GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

回顧:スプリンターズステークス 2014

相変わらず、パソコンの調子が悪くてなかなか記事を更新できません。

ちょっと時間が空いてしまいましたが、スプリンターズステークスについて回顧していきたいと思います。簡略化した記事ですがご勘弁下さい。

■展開
11.9-10.5-11.3-11.9-11.3-11.9
逃げたのは、なんと乗り替わりで勝浦騎手が騎乗したダッシャーゴーゴー。
このせいで、けっこうトリッキーなレースになってしまったようです。

・開催が進んで内側がだいぶ荒れていました。
・雨の影響で馬場は遅めでした。
・ダッシャーゴーゴーが4角を慎重に回ったのか、4Fが大きく緩みました。

これにより、急減速、急加速というなかなかスプリントでは珍しい展開に。ブロともの方の分析によると、急加速が問われたため、低斤量馬(ベルカント)に有利な展開になったんじゃないかと。これについてはなるほどという感じ。確かに現時点で少し実力の劣りそうなベルカントの激走の要因はここらへんにあるかもしれません。

・また、減速によって隊列が縮まってしまい、ポジショニングの意味があまりなくなってしまいました。そしてL1Fは落ち込み。
結果として、後ろからなだらかに加速できた馬に有利となったんじゃないかと思います。

もうひとつの特徴として、「着差がほとんどない」という点もあげられるかと思います。思うに、4F目で緩んで隊列がギュッと縮まるも、速い上りを阻むような重めの馬場のせいで各馬脚色が似たようなものになってしまい、結果として差がほとんどないレースになってしまったんじゃないかと。

下は、直線に入った時点での隊列を、今回のスプリンターズステークス(上)と1週前の1600万条件戦セプテンバーステークス(下)とで並べてみたものです。
2014スプリンターズS隊列の長さ
だいぶ違うことがお分かりになるかと思います。上だと後方から大外を回した馬でも、先頭から2~3馬身しか離れていない一方で、下だと6~7馬身は離れているでしょうか。

■総括
・究極のスピード勝負!という感じではなく、トリッキーなレースになった。
・走破タイム自体のレベルは低い(1600万クラス)
・群雄割拠のスプリント路線がさらに混迷を深めたレース

■結果(第31回)
1着:スノードラゴン)
2着:ストレイトガール(◎)
3着:レッドオーヴァル

13着:ハクサンムーン(〇)
14着:トーホウアマポーラ(▲)
15着:アースソニック(△)

■回収率(31回消化)
◎○▲△馬連BOX|109%
◎単勝(参考)   | 96%


・レース想定が大外れでした。言い訳をすれば、乗り替わり馬が逃げたこともあって、これは読めないかなと。
・安定して2着にきたストレイトガールはやっぱり強いと思います。ただし期待したほど絶対的存在ではありませんでした。
・世代的には割と充実した5歳がそろそろ年齢の影響が出てくるころ。
 4歳世代がすっぽり抜けている。3歳世代の台頭に期待したい。
 3歳時に1600万条件を楽勝してくるような馬がいると期待できる。

今週は京都芝1200のオープン戦、オパールステークスを予想します。
ただ、天気が微妙なのでケンするかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2014/10/08 21:20 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(2)
ホントに難しくて(´・ω・`)
コメントありがとうございます。
本当に難しかったですね(´・ω・`)
というか不安定要素があまりにもありすぎて…。
来週以降建て直しをはかりたいです。

それにしても、レース画像も含めてのブログ見やすくて
説得力があり良いですねヽ(・∀・)ノ
これからも楽しみにしておりますので、お互い頑張りましょうねヽ(・∀・)ノ
[ 2014/10/08 22:25 ] [ 編集 ]
とろっちさん

コメントありがとうございます。だいぶやる気が出ました。
お互い頑張りましょう!!
[ 2014/10/10 00:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。