GreenDragonSprints ~芝短距離戦特化の競馬予想~

JRA芝短距離戦(1000~1400m)を中心に毎週1Rぐらいのペースで予想をしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

予想:鞍馬ステークス①(展開想定)

■同条件ラップと展開
鞍馬ステークスが現条件となったのは昨年から。
過去傾向を探るにはちょっと足りません。

代わりに、過去1年のオープン戦以上の京都芝1200戦について
ラップをグラフにしてみました。

2013鞍馬S

コース別攻略のエントリにも書きましたが、
やはりこのコースは後傾のラップになり易いです。
最もレベルの高いG3~オープンでも4/5レースは後傾ラップとなっています。

特に今回のレースは逃げ馬がオーセロワぐらいしか登録しておらず、
先行争いはそんなに激しくならない見込みです。
また、オーセロワはここ数レースの逃げっぷりを見ても
一本調子のハイペースで突っ走るタイプではなく、
柔軟にペースダウンしながら逃げるタイプ。
前半3F34秒台の逃げが多くみられます。
今回も前半3F34秒台前半の逃げが予想されます。

そうなると逃げ・先行馬有利の展開。
基本的に前に行く馬を中心に予想したいと思います。

先週の京都は結構な高速馬場、決着タイムも1分8秒前半か、
1分7秒台もあるかもしれません。
仮に1分8秒ちょうどだと仮定すると、
前後半のバランスは↓の感じ。
前3F34.0~34.5
後3F33.5~34.0

ジリ脚だと勝負になりません。
33秒台の上り実績も見ておきたいところです。
スポンサーサイト
[ 2013/05/01 21:58 ] スプリント戦予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しばたん

Author:しばたん
仙台から東京に引っ越してきましたが、府中には芝1200コースがないので泣きそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。