GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

簡単回顧:鞍馬ステークス 2017

予想もしているんですが、これまでの回顧記事が追い付いていないのでひとまず簡単回顧で。

○ラップ
12.1 - 10.8 - 10.8 - 11.0 - 11.2 - 11.4 (1:07.3|33.7-33.6)

高速馬場の京都。先行争いによってペースが上がり、馬場以上に速い時計が出たように思います。
逃げ先行勢は壊滅で、差し追い込みの決着になりました。
どうしたんだセカンドテーブル!?といいう感じで、いまいち納得できていないんですが、今のところの結論は以下の通りです。

・高速馬場で何より「スピード」が問われた。
・「速い上がり」も問われた
・4歳馬やっぱり強い(年明け以降でも成長してきている)

セカンドテーブルは、昨年勝ち馬で、馬場の速さもだいたい同じ程度なので今回の凡走が解せないですが、あえて言うなれば「完全な減速ラップ」への適正が無かったということでしょうか。セカンドテーブルが勝った昨年の同レースは12.1 - 10.6 - 10.9 - 11.1 - 10.9 - 11.9というラップで、4F-5Fで0.2の加速がありました。このあたりの出し抜きが良かった可能性もあるなと。

勝ったキングハートも2着のオーヴィレールも、京都専用機というわけではなさそうなので、今後も他のレースでの活躍が期待できそうです。

過去にこのブログのどこかで書いたんですが、京都の完全減速ラップは、小倉芝1200とリンクするかも!?という分析をしたことがあります。これが適用できるのであれば、上位馬は夏の重賞・北九州記念でも期待できそうで、楽しみですね。

スポンサーサイト
[ 2017/05/08 21:36 ] スプリント戦回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。