△馬連BOX|56%
◎単勝(参考)   |182%
[ 2016/12/29 19:59 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

回顧:河北新報杯 2016

しばらく回顧記事をサボっていました。
ここから急ピッチで追い込みます。

■展開
11.9 - 10.5 - 10.8 - 11.4 - 11.2 - 12.4 1:08.2 (33.2-35.0)
※予想1:08.0(33.5-34.5)

セレッソブランコが内から強引にハナ、それをハッピーノリチャンとスペチアーレが争いながら進む前半。
ペースはかなり速くなりました。

直線、ハッピーノリチャンが周りを振るい落として抜けますが、それを先団に付けていたキングハートが強襲。さらに大外を追い込んできたヤマニンマルキーザとアレスバローズが並んだところでゴール。軍配はキングハートに上がりました。

■結果(第28回)
1着:キングハート
2着:ヤマニンマルキーザ(△)
3着:アレスバローズ
4着:ハッピーノリチャン(○)

9着:トロピカルガーデン(◎)
16着:エリーティアラ(▲)

逃げ先行で買ったところが、完全に差し追い込み決着になってしまいました。
極端なハイペース、前傾ラップによるものだと思いますが、今開催の福島芝は差しが決まりやすくなっていた印象があり、その影響もあると思います。

※2016福島秋開催 芝1200戦位置取り別成績
◆脚質上り別集計
集計期間:2016.11. 5 ~ 2016.11.20
-------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 4- 1- 0- 12/ 17 23.5% 29.4% 29.4% 121 58
平地・先行 6- 6- 8- 44/ 64 9.4% 18.8% 31.3% 124 97
平地・中団 6- 6- 5- 77/ 94 6.4% 12.8% 18.1% 34 75
平地・後方 1- 4- 4- 80/ 89 1.1% 5.6% 10.1% 57 63
-------------------------------------------------------------------

※2012福島春~2016福島夏開催 芝1200戦位置取り別成績
◆脚質上り別集計
集計期間:2012. 4. 7 ~ 2016. 7.24
------------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 72- 48- 26- 157/ 303 23.8% 39.6% 48.2% 214 155
平地・先行 136- 144- 125- 718/1123 12.1% 24.9% 36.1% 181 135
平地・中団 76- 92- 121-1415/1704 4.5% 9.9% 17.0% 62 70
平地・後方 18- 20- 30-1417/1485 1.2% 2.6% 4.6% 17 28
------------------------------------------------------------------------
若干ですけどね。

ともあれ、先行して粘った馬は評価しておきたいです。
ハッピーノリチャンは特に期待。
エリーティアラは最近のレースで復活していましたね。
トロピカルガーデン、スペチアーレにも注目です。

■回収率(第28回消化)
◎○▲△馬連BOX|58%
◎単勝(参考)   |189%
嗚呼…
[ 2016/12/28 00:19 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)

予想:南総ステークス 2016

■展開予想
1分8秒前半の中速平坦戦を想定。そこまで先行馬が揃っていないので、緩めの前半になるのではないかと。
例によって先行有利の予想とします。

■予想(第31回)
◎ゴールドペガサス
○デンコウウノ
▲ダイワダッチェス
△クリノコマチ

ゴールドペガサスを本命に。ハンデが重いですが、実績的には最上位で、同コースオープン戦で2着があります。タフな前傾ラップを前で残せるタイプ。自らペースを作る必要があります。近走鳴かず飛ばずですが、人気を落とし始めているので妙味的にも狙いやすいかと。

続いて近走安定しているデンコウウノと人気ですが3歳時重賞好走経験のあるダイワダッチェス。人気ですが切れず。

クリノコマチは軽ハンデで前で粘り込みに期待して。
[ 2016/12/18 09:54 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)

予想:ラピスラズリステークス 2016

最近全然回顧記事が間に合っていないんですが、その辺はおいておいて予想記事ぐらいはアップしていきたいと思います。
決して全然当たっていない結果を出し渋っているわけではありません(*´ω`*)

■展開予想
1:07.8(33.2-34.6)程度の中速平坦戦を予想します。
総論として前有利、あと外枠不利という方針です。

■予想(第30回)
◎ナックビーナス
○セカンドテーブル
▲ラズールリッキー
△キングオブロー

本命は◎ナックビーナス。強い3歳世代の中でもトップクラスの実力馬だと思っています。
展開も選ばず、スプリント戦における総合力を持っている印象。
すでにオープン勝ちしていますし、ここも楽に突破してほしいところです。

続いて○セカンドテーブル。
京都巧者の印象があって中山は未知数も、OPの前傾ラップでも健闘できているし、表面的なラップの字面だけ見れば十分期待できるかと。

続いて内を引いて逃げやすくなった▲ラズールリッキー。
イッテツとシゲルカガがどこまでハナを狙ってくるかですが、テンはかなり速いので早めにハナを奪うことは可能だと見てます。
道中コントロールして出し抜いてなんとか…という感じ。

最後に穴で△キングオブロー。とにかく中山で走る。年末年始に中山で走る。それだけです。

外枠がよろしくないレースだし、人気しているしでメラグラーナは消してみました。
強いとは思うが、いわゆるスプリントっぽい前傾のレースで後ろからどうなんだろうという疑問が残っていて、その辺の重箱の隅を突いてみました。いつもこういうので失敗している気がしますが…
[ 2016/12/10 09:50 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。