GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

予想:北九州記念 2014 ②

■展開予想
過去5年、北九州記念と、前日か当日の同コース500万条件のタイム比較をします。
・2014
 北九州記念:1:06.7
 前日500万 :1:07.3
・2012
 北九州記念:1:06.9
 前日500万 :1:07.6
・2011
 北九州記念:1:07.2
 前日500万 :1:07.7
・2010
 北九州記念:1:07.1
 当日500万 :1:08.2
・2009
 北九州記念:1:07.5
 当日500万 :1:08.4

北九州記念と500万条件では0.5~1.1の開きがあります。単純平均して0.8の差。

今日の小倉芝1200 500万戦は1:08.4の決着でしたので、上記に基づけば明日の北九州記念の走破タイムは1:07.6ぐらいと予想できます。

レースペースは毎年同じような超ハイペースの消耗戦。快速馬が揃うことに加えて下り坂スタート。先行馬はペースを緩めようがないんだと思います。
だいたい1:07.6(32.4-35.2)って感じになりますかね。
ここ数年続いた、1分6秒台~1分7秒台前半での超高速決着にはなりませんが、それでも高速決着には違いありません。また、過去レースのデータも十分通用すると思われます。
※8/24注
上記はあくまで土曜の馬場が継続した前提です。天気予報では小雨が降ったりしそうなので、もう少し遅くなる可能性があります。


■人気馬の死角
本レースはハンデ戦ですが、非常に斤量の影響を受けやすいレースだと言えます。
究極のトップスピード持続戦になるからだと思いますが。
過去の斤量別成績を見てみましょう。
◆斤量別集計(牡馬・セン馬)
集計期間:2006. 8.13 ~ 2013. 8.18
-----------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
~49kg 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
49.5~51kg 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 80
51.5~53kg 1- 2- 0-18/21 4.8% 14.3% 14.3% 347 132
53.5~55kg 3- 1- 0-16/20 15.0% 20.0% 20.0% 202 73
55.5~57kg 0- 0- 2-19/21 0.0% 0.0% 9.5% 0 30
57.5~59kg 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0 48
-----------------------------------------------------------------

◆斤量別集計
集計期間:2006. 8.13 ~ 2013. 8.18
-----------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
~49kg 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
49.5~51kg 0- 1- 1-14/16 0.0% 6.3% 12.5% 0 64
51.5~53kg 3- 3- 2-18/26 11.5% 23.1% 30.8% 214 125
53.5~55kg 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
55.5~57kg 1- 0- 2- 1/ 4 25.0% 25.0% 75.0% 62 112
57.5~59kg 0- 0- 0- 0/ 0
-----------------------------------------------------------------

牡馬は55キロまで、牝馬は53キロまでの軽い馬が好走するという傾向がはっきり出ています。
これを素直に受け取ると、今年の上位人気馬の一部を消すことができます。
エピセアロームやルナフォンターナなどですね。

■予想(第26回)
◎リアルヴィーナス
〇バーバラ
▲ニンジャ
△アルマリンピア

3歳馬◎リアルヴィーナスを本命に。斤量の影響が大きいこのレースで、最軽量の50キロで出走できるのは非常に有利だと考えられます。そして前エントリで触れた、京都芝1200の消耗戦実績。前々走の葵ステークスがそれに該当するのですが、これはシゲルカガがぶっ飛ばして京都芝1200としては破格のハイペース。これを中段から力強く抜け出しています。このレース自体、古馬1600万に匹敵するくらいのレベルだと判断しています。ここでも十分勝機はあるかと。

続いて〇バーバラ。昨年の好走馬でもあり、適正は十分。前走こそ初の千直で案外でしたが、前々走でマヤノリュウジンの2着と力のあるところを示しています(ニンジャもここで負かしていますね)。

同様に実績馬▲ニンジャ。人気していますが、昨年は1000万勝ちの身での出走でしたが、少しずつ実績を重ねて今年は胸を張って出走できますね。その割には斤量が軽いのがポイント。

最後に△アルマリンピア。前エントリによれば、この馬も本レース適正がある可能性があります。何気に小倉芝1200の連対率が100%。一発大駆けに期待です。

印を回せなかった馬では、まずベルカント。前走CBC賞でしっかり好走し、重賞でも通用するところを見せました。3歳馬のスプリンターの中でもトップクラスの実力があるのは間違いなさそうです。今回嫌ったのは脚質。極端なハイペース戦で、逃げ馬の好走がゼロ。4角先団から結果を出した馬も、どちらかと言えば中団で競馬を進めてした馬が多いです。そんなレースでどこまで好走できるか不安だったので、いっそのことバッサリ消しました。いちおう陣営は控える競馬を示唆していますけどね。
続いてメイショウメイショウスザンナ。前走で超ハイペースのテレビユー福島賞(準OP)を快勝。レースラップ的には非常に北九州記念に近いです。斤量も軽く、けっこう期待できそうです。ただ、今回は前エントリの通り、京都芝1200の消耗戦実績を中心に予想することにしたので、印を回す余裕がなかったというのが正直なところです。

とまぁこんな感じ。過去のレースを見ると、ここを先行しながら粘った馬は、その後の重賞でも好走する印象があります。スプリンターズにどこまで繋がるか、注目してみたいですね。
スポンサーサイト
[ 2014/08/23 17:18 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(2)
はじめまして
はじめまして、ヒメオと申します。

賭神さんのブログリンクからしばたんさんのブログを知り、最近は楽しみに読ませていただいております。

北九州記念はニンジャとバーバーラで逝こうと想っていたので、今回心強いです。本当に、ニンジャはなぜか55ですよね(笑)

スプリント戦に特化した考察は非常に参考になります。これからもがんばって下さい!
[ 2014/08/24 07:45 ] [ 編集 ]
はじめまして
こんにちは。コメントありがとうございます!

読んでいただけて、とても励みになります。
まだまだ未熟なブログ・予想ですが、今後も読んでいただけるとありがたいです。

ちなみにヒメオさんのブログも読ませていただいています。私はパドックや追い切りでの予想がてんで不得手ですので、非常に参考になります。

今後ともよろしくお願いいたします。

※今日の北九州記念ですが、あいにく現地は雨だそうです。
馬場が重くなると斤量の影響が小さくなる傾向がありますので少し注意する必要があるかもです。
(私はもう腹を括って予想を変えずに突っ込みますが…)
[ 2014/08/24 12:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。