GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

回顧:淀短距離ステークス 2017

■展開
12.1 - 10.7 - 11.3 - 11.4 - 11.1 - 11.4 1:08.0 (34.1-33.9)
ローレルベローチェが逃げ、京都らしい平均ラップに。
途中中緩みし、再加速で直線。番手からセイウンコウセイが力強く抜け出し、準OPからOPと連勝。
層の厚い4歳世代に、また一頭期待の馬が登場しました。

■分析
レースレベルとしては至って普通という認識です。
先ほど期待の一頭と書いておいてなんですが、勝ち馬が重賞ですんなり通用するかは疑問符。
展開的には緩んだ後の再加速で、後ろの馬には厳しい展開になったと言えます。

■結果(第1回)
1着:セイウンコウセイ
2着:セカンドテーブル(◎)
3着:ラインスピリット

6着:ヒルノデイバロー(▲)
10着:フミノムーン(○)
16着:ラズールリッキー(△)

■回収率(第1回消化)
◎○▲△馬連BOX|0%
◎単勝(参考)   |0%

悲しいスタート…(*´ω`*)
スポンサーサイト
[ 2017/01/10 23:46 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。