GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

淀短距離Sと北九州記念

※長篠ステークスの回顧記事ですが、途中まで書いてたのを
 紛失してしまったので公開が遅れています。すいません。

レディオブオペラの圧勝に終わった淀短距離ステークスですが、
改めて結果を見ていたら気づいたことがあったので、
少し考えてみたいと思います。

1着:レディオブオペラ
2着:エピセアローム(2012北九州記念3着)
3着:ローガンサファイア(2013北九州記念4着)
4着:ニンジャ(2013北九州記念2着)

レディオブオペラを除けば、北九州記念で好走歴のある馬が
上位に
入っています。
エピセアロームは単純に実力馬なので、複数重賞で上位に来るのは
当然なのかもしれませんが、ローガンサファイアやニンジャは
成績にムラのある馬。
何か共通点があるんじゃないかと疑いたくなってしまいます。

ラップを載せてみます。
12.1 - 10.8 - 10.9 - 11.0 - 11.1 - 11.5 :淀短距離
11.6 - 10.0 - 10.6 - 11.1 - 11.5 - 11.9 :2013北九州記念
11.6 - 10.1 - 10.5 - 11.3 - 11.6 - 11.8 :2012北九州記念
淀短と北九州記念

2012年・2013年の北九州記念はかなり似通ったラップとなっています。
この2レースがあまりにも似ているだけに、
淀短距離ステークスが異質に見えてしまいますね。

淀短距離ステークスにて比較をしてみましょう。
淀短
これをどう分析するか、となると人によって色々かと思いますが、
今年の淀短距離ステークスは、後半加速が入らない消耗戦だったことが
特徴のひとつだと言えると思います。
そして、これは北九州記念の特徴でもあります。

短絡的なまとめで恐縮ですが、
京都・小倉という坂のない平坦コース
     ×
後半加速が入らない消耗戦
というのが、今回ローガンサファイアとニンジャが好走した
要因ではないか、という仮説が立てられます。

次走以降、上記の展開が予想できるレースがあれば、
今回の上位馬を狙ってみたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2014/01/22 19:13 ] 競馬随想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。